【レビュー】オメガ 311.63.44.51.06.001 スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン セドナブラック

OMEGA SPEEDMASTER MOONWATCH CO-AXIAL CHRONOGRAPH Dark Side Of The Moon Sedna Black 44.25 mm 311.63.44.51.06.001

オメガの2015年新作、新キャリバー オメガ 9300を搭載したビッグ スピードマスター311.63.44.51.06.001。

スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーンと名付けられたブラックセラミック製のスピードマスターは、やはり海外の方に人気があるのでしょうか?

44.25mmものケースサイズ、10年前なら「パネライ」かよ!と言われそうですが、現在はコレが普通です。

いまいち「良さ」がわからないので、今回はチェックしてみようと思います。

国内定価は1,620,000円。

定価の設定がスティールのデイトナより高い時点でオメガの本気度が伝わります。

このケースで、このムーブメントで、この技術で、幾らと言う感じなのでしょうが、アレ?100万円超えちゃった、アレ?デイトナより高くなっちゃった、アレ?150万円超えちゃった。

実際の相場は100万円くらいから。

もう少しリアルな価格設定が出来なかったのでしょうか?

人気メーカーの人気モデルは定価と変わらない相場を保ちます。

オメガもこの域に達することができると思うので、頑張って欲しいですね。

さて、箱を開けるところから。

シンプルな黒い紙箱を開けますと、

コレまたシンプルなボックス。

ドーンと44mmのラージケースが出てきます。

ブラックセラミックのケース、18金のセドナゴールドベゼル。

サテン仕上げのセラミックとチタン製の折りたたみクラスプ。

グレーカラーのダイヤル。

インデックスも針もセドナゴールドと高級仕様。

コーアクシャル キャリバー9300です。

コート・ド・ジュネーブ加工の振り子。

マット仕上げのセラミックの質感は良い感じ。

ベゼルのセドナゴールドは贅沢品。

逆サイド。

防水性は50m。

顔だけ見ていれば、うんまぁ、たしかに格好良い。

デイト表示のために30分積算計は捨て、2カウンターにすることでバランスが良くなっていますね。

ムーンウォッチに属するのですが、そこは「?」。

アポロ8号の宇宙飛行士たちの冒険と偉業からインスピレーションを得て生まれたそうなんですが、オメガファンには「ん?」となる気もします。


アポロ8号に搭乗した宇宙飛行士たちは、月の裏側(ダークサイド)を自らの目で見た、初めての人類となりました。このブラックセラミック製のスピードマスターは、彼らのパイオニア精神に敬意を表し、アポロの宇宙飛行士全員が着用した「スピードマスター プロフェッショル」にオマージュを捧げたモデルです。<OMEGA HPより>


いかがでしょうか?

持っている方は良いのですが、スピードマスターファンの方へスピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーンの魅力が伝わったでしょうか?

正直、私自身にあまりズ~ンと来ていないのでマダマダこれからですね。

高級感のあるクロノグラフだな、とは思います。

でもコレがスピードマスターだな、とは感じません。

なんだか微妙なモデルなんですね。

スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーンの魅力をもっと簡潔に伝えられる方よろしくお願いいたします!

悪くないんです。

でも、こうなんか上手く表現できません。

またいづれ!

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)