【生産終了】オーデマ・ピゲ 15400ST.OO.1220ST.02 ロイヤルオーク 41mm シルバー文字盤

スポンサーリンク

Audemars Piguet 15400ST.OO.1220ST.02 Royal Oak 41mm Silver Dial Stainless Steel

オーデマピゲから、1世代前のロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02です。

世界のトレンドに合わせ39mmの15300STから41mmへと大型化します。

2012年から2019年の生産終了までの約7年間製造され、その期間に著しく評価を上げました。

100万円台前半で中古マーケットに並んでいた15400STも気付けは150万円200万円と、現在は非常に高騰していきます。

搭載ムーブメントはキャリバー AP 3120のままでした。

41mmなので存在感がグッと増しました。

高級感も15300STに比べると段違い、美しいシルバー文字盤と合わせて「お金持ちの腕時計」感が出ています。

ステンレススチールですがホワイトゴールドの様に美しく輝くのも雲上ブランドの技術です。

Chrono24を覗いてみました。

既に250万円以上もするんですね・・・

エッジと磨きが織りなす独特な輝き。

画像では伝わりにくいですが、ロイヤルオークは実際に手に取って見るとその良さに痺れます。

15300STはサイズ感は良いのですが、15400STの方が満足感が本当に段違いなんですよ。

バーインデックスの長さ、タペストリーの美しさ、APロゴはちょっと小さいけどデイト表示もバランス良く、格好良いですね。

(グランドタペストリーダイヤルは手作業ではなく機械で細工してしるようです)

針とインデックスには夜光塗料。

ビスも含めホワイトゴールド製。

重さはややズッシリ感じる約158グラム。

50m防水、厚さ9.8mm。

実際に測ってみると10mmあたりなので、間違いありません。

ケースバックからはキャリバー3120が覗けます。

今見ると武骨なローターは22金製。

徐々に細くなるロイヤルオークブレスレット。

このブレスレットがまた美しい。

アップで見ると細工の細かさが際立ちます。

光が入ると光輝く文字盤。

カレンダーディスクも同色で邪魔になりません。

八角形のビスもホワイトゴールド製。

サテン仕上げとポリッシュ仕上げが交互に。

クラウントップにはAPの文字。

細く鋭角なラグ足。

ブレスレットも薄いですね。

スポンサーリンク

キャリバー3120。

ジェンタ氏がデザインしたロイヤルオークを現代解釈しより高級感を持たせ大型化した15400ST。

格好良いですね~。

こちらは最新型のグレー文字盤 15500ST.OO.1220ST.02 。

文字盤の6時位置がスッキリし過ぎていてちょっと寂しいですが、更に高級感が増しています。

いかがでしょうか?

既に生産終了となった、オーデマ・ピゲ 15400ST.OO.1220ST.02 ロイヤルオーク 41mm シルバー文字盤でした。

ブルーもブラックも良いですが、シンプルで高貴なシルバー文字盤は紳士に良く似合います。

仕事で着けても美しく、カジュアルにもオシャレに腕元を飾ります。

40代以上のダンディーな方に着けてもらいたい。

私には・・・まだ似合わないので、もう少し落ち着いたらね。

現行機の15500STは更に高級感が増していますが、文字盤のバランスは15400STの方が良いかしら。

好みの問題なのでアレですけど。

皆さんはどうでしょう?

それではまた!

 

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02 現行41mmのオクタゴン

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02

【生産終了】オーデマ・ピゲ 15400ST.OO.1220ST.01 ロイヤルオーク 41mm 黒文字盤

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.04 グレールテニウムダイアル

【レビュー】ロイヤル オーク オートマティック 15300ST 15400ST ブラック オーデマピゲの新旧アイコン比較

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01 美しすぎる鉄塊

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)