10月16日 発売 G-SHOCK GWF-A1000BRT-1AJR “ボルネオ・レインボー・トード”アナログ・フロッグマン 2020年新作 ¥126,500-

スポンサーリンク

G-SHOCK FROGMAN Borneo Rainbow Toad GWF-A1000BRT-1AJR

話題のアナログ針を搭載したG-SHOCK フロッグマンに新カラーです。

レインボーカラーのIP(イオンプレーティング)を施したスティールベゼルが目に飛び込んでくる超絶ヘンテコモデル。

コレ着ける人いるんだろうか?と思ったら、既に予約完売状態でした。

スミマセン。

国内定価は126,500円ですが、現在は販売前でプレミアム価格となっています。

ボルネオ・レインボー・トード

東南アジア、ボルネオ島に生息しているヒキガエルの1種で2011年に約87年ぶりに再発見された。

 

実物見てみたいですね。

FROGMAN

GWF-A1000BRT-1AJR
¥115,000(税込¥126,500)

G-SHOCK MASTER OF Gシリーズの中でISO規格200m潜水用防水性能を備え、アナログ表示のFROGMAN GWF-A1000シリーズから“ボルネオ・レインボー・トード(Borneo Rainbow Toad)※”をカラーテーマにしたモデルが新たに登場。

スポンサーリンク

今回のモデルは、エッチング加工で凹凸を付け、レインボーIPを施したステンレスベゼルやマルチカラーの文字板でボルネオ・レインボー・トードの皮膚感やカラーを表現。また、このレインボーIPは1点ずつ異なる色合いで、その種の希少性をも表現しました。
更にスケルトンのウレタン素材をベゼル上部に組み合わせることで、ボルネオ・レインボー・トードが生息する環境のみずみずしさをイメージし、細部にまでこだわった仕様になっています。
世界有数のダイビングスポットであるボルネオ島に生息する希少種『ボルネオ・レインボー・トード』をテーマにしたスペシャルなFROGMANの登場です。

※東南アジア、ボルネオ島に生息しているヒキガエルの1種で2011年に約87年ぶりに再発見された。

■ ISO200m潜水用防水
気密性の高い裏蓋一体型のモノコックケースを採用し、素材に高強度で吸水性の低いカーボンファイバー強化樹脂を使用。
更に、ガラスを圧入したメタルリングを6本のビスで固定、ボタンシャフトに3種のガスケットを装着し、防水性を高めた。
裏面にはアナログ針を抱えた、ボルネオ・レインボー・トードをイメージした新デザインのカエルのキャラクターを刻印。

■フルアナログダイアル
FROGMAN初のフルアナログ表示を採用。大型の立体インデックスおよび時分針で視認性を高めた。
また、時針・分針・ワールドタイム針に高速運針可能なデュアルコイルモーターを使用。
モード切替などをよりスピーディに行う。

ケースサイズ (H×W×D): 56.7×53.3×19.7mm
質量: 119g


いかがでしょうか?

 

 

 

【2020年新作】G-SHOCK アナログ・フロッグマン GWF-A1000 シリーズ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)