【ブラックアウト】ロレックス 214270 BO エクスプローラー 旧文字盤 39mm

スポンサーリンク

ROLEX Oyster Perpetual Explorer 39 Ref. 214270

エクスプローラー 214270です。

現行リファレンスですがマスナーチェンジ前の旧モデルとなります。

夜光3.6.9ではないので「ブラックアウト」と呼ばれ区別されており、現行機の新モデルより相場は安くなっているでしょうか。

他にも針の長さや太さも旧モデルと新モデルでは違いがあります。

このあたりは好みですので、どちらが良いとは決められません。

私的には、新モデルの方が好き。

39mmのエクスプローラーは2010年からスタートしていますので、今年で214270は10周年。

キャリバー3132も、そろそろ後継ムーブメントへと切り替わり間近だと思われます。

Chrno24を覗いてみました。

2010~2016年の間に製造された旧モデル。

中古マーケットでは60万円台で見つかりそうです。

顔以外は大体同じなので、安い方が良いと思うのであれば旧モデルがオススメです。

現在の国内定価は687,500円です。

並行新品の相場は80万円を超えており、人気モデルと言えますね。

ブラックライトを照射。

旧モデルは3.6.9が暗くなっています。

こちらが新モデル。

けっこう違って見えますよね。

サイドビュー。

エクスプローラーはスポーツモデルの中で唯一クラウンガードがありませんので、スッキリとした印象でスーツにもフィットするシンプルモデル。

使いやすさから人気がずっと続いています。

寄ってみます。

3はメタルインデックス。

針も少し細く短い。

コレって114270の使いまわしとか言われてました。

こちらは114270、36mmでしたのでコレはこの太さ長さで合っています。

114270と214270の新旧で比べてみると、わかるのかも知れません。

こうして新モデルと比べると針の太さと長さの違いがわかるかな?

キャリバー3132はクロノメータームーブメント。

スポンサーリンク

私個人的な意見ですけどスッキリしているので、パネライ以外はクラウンガードが無い方が好き。

暗闇の中で時間を確認する際は、3.6.9が光らないので予め知っているから誤認はありません。

更に14270も114270も3.6.9は白いペイントはされていましたが光りません。

エクスプローラーが長く愛される理由は、先ほども書きましたが使いやすいところ。

軽さもその1つ。

堅牢さを得るために約129グラムとなっていますが、それでもまだ軽い方です。

オイスターブレスレットも強く、長い期間安心して着けていられます。

まず千切れることは無いでしょう。

いかがでしょうか?

シンプルでタフ、飽きのこないグッドモデルです。

39mmが大きいとか、ブラックアウトは嫌だとか、そんな文句があるかも知れませんが、逆に言えば人気があると言うことです。

好みのエクスプローラーを見つけてください。

それが、次世代機になるかも知れません。

今年なのか来年なのか、まだ先なのかはわかりませんが、キャリバー3132の進化はスグそこまで来ていると思います。

2020年4月までに買っておきたいロレックス!ディスコンまでにゲットだぜ

そろそろだとは思います。

それではまた!

ロレックス エクスプローラー Ref.214270 記事まとめ ZENMAI TOKYO

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)