Knot メイドインジャパンを貫く時計メーカー 機械式AT-38は人気爆発

以前、テレビで遠藤代表が出ていたガイアの夜明けを観たので記事を書いたのですが、

あれから、Knotの人気がわかる出来事がありました。

 

AT-38の「予約切れ」現象です。

 

Knot唯一の機械式モデルのAT-38。

「売り切れ」ではなく「予約切れ」。

予約すら受けれないほどの人気で、なかなかAT-38は消費者へと届きませんでした。

※現在は売り切れ・再入荷のお知らせ可。

「なぜ?」

日本産のムーブメント(ミヨタ Cal9015)を搭載したMADE IN JAPANの時計は他にもあります。

 

答えは、

ストラップ込み50000円ちょいの価格帯。

国産にこだわる製造までのヒストリー。

テレビの宣伝効果。

 

そして、クォーツで築いた若年層の購買意欲をうまく掻き立てたのでしょう。

オシャレでシンプルなデザイン。

ストラップとの自由な組み合わせ。

自分だけのオリジナルを楽しめるコンセプト。

「つなぐ(Knot)」と言う精神。

「国産」を大切にしているという建前(これは売り方ですね)

 

それでも、時計を買わない世代に「機械式」の良さを丁寧に伝えているのは素晴らしいと思います。

「日本の若者」に向けたメッセージですね。

ジャパン・ファースト。

50000円が安いかどうか。

大量生産でないからコスト的に厳しいのかも知れませんが、若者がぎりぎり出せる値段。

15000円程度のセイコー5やシチズン、オリエントと性能差は無いでしょう。

それでもAT-38は、オーソドックスでシンプル、飽きの来ないデザインで長持ちしそうですね。

 

 

白、黒、ネイビーの3色展開。

ストラップは自由。

機械保証は3年間もあります。

オーバーホールのタイミングで、次の機械式モデルが新しくリリースされるのかも知れません。

(Knot SEIKO5 CITIZEN)ボーナスで買う時計5選 Made in Japanの5万円以下機械式腕時計

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)