【レビュー】ロレックス 16523 エルプリメロ×デイトナ ロレゾール 100万で買えるレジェンドクロノ

Rolex Daytona 18K GOLD & Stainless 16523 Zenith El primero

昨年末くらいから止まらない値上がりが怖いくらいだったロレックス デイトナ 16520。

昨年100万円代で買えていたモデルも今年に入り200万円オーバーが当たり前。

200万円代で売っていたレアモデルは400万円まで跳ね上がりました。

もう在庫が増えることは無いので、値下がりしていくことは考えにくいですね・・・一時的に少し下がることはあっても10年後には上がっていることは間違いありません。

そんな中「ガワ」が違うと言うだけでお買い得なモデルがあるのです。

皆さんご存知「コンビのデイトナ」16523 ロレゾールコスモグラフです。

ベゼル、プッシャー、リューズ、ブレスレットの中央パーツに「18金」を使った16520の上位機種ですね。

立場的にお兄さんなのに、弟の方が出来が良いみたいな感じになっちゃってます。

派手な兄に、実直な弟、お父さん(16528)は存在感抜群。

小泉純一郎ファミリーの様ですね(全然違う)。

価格が低いのは、投資物件として前例が無いのです。

6263、6265には金無垢はありますがロレゾール(コンビ)が無かった。それ以前もですね

※コンビネーションモデルあるんですね・・・

An extremely rare and possibly unique 18k gold and stainless steel chronograph wristwatch with presentation box and associated papers and images.Estimate $100,000 – 200,000

(16523が出回っているので)「上がるのか?上がらないのか?」わからない。

現役時に人気が無かったので、二の足を踏みますし・・・どうしたものだろう?

中身は同じ

しかも「金」を使っている。

お買い得じゃない?

良く見ると格好良いしね。

コンビモデルではサブマリーナーやGMTマスターⅡは人気があります。

元々人気のあった青サブ、黒サブ。

そしてGMTマスター人気に乗り、ルートビアの人気に始まり、RG(ルビーダイヤ)モデルへと広がっていっています。

どうでしょう?

デイトナもきそうじゃないですか?

116523や116503ほどの高級感が感じされないのがね、ちょっとそこは気になります。

良い意味で武骨、悪い言い方で華が無い。

ゼニスとロレックスのコラボレーション。

もう2度と実現しないのです。

わずか12年。数も少なかった。

これ行くしかないんじゃない???

もしかしたら、あるかもよ?

116520全盛期には16520はさほど人気が無かったようにも思えます。

去年もパトリッツィなんか200万円で買えましたからね。

そんなもんです。

冊子でも見ながら悩みましょうよ。

段落ち画像がね、これまた熱い。

ゴールドを使ったモデルにはダイヤモンドインデックスやアラビア数字なんかありました。

クロノグラフの使い方を学びましょう。

みんな使わないですけどね。

速度が測れますよ~って。

これも段落ち。

アッパースクリューダウンプッシュボタンとか呼ぶんですね。

ムーブメントはクロノメーター認定されてるぞ!凄いんだぞ!

キャリバー4030の輪列が溜まりませんね。

冊子の発行は1997年ですね。

段落ちがあるのが不思議ですけど、そこはねロレックスだからね。

さあ、いかがでしょうか?

まだ100万円くらいから買える、2度とないエルプリメロ×デイトナ。

このレジェンドクロノグラフのオーナーになれるチャンスです。

黒文字盤が1番人気です。

グレー、ホワイト、シャンパンと団子状態。

8Pダイヤモンドや、アラビア数字も、まだ人気があるとは言えませんね。

Pシリアルがようやく150万円オーバーになってきました。

Aシリアルや逆さ6なども探せるのではないですかね?

上がらないかも知れませんけどね、面白いじゃないですか?

ふふふ・・・

それでは!

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)