【レビュー】オメガ 326.30.40.50.01.001 スピードマスター レーシング オートマチック コーアクシャル 40mm

スポンサーリンク

Omega 326.30.40.50.01.001 Speedmaster Racing Co-Axial Chronograph 40mm

今回はコーアクシャルムーブメントを搭載したオメガ スピードマスターオートマチック 326.30.40.50.01.001 です。

スピードマスタープロフェッショナルのリデュースとして3510-50や後継機3539-50なんかがありましたが一回り小さく、この326.30.40.50.01.001 は40mmもあるので見た目は似ていますが存在感があります。

インダイアルの大きさバランスに違和感があるかも知れませんが視認性向上のためだと思われます。

国内定価は518,400円。

搭載ムーブメントはキャリバー オメガ 3330、コーアクシャルです。

パワーリザーブは52時間。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは20万円台から見つかります。

国内定価の半額まではいかないけど、まずまず安いですね。

スピードマスター「レーシング」はモータースポーツをインスパイアしたシリーズです。

「スピード」の「マスター」ですので、ムーンウォッチになる前はモータースポーツでトップに立ちたかったであろうネーミング。

90年代にシューマッハ氏をアンバサダーに担ぎ上げてからはレーシングも頑張っています。

コスモグラフなんて皮肉なネーミングのデイトナの方がクロノグラフのトップになってますが、オメガスピードマスターのレーシングも合わせて自動巻きモデルばかり。

インダイアルはクルドパリ仕上げ。

マットブラックのアルミニウム製タキメーターベゼル。

サファイアクリスタル風防。

防水は100m。

クロノグラフをスタート。

6時位置にはデイト表示もあります。

クロノグラフは使わないですが、デイト表示はビジネスシーンにもフィットします。

コレはスーツでも着けれますね。

デイト表示は10時側ケースサイドのプッシュボタンで調整。

逆サイド。

コラムホイール機構搭載の自動巻きクロノグラフ、コーアクシャル エスケープメント。Si14シリコン製ヒゲゼンマイを採用したフリースプラングテンプ。公式認定クロノメーターだそうです。

ケースバックにもコラムホイールの文字。

19mm幅のブレスレットですが、ゴツめのダブルプッシュ式バックル。

ペンシル針。

クルドパリ。

タキメーターは500まで。

時速500キロ。

スポンサーリンク

デイト表示。

 

目立たないのでデザイン的にOK。

クラウントップのΩマークが誇らしいです。

いかがでしょうか?

パワーリザーブは長くないですが、コーアクシャルの自動巻きクロノメータームーブメントです。

防水性もサイズ感もデイトナを意識しているのでしょう。

こちらの方が先にブラックベゼルでしたけどね、セラミックじゃないけど。

個人的には、インダイアルのサイズを小さい方に合わせて統一し、可能だったら白かシルバーにした方が人気出たと思う。

裏スケじゃなくて良いし防水性確保できるならねじ込み式のプッシャーじゃなくても良い。

インデックスも針も細めで武骨で格好良いから、そこだけね・・・

まぁ好みは人それぞれ。

悪くないと思います。

それではまた!

【レビュー】オメガ 326.30.40.50.03.001 スピードマスター レーシング 40mm

【レビュー】オメガ 3518.50 スピードマスター レーシング シューマッハ 世界限定6000本

【レビュー】オメガ スピードマスター・レーシング 3510.61 とシューマッハ限定モデルの歴史

【レビュー】オメガ 3507.51.00 シューマッハ ”The LEGEND” エキゾチックダイヤルを捕獲せよ!

【レビュー】オメガ スピードマスター 3559.32.00 白ポールニューマンダイヤル 今ならまだ買える「伝説」モデル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)