7/6(金)販売開始 G-SHOCK フロッグマン GWF-D1000JCG 海上保安制度創設70周年記念 ¥138,240

海上保安制度創設70周年を記念した“G-SHOCK FROGMAN”

7月6日に販売開始される海上保安庁とのコラボレーションモデル「GWF-D1000JCG」フロッグマン。

128,000円+税と少々お高めですが、海上保安庁のダイバー(特殊救難隊)のウェットスーツカラーで特別感を味わえる珠玉の一本。

「海猿」マニア垂涎のモデルと言えるでしょう。

さて、どこで購入可能なのか、限定モデルかなのかは現在不明です。

追って記載できればと思います。


過酷な水中でのミッションを支える耐衝撃ダイバーズウオッチ

カシオ計算機は、耐衝撃腕時計“G-SHOCK”より、過酷な水中でのミッションを支えるダイバーズウオッチ“FROGMAN(フロッグマン)”の海上保安制度創設70周年を記念したタイアップモデル『GWF-D1000JCG』を7月6日に発売します。

“FROGMAN”は、ISO規格200m潜水用防水性能を備え、手首の動きを妨げないようデザインした左右非対称の独特のフォルムが特長の耐衝撃ダイバーズウオッチです。

今回ご案内します『GWF-D1000JCG』は、海上保安協会の全面協力のもと、海上保安制度の創設70周年を記念して特別なカラーリングやデザインを施した“FROGMAN”です。
ベースモデルには、水深、水温、方位を計測する3つの高精度センサーを“FROGMAN”として初めて備えた「GWF-D1000」を採用。圧力センサーにより10cm単位で80mまで水深を測る水深計、温度センサーにより0.1°C単位で水温を測る水温計、磁気センサーにより1度単位で方位が測れる自動水平補正機能付き方位計を搭載するほか、潜水時間や最大水深などを記録するログメモリー機能も搭載しています。火災を起こした危険物積載船や荒天下で座礁船に取り残された人の救助といった特殊海難に対応する海難救助のスペシャリスト「特殊救難隊」の意見を取り入れ開発されたモデルです。

今回はタイアップモデルにふさわしく、カラーリングや細部のデザインにこだわりました。時計全体とスペシャルパッケージのメインカラーには、「特殊救難隊」の潜水服をモチーフにイエローとブラックを配色。6時側のバンドには、海上保安庁を象徴する「S字章」と「JAPAN COAST GUARD」の文字をあしらうほか、遊環には庁名、裏蓋には庁旗に用いられている羅針盤のイラストを刻印。さらには、特殊救難隊のロゴマークであるイルカのキャラクターをバックライトに配すなどスペシャルなモデルに仕上げました。

過酷な環境に常に向き合う海上保安庁職員と“G-SHOCK”、それぞれのタフネスが共鳴して完成した特別仕様の“FROGMAN”です。<CASIO HPより>

私の中で海上保安官の潜水士は「オレンジ」カラーのイメージでした。

映画「海猿」の影響ですね。

しかし、特殊救難隊はイエローでした。

映画「海猿 ブレイブハーツ」でも、こっちのカラーで仙崎は活躍してましたよ。

特殊救難隊のロゴマークであるイルカ

「S字章」と「JAPAN COAST GUARD」の文字

S字章とは。

この「S」には、当庁の使命として課せられた「安全確保」の安全「Safety」をメインに当庁の主要任務である「Serch and Rescue」」及び「Survey」並びに当庁職員の職務の執行姿勢である「Speed」「Sumart」「Smile」及び「Service」の合計7つの意味が込められています。

羅針盤のイラスト

うほっ。

いかがでしょう?

海猿 仙崎好きのあなた、夏に持って来いのフロッグマンですね。

願わくば、スペック落してでも半額くらいでリリースしてほしかった(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)