【レビュー】ロレックス 126300 デイトジャスト41 スレートダイアルは王冠マークあり 2018年新色

Rolex Datejust 41 Stainless Steel Smooth / Oyster / Slate Roman Ref.126300-0013

2017年にリリースされたスティールオンリーのスムースベゼル「デイトジャスト41」126300。

次世代キャリバー3235を搭載していますが、今年から始まったSWISS MADEの間の「王冠マーク」は昨年のモデル故入っていませんでした。

が、今年登場した新ダイヤル「スレート/グリーンローマン」には「王冠マーク」があるのです!

因みに126334(フルーテッドベゼル)にも同様にスレートダイアルがあり王冠マークも入っていますね。

このダイヤルは素敵ですね~。

でも好みもありますが、フルーテッドベゼルの126334の方が映えるかも知れません。

126300の国内定価は756,000円です。

(因みに126334の国内定価は961,200円(オイスター)972,000円(ジュビリー))

こちらがフルーテッドベゼルの126334のスレートダイアル。

ピカピカしてて写真がうまく撮れないな~。

キレイなスティールグレーなんですが・・・まったく伝わりませんね(笑)

やはりデイトジャスト41は名前の通りケース径が41mmもあり、デイトジャストのイメージだとかなり大きく感じます。

デイトジャスト2よりはデザイン的にスッキリしていますが、126300は厚めのポリッシュドベゼルなので「大きい」と感じるでしょう。

実際にサブマリーナーより1mm大きいからね。

重さも140グラムちかくあります。厚みは12mm。

ダイヤル6時位置のSWISS MADEの間には「王冠マーク」がありますね~。

グリーンカラーのローマンインデックスは光りません。

ドレスモデルなので視認性うんたらってのは無いので・・・まぁ大丈夫です。

フラッシュ当ててみます。

スレートダイアルとダークロジウムダイアルは違います。

うまく伝わりませんけどね。

こちらはダークロジウムダイアル。

グレーが濃い。

・・・わからないですよね(笑)

因みにSWISS MADEの間には王冠マークがありません。

このあたりは見慣れた感じでしょうか。

大きいのですが、ポリッシュドベゼルのオイスターケースと言ったサイドビュー。

イージーリンク付きのオイスタークラスプ。

バックルプレート。

もちろん鏡面仕上げ。

41mmのケース径ですがラグはスッキリ。

ラグの幅(フラッシュフィット部の幅)を測ったら21mmでした。

 

さぁ、いかがでしょう?

身体がしっかりしている方、大きいサイズのドレスモデルが欲しい方、そんな方々にオススメしたい新しいムーブメントを搭載したデイトジャスト41。

私みたいな細腕だと似合いませんね。

ジュビリーブレスレットも選べますが、それでも似合わないでしょう(笑)

因みにこのスレートダイアルはデイトジャスト36にはラインナップされていません。

デイトジャスト2の復刻ダイアルなんですが、人気あるんですよね。

もっと鍛えて似合う男になるかな?

ではまた!

バーゼルワールド 2017 ロレックス 新作モデル 全コレクション

【レビュー】ロレックス デイトジャスト41 126331G チョコレートブラウン10P リッチショコラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)