【価格高騰】ロレックス ミルガウス 白文字盤 116400 “トロピカルマンゴー” 高年式良個体捕獲計画進行中

MILGAUSS
スポンサーリンク

画像

Rolex 116400 Milgauss White Dial “tropical mango”

腕時計投機がゲームとなり、PP/AP/RXに続きヴァシュロンコンスタンタンやヴィンテージモデルまでも高騰しておりますね。

今まで不人気だったものまで在庫がなくなってしまい、ロレックス正規店のショーケースは本当に何も無いほどに。

日本に住んでいるといまいち肌で感じられませんが、世界的なお金余りが起こり金も腕時計も高くなっております。

という事で今回は、今年に入りじわりじわりと相場を上げ、気付けばオンラインショッピングサイトから姿を消したミルガウスの生産終了モデル Ref.116400 白文字盤をチェックしていこうかと思います。

白文字盤のミルガウスはそのロレックスらしくないカラーパターンで注目され不人気でしたが、PATEX Hunterさんが名付け親だったと思いますが南国フルーツ「トロピカルマンゴー」なんてキャッチーなニックネームが日本国内のみで広がり、次第と好意的に見られるようになりました。(海外では通じないニックネームです)

私が記憶しているところで10年位前は、定価に対して非常に割安で30万円台で購入できたモデルでしたが、現在ではトップの画像(銀座ラシンさん)を見てお分かりの通り170万円もの値がついております。

因みにこの白文字盤は2016年にひっそりと生産終了(カタログ落ち)しております。

以前は黒文字盤(こちらも2015年に生産終了)と文字盤交換ができましたが、現在はどうなっているのでしょうね。黒文字盤の中古相場は100万円くらいなので黒買って白に替えるって手は使えないのかしら?

ここまで値の開きがあったら誰でも考えそうなのでロレックスサイドも規制しているかも知れません。※現行機の116400GVでは黒からZブルーは不可で、Zブルーから黒は可能だそうです。

と言っても生産終了モデルだからセカンドマーケットの需要は関係ないかな?どうなんでしょうね。

 

では何故こんなにも白文字盤の116400が高騰しているのか?と疑問に思いますよね。

ミルガウスが搭載するムーブメントはキャリバー3131で、ベースキャリバー3130が昨年3230へ進化したことが1番大きな原因でしょう。

当然のように3131は3231?に進化していくのがロレックスの既定路線ですから、おそらく遠くない未来に現行機がモデルチェンジする可能性が出てきました。

ただ、コレだと黒文字盤も相場上げしてないと説明ができませんよね。

であるならば、世界的な時計ブームからロレックスのデイトナが高騰し、白文字盤が人気だったことで他の白文字盤が引っ張られていると考えられます。

また、時間が経つと変色する可能性がある白文字盤は10年後20年後に「クリーム」「アイボリー」「パンナコッタ」のような変化が起こるかも!と言う奇跡に賭けているのかも知れません(気が長い)。※この画像は私のイメージ

スポンサーリンク

過去の白文字盤たちの変貌ぶりには驚きですね。

白いセーターがこんな色になっちゃったら絶対に着れないのに。

旧型デイトナやエクスプローラーIIの白文字盤までも相場が上がっておりますので、ミルガウスが引っ張られててもおかしくありません。

①モデルチェンジで116400系が生産終了の可能性

②白文字盤人気でトロピカルマンゴーが注目された

この2つの原因以外にも何かあるかも知れません。

 

116400白文字盤は生産終了から5年近く経ちますので価格コムのグラフも途絶えました。

デッドストック品が今年の7月までおよそ200万円の値がついていましたが、続きが無いので売れてしまったのかな?

1年前は100万円くらいだったので、すごい形です(笑)

因みに私のミルガウス新作の予想図です。

どうでしょう?

来年はオイスタクォーツ誕生から50周年。

オイスタクォーツも耐磁時計としての一面がありましたので新ミルガウスと一体化して復活!

でもクォーツムーブメントではなく新キャリバー3231を搭載し、新ケースで1000(ミル)ガウスから10ミルガウスくらいの耐磁スペックアップ!

・・・無いか。

こちらクロノ24。

海外の方が白文字盤は安いですね。

こちらは2018年1月のクロノ24のスクリーンショットです。

3~4年で2倍以上になりました。

いかがでしょうか?

「【価格高騰】ロレックス ミルガウス 白文字盤 116400 “トロピカルマンゴー” 高年式良個体捕獲計画進行中」でした。

トロピカルマンゴーが高騰しちゃってますよ~という記事でしたが、本当かよ?と思って1度ショッピングサイトを覗いてみてください。

皆さんの知ってる相場じゃなくなってますから。

116400系が生産終了になれば、更に注目されそうです。

来年の新作の方が個人的には気になる話題ですが、ミルガウスファンは早めに行動した方が良いかも知れません。

既に持っている方は高みの見物、Zブルーも要チェックですね。

デイトナ、GMTマスターII、サブマリーナー>ヨットマスター40、エクスプローラー>DJ41、OP41>エクスプローラーII、シードゥエラー、DD40、DJ36、OP36>ディープシー

ロレックスのメンズの人気順はこんな感じでしょうか。

デイトジャストは3連より5連、スムースよりフルーテッドの方が好まれています。

はい、それではまた!

 

【レビュー】ロレックス ミルガウス 116400 V番 白文字盤 生産終了品 "トロピカルマンゴー"
Rolex 116400 Milgauss White Dial "tropical mango" 2016年にひっそりと生産終了(カタログ落ち)したミルガウスの白文字盤「トロピカルマンゴー」116400。 黒文字盤に次いで製造がス...
ロレックス ミルガウス 116400 白文字盤 生産終了 出るか?新エアキング白文字盤
ロレックス ミルガウス 116400 白文字盤がカタログ落ちしてるよ【廃盤情報】と新エアキング白文字盤 ロレックスのホームページに掲載されなくなったモデルがありました! 今回はそのモデルと共にまつわる話と新モデルの誕生秘話、そしてプ...
新型エアキング 116900は「公式ガッチャ時計」?
【疑惑】新型エアキング116900の秘密~ロレックス新ライン誕生への伏線~ まずは、画像で確認して欲しいのですがバーゼルワールド2016にて発表 復活したペットネーム エアキング。 かなり別物となって生まれ変わりましたが、そこに今回...

 

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました