【レビュー】パネライ マーレ ノストゥルム アッチャイオ 42mm PAM00716 1000本限定 2017年

PANERAI MARE NOSTRUM ACCIAIO – 42mm PAM00716

PAM00716は2017年の限定モデル(スペシャルエディション)で、わずか1000本のリリース、国内定価は1,209,600円。

いや~久しぶりにマーレノストゥルムを見ましたね。

懐かしい、シンプル、悪くないですよ~パネライ初のクロノグラフなんですって。

パネライは以前からブルーを採用していましたが現在はトレンドカラーとなっているため、オメガ同様に時代が追い付いた感じですね~。ノーチラスやロイヤルオークのおかげなのかも知れませんけど。

はい、マーレ。

2カウンターのクロノグラフなんですがクラウンガードも無くクラシカルなデザイン。

なんでも設計図がパネライにも残っておらず、記録や残った個体から現代(1993)に蘇らせたそうです。

なので「だいたい合ってる」感じな復刻モデルと言えます(ナンダソレ)。

オリジナルモデルは52mm。デカすぎ(笑)

1993年のプレヴァンドーム時代のパネライが再現した5218-301/Aは42mm。

今回はこいつの復刻と言えますね。

搭載されるキャリバーOP XXXIIIはETAの2801-2にデュボア・デプラのクロノグラフモジュールを合わせた手巻式クロノグラフ。C.O.S.C.認定を受けています。

なのでパネライ完全自社製ムーブメントではないためカードギャランティーです。

そしてこの置物?オブジェ?文鎮?模型?が嬉しいですね~。

超格好良い!

普通に50万円とかで売ってた頃には誰も見向きもしていませんでしたね~。

パネライが流行ったころには40mmルミノールクロノが全盛期。

1000本しか無いから争奪戦になるかと思いましたが、日本は割とクールに見守っている感じです。

この段差(モジュールの積み上げ)があるクロノグラフ設計が微笑ましい。

マーレノストゥルム。

初めて耳にしたときは「え?何」となり、初めて目にしたときは区切る箇所がわかりませんでした(笑)

尾錠にはOPマーク。

文字盤。

マットブルー。

プッシャーもねじ込み式ではありません。

50m防水です。

限定証明書。

そして模型は子供用じゃないからオモチャとして遊ぶなよ!と(笑)

カードタイプのギャランティー・モデルの方が、いずれ価値が出てくるかもしれませんね。

ETAムーブメントでさえ、リシュモングループとスウォッチグループのコラボレーションとなります。

Chrono24を覗いてみますと、相場は100万円くらい。

定価よりお安くなっています。

今のパネライの実力では、こんなところでしょうか。

いかがでしょう?

とても素敵なクロノグラフですが、さて100万円あったら買おうかな?となると他の選択肢も見えてきてしまいます。(国内定価は120万円)

絶対にマーレノストゥルムじゃなきゃ嫌だ!というマニアックなファンには満足してもらえる出来栄え・ディテールですし損はありません、もちろん間違いもありません。

しかし「何かクロノグラフ欲しいな」と言う方には、きっとフィットしないかと思います。

せめて、トリロジーのスピードマスターくらいの価格、国内定価80万円ほどであれば満足度は高くなったにな~と。

凄い、格好良いんだけどね!

お好きな方には是非ともお勧めしたい!(リセールバリューなんか気にしない方)

ではまた!

1000本限定 パネライ マーレ ノストゥルム アッチャイオ 42mm PAM00716

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)