【崩壊!BASEL WORLD】ロレックス・チューダー、パテックフィリップがバーゼルワールド2021から撤退だって!?

スポンサーリンク

BREAKING: Rolex, Patek, Tudor, Chopard & Chanel Quit Baselworld 2021

遂にこの時がやってきました・・・

バーゼルワールドの「顔」でもあるパテックフィリップとロレックスなどが撤退とのことです。

衝撃的過ぎて、にわかには信じられません・・・

バーゼルワールド2020の延期についての参加費払い戻しやキャンセル費用などで揉めていましたが、まさかの上位ブランド撤退で今後のバーゼルワールド存続自体が懸念されることとなります。

新型コロナウィルスの影響は腕時計の祭典に多大なる損害を与えました。

バーゼルワールド2019からオメガなどスウォッチグループが撤退しており、当時から「ロレックス、パテックフィリップ、スウォッチグループのいずれか1つでもバーゼルワールドから抜けたら、終わりを迎えるだろうと言うのが欧米での見解だそうですよ。」と言われていましたので、そのすべてが撤退となれば歴史を誇る見本市が消えてしまうという衝撃なニュースが事実となりそう。

旧SIHH(現ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ)に吸収されるか、アメリカやUAE・中国などの資本に頼るか、今後の展開が気になります。

※今回の情報は下記リンクから

BREAKING: Rolex, Patek, Tudor, Chopard & Chanel Quit Baselworld 2021

ロレックス、パテックフィリップ、ショパール、シャネルは、バーゼルワールド2021に参加しないことを発表しました。もちろん、さらに多くのブランドが追随するでしょう。

発表はまた、ブランドの「出発はバーゼルワールドの経営陣による協議なしに行われた一方的な多数の決定に従うものであり、2021年1月までの時計ショーの延期、ならびにブランドのニーズと期待に応えることができない」と述べています。

他のブランドは、決定が進むにつれてフェアの一部になると見なされます。

決定の先頭にあるさまざまなブランドプリンシパルによる声明は次のとおりです。

ロレックスSAの最高経営責任者でありチューダーの理事であるジャンフレデリックデュフールは、次のように述べています。「私たちは1939年からバーゼルワールドに参加しています。この時計ショーへの大きな愛着にもかかわらず、撤退することにしました。ロレックスによって開始された議論の後、スイスの時計製造部門に対する私たちのビジョンと私たちの無限の揺るぎないサポートを共有するパートナーと新しいイベントを作成するのは自然なことのように思えました。これにより、私たちは私たちのニーズと期待に沿って新しい時計を提示し、力を合わせて業界の利益をよりよく守ることができます。」

パテックフィリップの社長、ティエリースターンは次のように述べています。「バーゼルワールドを去るという決断は私にとって簡単なことではなく、この伝統的な毎年恒例のイベントに参加するスターンファミリーの4世代目でした。しかし、人生は常に変化し、物事は変化し、人々も変化します。それは、見本市の組織、ブランド、クライアントの責任者のレベルであろうとなかろうと。昨日正しかったことは必ずしも今日有効ではないかもしれないので、私たちは常に自分自身を適応させ、何をすべきかを疑問視しなければなりません!今日、パテックフィリップはバーゼルワールドのビジョンと一致していません。あまりにも多くの議論と未解決の問題があり、信頼はもはや存在していません。

「私たちは、世界中の小売業者、クライアント、報道機関の正当なニーズに応える必要があります。彼らは毎年、スイスの時計職人から新しいモデルを1か所で1か所で、そしてこれを可能な限り最も専門的な方法で発見できる必要があります。

「そのため、ロレックスとのいくつかの話し合いの結果、他の参加ブランドとの合意を得て、ジュネーブで私たちのサヴォアフェールを代表するユニークなイベントを一緒に作成することにしました。」

Chanel Watches&Fine JewelleryのCEOであるFrédéricGrangierは次のように述べています。「CHANELはパートナーと同様に、スイスの時計製造の価値、ノウハウ、最高の品質、精度を保護し、促進するという同じ独立性と同じ願望を共有しています。このイニシアチブは、CHANEL時計製造の歴史における重要なマイルストーンであり、1987年にこの活動を開始したことから始まった長期的な戦略の一部です。この展示会では、私たちの新しい創造のすべてを、当社の高品質の基準です。」

スポンサーリンク

ショパールエチーSA共同社長であるカールフリードリヒシューフェレは、次のように述べています。「ショパールは、1964年にバーゼルフェアに25平方メートルのスタンドで初めて展示されました。慎重に検討した結果、私たちの家族はロレックスイニシアチブをサポートし、バーゼルワールドから引退することを決定しました。Watches&Wondersと並行して、ジュネーブでこの新しい時計ショーを作成することにより、時計製造パートナーとお客様により良いサービスを提供できるようになります。これらの提携により、これらのグランデスメゾンは、スイスの時計製造の価値と最善の利益を促進するために協力することもできます。」

オート時計協会評議会を代表するジェローランベールは、次のように述べています。「オート時計協会は、来年4月上旬にジュネーブで開催される歴史的なウォッチアンドワンダーズイベントを強化する新しいサロンを歓迎します。」

<REVOLUTIONより Google 翻訳>

 

Foundation de la Haute Horlogerie (FHH)ととも今回抜け出した5メーカーは時計見本市を新たにスタートするそうです。

旧SIHHことウォッチズ&ワンダーズ と共にジュネーブで同時期に。

いくつかのメーカーには嫌われたようでウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブには参加できない模様。

公式な発表などありましたら追記していきます。

 

2020.04.17

Baselworld 2021 Takes Another Hit: The LVMH Group Steps Out

LVMHも撤退し、パテックフィリップやロレックスと共に新しい時計見本市に参加するようです。

Baselworld 2021 Takes Another Hit: The LVMH Group Steps Out

 

【2020年新作】ロレックスとチューダー 新作発表無期限延期か?

【新型コロナの猛威は腕時計業界の祭典にも】バーゼルワールド 2020 延期 ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ 2020 中止

バーゼルワールド2020のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2020

【サヨナラ!BASEL WORLD】オメガなどスウォッチグループがバーゼルワールド2019から撤退だって!?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)