【トップ10】Chrono24で見る世界のスピードマスタープロフェッショナル人気 2021年版

OMEGA
スポンサーリンク

The most popular OMEGA Speedmaster Professional Moon Watch

久々のシリーズ「高価なスピーディは何?」です(そんなシリーズ無い)。

前回は2017年10月に海外サイトChrono24から、手巻きスティールのスピードマスター「TOP20」を見ました。

その時の第1位・・・ではなく値が伏せられていた(他は隠されてません)のはファーストモデル CK2915でしたねぇ、幻のスピーディ。

2017年はマスタートリロジーが復刻の年でしたし、スピードマスターが勢いの凄かったタイミングだったのを覚えています。

さて、あれから3年半ほど経ち、人気モデルや相場が変わったのかチェックしてみましょう。

Speedmaster Apollo Soyuz 1975

第1位は、1975年にアポロ18とソユーズ19が初めて宇宙でドッキングしたことを記念して500本だけリリースされた希少モデルST 145.0022-1 。

私は実機を見たことがありません。

付いてる値段はなんと2100万円・・・

 

AIR FORCE PERU’ Military Fap Limited ED. 1959

第2位は、FAPことFuerzaAerea del Peru(ペルー空軍)のスピードマスターです。

アーカイブ付きなので、本物なのでしょう。

1780万円ですって・・・

 

CK 2915-3 Cal. 321 1959 Original Tropical Dial

第3位は、CK2915です。

ファースト的な形状にベゼルは別物か、オリジナルだとしたらセカンドモデル直前でしょうか。

黒ベゼルにアルファハンドのCK2915もあるそうですし過渡期ですね。

CK2915は稀少ですのでアーカイブ付きで1360万円。

こうなると2017年の値が伏せてあったのが気になりますね。

 

Speedmaster CK 2915-1

第4位もCK2915です。

こちらはアーカイブは付いていませんが、ザ・ファーストモデルの形状ですね。

説明を抜粋します。

最初のスピードマスター、リファレンスCK 2915は、3年未満の期間製造され、推定生産量は3,000〜4,000でした。 2915-1から2915-3の3つのサブリファレンスがあります。 このモデルの特徴は、「ブロードアロー」の時針とスチール製の「ベース1000」ベ­ゼルです。 製造の最後に、リファレンス2915-3には、新しいCK2998リファレンスへの移行である新しい黒の「ベース1000­」ベゼルと「アルファ針」が取り付けられました。
#15.997.xxxは、1958年8月に米国に配信された最初のバージョンであ­る2915-1です。

 

„Lollipop“, CK2998-4 mit Extract, Jahr 1961, 7912/6, Kaliber 321

第5位は、セカンドモデルのCK2998です。

ヴィンテージがやはり人気ですね。

アーカイブ付きで674万円。

オメガのアーカイブサービスがだいぶ定着してきて、ビンテージモデルも証明できアンティークマーケットで人気になっています。

因みに2017年では第2位でアーカイブ無しですが280万円ほどでした。

400万円も相場が上がったのかな(笑)

Chrono24は物凄い値を付けて販売している場合もあるので、似た値段で数本掲載があれば信用できますけどね。

 

 

New Snoopy Award Apollo 13 Silver Rare Limited Edition

第6位は、ようやく現行モデルが登場、第2弾のスヌーピーアワード311.32.42.30.04.003です。

この値はChrono24に掲載されている中で1番高いもの。

670万円か・・・やべぇな。

2017年では第5位で186万円でした。

 

Lollipop Base 1000 CK 2998-1 Extract Archive

第7位もセカンドモデルでした。

667万円、アーカイブ付きです。

この値段は本物ですね。

2017年に280万円で買っていれば儲かりました(笑)

 

Speedmaster Professional 145.012-67 Ultraman

第8位は、なんとウルトラマンのオリジナルですよ。

ひ~。

これも実機を見たことありません。

私の愛機は復刻版。

スポンサーリンク

145.012-67 ウルトラマン のアーカイブ付きで同じような値段で掲載されてますので、これも本物の相場なんでしょうね。

2017年ではウルトラマンなんて掲載無かったのに、高く売れるようになったらどんどこ出てくるものです。

 

1966 Full Set Unpolished Speedmaster Ed White mint condition

第9位は、なんとサードモデルの付属品完品セット。

凄いな。

543万円。

当時の雰囲気があって良いビンテージウォッチですね。

私も以前サード・エドホワイトを所有していました。

売らずに持ってれば良かったな(笑)

 

Speedmaster Professional ST 145.022-74 Rhodesian Air Force

第10位は、ST 145.022-74のローデシア(Rhodesia)空軍(ザンビア・ジンバブエを合わせた地域の名称)モデルだそうです。

初めて聞いたな。

説明を抜粋しましょう。

ローデシア空軍(RhAF)は、1935年に「南ローデシアスタッフ軍団航空ユニッ­ト」という名前で領土ユニットとして結成されました。 ローデシアのブッシュ戦争中、空軍は2,300人以下の要員で構成され、そのうち1­50人だけがパイロットでした。
ローデシア空軍がパイロットの一部にオメガの時計を装備していることは明らかですが­、この段階でブランドと陸軍との間で可能な合意の条件に関する正確な情報はありません­。 最初のモデルはCK2777、次にスピードマスターMkII、最後に1970年代半­ばのムーンウォッチでした。
RhAFに対して発行されたST145.022-74が10未満で、s / n#39.180.xxxが確認されています。

アーカイブが無いのが残念ですね。

 

 

Silver Snoopy 50th Anniversary FullSet

おまけです。

スヌーピーアワードの第3弾 310.32.42.50.02.001 も高騰しており、現在は国内定価の3倍ほどからスタート。

本当に予約した人すべてに届くのか謎過ぎますし、販売のスピードも上がっているように感じませんね。

先日、知人が納品され、聞いたところによるとまだ日本国内では100本未満のようです(もっと少ない)。

Alaska Project SS LIMITED

おまけ第2弾はアラスカプロジェクト 311.32.42.30.04.001。

嘘でしょ?って値段が付いてます(笑)

こんなの(失礼)50万円ちょいちょいで余ってたじゃん。

信じられない。

2017年では第4位の180万円、2019年で150万円、2021年には330万円。

波がありますが、基本的に高いわ。

Speedmaster ST 376.0822 Holy Grail

おまけ第3弾は今回初の自動巻きモデル、ホーリーグレイルST376.0822。

見つけるのが困難だとか、270万円だそうです。

コレクターからホーリーグレイルと呼ばれるオメガスピードマスターオートマチックリ­ファレンスST376.0822は、最も希少なスピードマスターの1つと見なされてお­り、長年にわたって非常に人気があります。 しかし、その初期はほとんど有望ではなく、モデルは売れ行きが悪く、その生産時間は­非常に短かった(1987-1988)。
オメガは、1975年以来、いくつかのスピードマスターにキャリバー1045ムーブ­メント(レマニアの5100から派生)を使用していました(少し後のST 176.012、ST 176.014、ST 176.015、ST 176.016、ST 345.0806を参照)。
1986年9月、新しいスピードマスターデイデイトオートマティックの最初のデータ­シートが、ST 376.0822(1988年のPIC 3341 Bの新しいコード)を参照して作成されました。 このモデルは、ST 176.01xシリーズとは異なり、ムーンウォッチのようなケースを備えていました­。つまり、文字盤の外側にタキメーターベゼルがあり、読みやすさが向上しています。 この読みやすさは、ガラスに固定されたリングに1/5秒の目盛りが描かれた分目盛り­の拡張によってさらに強調されます。
鋼で製造された聖杯は1800個、鋼と金で製造されたのは200個だけです。
この例、sn#48.233.xxxは、1988年6月に作成され、ドイツで新しく­配信されました。

 

まとめ

いかがでしょうか?

「【トップ10】Chrono24で見る世界のスピードマスタープロフェッショナル人気 2021年版」でした。

スティールオンリーで見てきましたが、オメガのスピードマスターもビンテージブームですね。

アーカイブの存在が大きいです。

売り買い時の保証書的な役割になりますし、アンティークマーケットが盛り上がれば現行機の人気にもつながります。

パテックもロレックスもビンテージの盛り上がりが現在の高騰の起爆剤になっていることはご存知の通り。

スピードマスターは本当に格好良いですからねぇ。

スピーディチューズデーの2種、アポロ系やTOKYO2020もジワジワきています。

黒いベゼルの2000本前後の限定プロフェッショナルに注目です。

盛り上がれ!

それではまた。

 

【トップ20】Chrono24で見る世界のスピードマスタープロフェッショナル人気 2017年版
OMEGA SPEEDMASTER PRE-MOON &  SPEEDMASTER PROFESSIONAL Moonwatch 2017年10月に見る海外サイトChrono24から、手巻きスティールのスピードマスター「TOP20...

#zenmaiのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました