【2021年新作】ZENMAIが 2021年5月~12月 腕時計の新作を振り返る

AQUANAUT
スポンサーリンク

【2021年新作】ZENMAIが 2021年1月~4月 腕時計の新作を振り返る
昨年の5月にウォッチモンスターで書いた最後の記事「2020年1月~4月 腕時計視点で振り返る」を捩りまして2021年の新作モデルを見返そうと言う内容です。 まだね、気になってる全ての新作を書き出してないのですが、大半の新作(来...

今年の4月末に書いた記事「【2021年新作】ZENMAIが 2021年1月~4月 腕時計の新作を振り返る」の続きになりまして、前回掲載できなかった5月発表以降の2021年の新作モデルを見返そうと言う内容です。

1~4月でしたので上半期でもなかったですけど、気になったのは「完全なる新作」が少なかったこと。

何かのリデザインか新しい文字盤、新しい素材、何かちょこちょこっといじっただけのモデルが多かったです。

そんな中でも全くの新作はやはり目を引き話題になりました。

おさらいしますよ、皆さん覚えてますか?

セイコー キングセイコー SDKA001

ゼニス クロノマスタースポーツ

ティソ PRX クォーツ

シチズン The CITIZEN

Riviera 10621 メンズ ウォッチ | Baume & Mercier null null

ボーム&メルシェ リビエラ

パテックフィリップ カラトラバ 6119

ゼニス以外はシンプルで長く使えるモデルですが、どれも素敵ですね。

厳密にいえばキングセイコー、リビエラ、PRXは復刻ですし、カラトラバも5119の後継機です。

完全新作となるとザ・シチズン。

機械式ウォッチの新作キャリバーは11年ぶり。

既に購入されている方々もチラホラとSNSで見かけるようになり、今後の評価が楽しみなモデルです。

 

さて、今年の新作の続きですが、もう数が多すぎて忘れちゃったモデルもあるんじゃないかな?ってことで一緒に思い出しながら振り返っていきましょう。

私の好みでピックアップしますので、予めご了承ください。(前回はずれちゃった4月末の記事も含みます)


2021年4月

オーデマピゲからロイヤル オーク オフショア クロノグラフ 43mmです。

新型 26420系。

CODE11.59クロノにも搭載されているフライバッククロノグラフキャリバー4401がセットされました。

新しい41mmのロイヤルオーククロノグラフも同時に発表です。

新型 26239系。

ロイヤルオーククロノグラフもそうですが、今後70時間パワーリザーブの4401が主流になっていくのでしょう。

新型はゴールド素材で登場、スティールは来年以降となります。

ブルガリからは、建築家の安藤忠雄さんとのコラボレーション第2弾となる、ブルガリ オクト フィニッシモ 103534 はサンドブラスト仕上げのブラックセラミック製ケース 世界160本限定で国内定価は2,178,000円。

 

2021年5月

5月もブルガリから、アルミニウム スティーヴ・アオキ リミテッド エディション 40mm SAP103539 です。

アルミニウム復活ですね、買ったっていう人をSNSで見かけませんので売れてるのかわかりませんが、山P使ったり藤原ヒロシ氏とコラボしたりキムタクの娘さん起用したりと「狙い」が凄いぞブルガリ(LVMHグループ)。

アーティストAUTO MOAI(オートモアイ)さんとのコラボレーション セイコー 5スポーツ。

コレクションに良さげです。

4月の続きですけど42mmのオフショア ダイバーがリニューアル

新型 15720系。

新キャリバー搭載。

ベル&ロスの角型ダイバーウォッチ BR 03-92 にミリタリーカーキ文字盤(オリーブドラブ)がセットされた新作です。

BR0392-D-KA-CE/SRBが正式な型番、999本限定で国内定価は561,000円。

タグホイヤーのカレラから500本限定エディション CBK221F.FC6479 グリーンダイヤル です。

前回の記事で最後がモナコのグリーンダイヤルでした。

グリーンが本当に流行っていますね。

TAG Heuer Monaco

そしてモナコから全世界で500本の限定エディション CAW218B.FC6496 グレー チタン キャリバー11 です。

自動巻キャリバー11がポイント。

グランドセイコーの新作は、スポーツコレクションのSBGN023、セラミックベゼルをセットした40mmのスティールケースに、GMT機能と20気圧防水と言う日常便利なスペックが盛り込まれています。

搭載ムーブメントは年差クォーツのキャリバー 9F86です。

時計ファンの話題をさらった新作ゼニスのクロノマスタースポーツからヨシダ限定モデルです。

「ヨシダ スペシャル」って響きはロイヤルオークでよく聞きますね。

ヨシダ スペシャルのクロノマスタースポーツはインダイヤルが単色なのがポイント。

コミットさんではプレミアム価格で販売されています。

IWCからはパイロット・ウォッチ・クロノグラフ “AMG”IW377903 ¥1,281,500 が登場です。

チタン製43mmケース。

2021年5月26日に発売開始した初のセラミックケースを採用したブラックベイ41mmです。

今までPVDケースはありましたがセラミックケースは初めて。

しかしポイントはケースよりもムーブメントでした。

「THE MANUFACTURE CALIBRE MT5602-1U」

搭載されたマニュファクチュール キャリバー MT5602-1Uは、(OMEGAで有名な)METASによるマスター クロノメーター、70時間のパワーリザーブ、ミルガウスよりも数字上高耐磁な15,000ガウスと言うスペックで、国内定価は512,600円という驚きの価格。

38mmも出してもらいたいところ。

パテックフィリップ アクアノートクロノグラフ 5968系がホワイトゴールド製ケース・2カラーバリエーションで登場。

5968G-001 / 5968G-010 アクアノート フライバック・クロノグラフ ホワイトゴールドの国内定価はどちらも7,953,000円。

セイコー プロスペックスから日本の伝統技法で編み込んだファブリックストラップをセットした現代解釈版のファーストとセカンドダイバーが登場しました。

1965 メカニカルダイバーズ 現代デザインSBDC141は137,500円、1970 メカニカルダイバーズ 現代デザインSBDC143は148,500円。

またまたグリーンダイヤルです。

ロンジンから、Avigationアビゲーションシリーズ(日本では未展開)の「Green matt」ダイヤルをセットしたロンジン スピリット L3.810.4.03.2 。

同じくロンジンのヘリテージ レジェンドダイバー ブルーカラーL3.774.4.90.2。

42mmのラージタイプのコンプレッサーケースに、搭載されるムーブメントはシリコン製ヒゲゼンマイとパワーリザーブ約72時間が特徴のキャリバーL888。

国内定価は314,600円。

 

2021年6月

画像

オリス発祥の地名を記した世界限定250本の記念限定モデル ビッグクラウン 01 403 7776 4083-Set の国内定価は473,000円。

38mmのスティールケースに搭載されたキャリバーは403、オリスファンなら予想通りと言いますか、新作なので高性能キャリバー400系を搭載します。

ケースバックにはオリスベアと、固有の限定番号が刻印されています。

ゼニスがスポンサード企業として公式タイムキーパーになっているExtreme E(eSUV が競う新しいレーシング)とのコラボレーションモデル(じゃないかも知れません)デファイ エクストリーム クロノグラフ 87.9100.9004/03.I001 が登場です。

デファイ エクストリーム は巨大な45mmケースで、正直私はあまり興味ありませんが、ヨーロッパなどでは人気なのかも知れませんね。

レマン湖で行われるヨーロッパ最大級のヨットレース ボルドール・ミラボー の公式タイムキーパー ウブロからまたコラボレーションモデルのクラシック フュージョン クロノグラフが登場。

45mmのブラックサテン セラミックケースにテクニカルファブリックストラップを備えています。

新作のマリーンマスター プロフェッショナル SBBN051は、限定1,200本 クオーツダイバーズ 35周年記念モデル。

297,000円。

ゼニス 97.T384.400/57.C856 クロノマスター リバイバル サファリ チタン 37mm ¥1,034,000です。

またグリーンですよ、ちょっと多すぎですね。今年の新作で何個目だろう?

ゼニスが悪いわけじゃありませんが、後から出てくるほど「またか」と感じちゃいます。

今回のクロノマスター リバイバル は「サファリ」の名を冠しており、カーキとブラックで構成されています。

グランドセイコーから「御神渡り(おみわたり)」SBGY007です。

キャリバー9R31 を搭載したレギュラーモデルのグランドセイコーですね。

9R31は手巻き(デイト無し)のスプリングドライブムーブメントで、72時間のパワーリザーブを誇り、お馴染みのパワーリザーブインジケーターがムーブメントの裏側にあるのが特徴ですね。

SBGY007の国内定価は935,000 円(税込)。

オリスからキャリバー400を搭載したアクイスデイトの41.5mmモデルが3カラー展開で登場です。

キャリバー400はロングパワーリザーブに10年間もの保証をするという話題作で、昨年43.5mmのアクイスデイトに搭載されデビューしました。

国内定価は昨年の新作43.5mmと同額の374,000円。

セイコープレザージュからスタジオ ジブリの「天空の城ラピュタ」限定モデルSARX087が登場。

165,000円、1200本限定。

裏蓋には「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」の刻印。

定番のオメガ アクアテラからスモールセコンドを携えた新モデルです。

レディース向けに38mmとメンズ向けに41mmが用意されています。

全19モデルがラインナップされています。

 

2021年7月

ショパール マニュファクチュール L.U.C QF JUBILEE 168613-3001 は僅か25本しか製造されない超希少モデル。

39mm、自動巻き、ステンレススティール¥1,826,000-。

スポンサーリンク

セイコーの創業140周年を記念し、信州・阿智村の星空をダイヤルとケースでダイナミックに表現した、新たなマスターピースモデル グランドセイコーSBGZ007。

プラチナ製で限定50本、国内定価は880万円。

2年に1度行われている、デュシェンヌ型筋ジストロフィーに関する研究のために結束した最高級のブランドによって創造されるユニークな時計のチャリティーオークション「ONLY WATCH」。

チューダーからは人気のブラックベイGMTをスペシャル仕様にした「Black Bay GMT One」がノミネート。

エイジドスティールを採用した雰囲気のある1本のブラックベイGMT。

なんとエスティメートを大きく上回る、650,000スイスフランは日本円で約8080万円で落札。

オーデマピゲからは、なんと15202系ラストモデルが選ばれました。

モデルナンバーは15202XT.GG.1240XT.99、オーデマピゲ初の素材サンドブラストチタンとポリッシュ仕上げのBMG(バルクメタリックガラス)を組み合わせたケースとブレスレット。

文字盤はグレーのプチタペストリーで、渋めですが全体的な色味がマッチしています。

最後の15202となったサンドブラストチタン製ロイヤルオーク エクストラシン「AUDEMARS PIGUET, ROYAL OAK “JUMBO” EXTRA-THIN ONLY WATCH」が、なんとなんと3億8500万円の落札価格。

どひゃ~~~。

ブランパンからは「フィフティ ファゾムス ノー ラディエーション」トリビュートモデル 5008E-1130-B64A をオンリーウォッチに用意しました。

今年の限定モデル「ノーラド」の色違いになりますね。

エスティメートを10倍近く跳ね上げた、およそ1620万円と言う落札価格となっています。

格好良いもんね~、チャリティーだしね~、それにしても高い。

そして「TAG HEUER, ONLY WATCH CARBON MONACO」タグホイヤーからは、カーボンケースのモナコクロノグラフ CBL2191.FC6507 「ダークロード」がラインナップ。

これまた衝撃のおよそ3600万円で落札。

レインボーカラーが美しい「ZENITH x FELIPE PANTONE, DEFY DOUBLE TOURBILLON FELIPE PANTONE – UNIQUE PIECE FOR ONLY WATCH 」ゼニスのダブルトゥールビヨンは、480,000スイスフランの約59,700,000円で落札されました。

チャリティーオークション「ONLY WATCH」、次回は2023年です。

オーデマピゲから、34mmのレディースモデル ブラックセラミック製ロイヤルオーク 77350CE.OO.1266CE.01です。

国内定価は4,950,000円。

こちらもオーデマピゲ、 77353BC.GG.1263BC.01 ホワイトフロステッドゴールド ロイヤルオーク オートマティック 34mm ライトブルーです。

フロステッドゴールドケース、自動巻きムーブメント キャリバー 5800 を搭載、5,445,000円が国内定価です。

続いてもオーデマピゲから、ロイヤルオーク パーペチュアルカレンダー 41mm Ref.26574ST.OO.1220ST.03、国内定価は8,580,000円です。

年間の生産数が少なく、欲しい方が大勢いるのでロイヤルオークコレクションはほとんど出回りません。

タグホイヤーの新作は、ニンテンドーのキャラクター スーパーマリオとコラボレーションです。

特別なデザインのコネクテッド(45mm)に、スーパーマリオが元気に動き回ります。

限定本数は2000本、国内定価は253,000円。

カシオから八角形のG-SHOCK「カシオーク」のメタル仕様です。

本家の製品で、カスタム品ではありません。

ANALOG-DIGITAL 2100 Series GM-2100-1AJF 26,400円。

その後も八角形G-SHOCKは色々バリエーションが増えましたね。

 

2021年8月

グランドセイコーからSLGA007が登場です。

スプリングドライブ キャリバー9RA2を搭載した限定モデルで、「諏訪湖の美しい水面」を表現した文字盤がセットされています。

セイコー創業140周年記念の限定モデルで2021本のみ、SLGA007の国内定価は990,000円。

ポイントはスプリングドライブ搭載のグランドセイコーの特徴である「パワーリザーブインジケーター」が文字盤には無く、ケースバックから覗けるように配置換えされていて文字盤のデザインがスッキリしていますね。

IWCから世界初の完全民間の宇宙飛行ミッションであるInspiration4とのコラボレーションしたパイロット・ウォッチ・クロノグラフを発表。

実際にInspiration4のクルー4人が着用し宇宙へ行きました。そしてチャリティーオークションを経て売上金は寄付されます。

満を持してティソ PRX ピーアールエックス パワーマティック80 40mm 82,500円が登場です。

クォーツも人気モデルですが80時間パワーリザーブの自動巻きモデルはどこまで支持されるでしょうか?

SSのブラックとブルーは82,500円、コンビは85,800円。ケースは40mm、パワーマティック80自動巻搭載、10気圧防水のハイスペック。

 

2021年9月

GENEVA WATCH DAYSが8月末から9月頭にかけて開催されました。

ブライトリング人気のトップタイムから、クラシックカーをモチーフにした3機種がラインナップ。

国内定価はどれも同じで639,100円。

このクラシックカーをイメージしています。

ブルガリからは、オクト ローマ ワールドタイマー ウォッチ。

なんか凄いな。

GERALD GENTAから久々に見ましたね、レトロファンタジー。

この復刻モデル?は150本限定だそうです。

ジラール・ペルゴのロレアート アブソルート Ti 230 。

国内定価は1,111,000円。

H.モーザー ストリームライナー・パーペチュアルカレンダー。

ヴァシュロン・コンスタンタンから2種の限定モデルが登場です。

人気のオーヴァーシーズがベースとなった「エベレスト コレクション」。チタンとスティールのコンビネーションケースにグレーラバー とブルーカラーのファブリックストラップがセットされます。

クロノグラフ 5510V/000T-B923 4,378,000円、デュアルタイム 7910V/000T-B922 3,718,000円どちらも150本限定で発表と同時に完売。

オメガからスピードマスター クロノスコープ コレクションです。

ケースはやや大きめの43mm、ムーブメントには手巻きのオメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー9908が採用されました。2カウンターで新しいムーブメントですね。

どうですか?

