4/24 22:00放送 ガイアの夜明け 究極を超える ~独占!高級時計戦争 スイスvsニッポン~テレビ東京


4/24放送の日経スペシャル「ガイアの夜明け」は腕時計にスポットが当たるようなので、コレは観るしかありませんね!(毎週火曜夜10時)

番組告知は以下の通り。

セイコーがメインなのかな?

国産時計がスイスウォッチと戦うぞ~的な、レディースウォッチが~的な内容みたいですね。

蓋を開けたら全然違うかも知れません。

中国のコピー品も映っていますのでそれだけでも無さそうです、とにかく観てみましょう。

仕事で観れない方は録画予約しておきましょうね。


「ロレックス」に「オメガ」。スイスブランドが独壇場の、高級腕時計業界。メイド・イン・ジャパンは、世界の高級時計の中で、まだ確かな位置を確立できていない。欧州ブランドの牙城に、セイコーが50年ぶり新型「腕時計」で挑む。 それはセイコーの高級ブランド「グランドセイコー」の 女性向け「機械式時計」だ。スマートウォッチ台頭などので、「時計離れ」も指摘される中、ブランドの さらなる進化は、セイコーにとっての生き残り戦略でもある。スイスのライバルたちを上回る評価を得られるのか?高級時計戦争の裏側を、独占取材で伝える。

盛岡セイコーの工藤さん

セイコーが開発した 女性向けの高級時計

高級時計のニセモノも出回る中国の販売店


2018.04.24 22:00

冒頭、スイス時計最高峰のパテックフィリップの「普通じゃない」時計をご紹介。

そしてバーゼルワールド2018の会場へと移り、ウブロのおもしろピーアールをご紹介。

 

アワーグラスの取材では、常連さんたちが映し出されていました。

続いて今回の主役「セイコー」へ。

最近は業績が厳しいよ~と言う話から、服部会長が「高級時計」っしょ!コレからは的な感じを熱弁。

たしかに5万円のプレサージュも1万円のセイコーメカニカルも、50万円のグランドセイコーも「SEIKO」なんですね、時計を知らない方らにとっては。

ブランドイメージを吊り上げるには、どうしたら良いのか???

各社の価格帯。

正規の定価の話なのか、全商品を足して割ったのか・・・。

パテックの中心は何を指しているのだろう?

グランドセイコー、さらにはレディースの高級時計にチャレンジだ!と言うのが今回のメインテーマ。

究極なのに・・・超えるのか?

超えられるのに、究極なのか?

セイコーミュージアムに来たナビゲーターの江口洋介さん。

格好良い。

セイコーの歴史を学びます。

スイスに追いつくために製造された時計たち。

勝つために作られたグランドセイコー、そしてクォーツショック。

蘇る高級機械式時計・・・

で、高級ムーブメント工場と言えば雫石。

わずか20人の技術者に女性がちらほらいるんですね。

今回の主役はこの女性。

まるで石川さゆりか南野陽子のような美貌の技術者 工藤幸枝さん。

今回のレディースグランドセイコーのムーブメント組み立てを彼女1人でやり遂げます!

テンプの調整に苦戦しながら腕を磨きます。

続いてウブロに話が移ります。

ウブロCEOのリカルドさん。

ウブロ好調の要因と、セイコーとウブロを比べられてやや困る質問も自社の良いところをピーアールしながら答えていらっしゃいました。

良い回答ですが、セイコーファンにはネガティブに聞こえるような感じでしたね(笑)

また雫石の工藤さんへ。

テンプの調整が60分から20分に抑えたれるようになりました。

日頃は集中力低下を防ぐため、空腹を維持するそうです。

頭が上がりません・・・。

休日なので好物のお蕎麦をお腹いっぱい食べます。

こちらはウブロのディレクター坂井さん。

日本限定モデルの企画会議。

かなりラフな会議なんですね~楽しそう。

また女性が多い感じでした。

今年の限定モデルはヒョウ柄デニムです。

今まで時計業界には無かったものを積極的に取り込んでいきます。

続いて中国のコピー市場に切り込みます。

中国のコピー売り場でも女性が活躍していました。

ロレックス、タグホイヤー、カルティエ、セイコーなんでもあります。

スタジオにはコピーと本物が並びます。

日本には中国産のコピーだらけ。

ソレくらい日本人も買っていますので、中国ばかり責められませんね。

どのくらいが本物だと騙されて買うのか・・・

ハイクオリティーは15000円以上しますね。

スグ壊れそう。

バーゼルワールド2018前には最初の1個目のムーブメントが完成(目がウルウルしている工藤さん)

できた~!(330万円)

ウブロの新作も出来上がりました。

愛知から来たバイヤーさん。

ロレックス着用してますね(笑)

女性バイヤーさんが可愛い。

今回のグランドセイコーをデザインされた種村さん。

こんな感じで女性も頑張ってるぞ!でも海外のブランドに勝てたのか?

根本的な価格帯を上げるところまではいけたのか?と、言うことは謎のまま終了。

もっと密着してほしいですね。

お願いします。

(Knot SEIKO5 CITIZEN)ボーナスで買う時計5選 Made in Japanの5万円以下機械式腕時計

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)