 

2021年10月

セイコープロスペックスから、機械式(メカニカル)とクォーツ(ソーラー)2型の「スピードタイマー」クロノグラフが登場。

ソーラークォーツのパンダ SBDL085が大人気、お馴染みのキャリバーV192を搭載しており、74,800円の定価やわかりやすいデザインは若者向けなのかな?

セイコー5スポーツとアメリカ発のセレクトショップ(主におもちゃ屋さん的な)BAITとのコラボレーションモデルです。

2000本限定の「鉄腕アトム」モデル SBSA147は、国内定価は53,900円。

画像

量販店での展開の無いシチズンコレクションから「ツノクロノ」です。

RECORD LABEL TSUNO CHRONO 26,400円。

1970年代「ツノクロノ」の愛称で親しまれたシチズン初の本格クロノグラフ機能付き時計の復刻デザインで、「ツノクロノ」の由来はケースの12時側に配置されたプッシュボタンがツノのように見えるから。

 

2021年11月

チューダーから公式パートナーとなったフランス海軍“マリーン・ナシオナル”とのコラボレーションモデル「ペラゴス FDX 25707B/21」が発表されました。

マニュファクチュール キャリバー MT5602搭載、42mm嵌め殺しチタニウム製ケース、441,100円。

出だしは好調です。

ペラゴスも人気モデルの仲間入りしますかね?

ブライトリング、新たな高みへ到達

ブライトリングから、最新シリーズ「スーパー アヴィ」が登場。

1953年に発売されたパイロットウォッチであるオリジナルの”コ・パイロット” Ref. 765 アヴィと、4機の伝説的な航空機、ノースアメリカン社のP-51 マスタング、ヴォート社のF4U コルセア、カーチス社のP40 ウォーホーク、そしてデ・ハビランド社のモスキートに着想を得たデザインです。

Behind The Scenes

この飛行機がモチーフ。

クラシックな戦闘機?が、まだ飛ぶなんて凄いですね。

ブライトリング、新たな高みへ到達

70時間のパワーリザーブを誇るブライトリングマニュファクチュールキャリバーB04搭載。

国内定価は1,232,000円。

大きすぎるので個人的には興味ありませんが、デザインは格好良い!

グランドセイコーから、深いネイビーが印象的なSBGA469は「グランドセイコーブティックオンライン専用モデル」となっています。

41mmケース、搭載ムーブメントはスプリングドライブ キャリバー9R65、国内定価は572,000円。

 

2021年12月

来年2022年は44GS誕生55周年となり、その先陣を切って登場したのはグランドセイコーブライトチタン製 SBGJ255 GS GMT 40mmです。

搭載ムーブメントはメカニカルハイビート36000 GMT キャリバー9S86。

SBGJ255は世界限定 1,200 本(うち国内 500 本)、国内定価は946,000 円。

来年はこのシリーズがたくさん出てくるのかな?

 

まとめ

いかがでしょうか?

いや~疲れました。

更に書いてて思い出すものばかりで、すっかり忘れてたりしますよ。

紹介しきれてないモデルもたくさんあるかと思いますが、皆さんはどれが気になりましたか?

実際に買われた方もいらっしゃるかも知れませんね。

この記事以降の新作も気になります。

こっそり足していくかも。

それではまた!

 

【2021年新作】今年の新作相場をリセールマーケットでチェックしよう!
「今年の新作をリセールマーケットでチェックしよう」と、言う事で今回は今年出た新作の相場を、Chrono24などで見ていこうというものです。 ちょこちょことセカンドマーケットで姿を確認しては、リリース情報記事に貼り付けていました...

#ZENMAIのココ東京

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました