【レビュー】セイコー SBDC083 プロスペックス ダイバー200m “SUMO” ブラック 2019年新作

スポンサーリンク

PROSPEX New Sumo Diver’s 200m SPB101J1(SBDC083)

2019年にリニューアルされた最新作の「SUMO」ダイバーウォッチ SBDC083です。

サファイアクリスタル風防やキャリバー6R35(パワーリザーブ70時間)など確実なレベルアップを果たしましたが、国内定価93,500円となかなかの値段になっています。

45mmもあるダイバースキューバのケースサイズは迫力満点(お相撲さんのようです)。

スペックも良く、マッチョな方には一生モノのダイバーウォッチになると思います。

レギュラーモデルなので量販店でも買えますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セイコー プロスペックス PROSPEX SBDC083 メンズ【あす楽】
価格:93500円(税込、送料別) (2020/1/22時点)

楽天で購入

 

 

 

ブラックもグリーンも楽天市場でも購入できます。

さて見ていきましょう。

着けてみますとやはり大きい。

ちょっととびだしてる感があります。

ロレックスのシードゥエラーディープシーくらいの存在感(邪魔感)。

SUMOと呼ばれる12時位置のインデックスも健在。

大きめのドットインデックス、太めのペンシルハンド、デイト表示があり、4時位置の特徴あるリューズ。

そして何よりキャリバー6R35を搭載したことでパワーリザーブが70時間になったのが良いですね。

浮いちゃいそうなくらいデカ厚。

厚さは12.9 ㎜

40mmのサブマリーナーと見比べても、一回り大きい。

こちらは2007年に誕生したセイコー ダイバースキューバ SBDC001(ファースト)と16610LV。

存在感は昔から変わりませんね。

スポンサーリンク

ルミブライトが眩しい。

さすがダイバーウォッチ。

バックルにはSEIKOも文字。

ワンプッシュダイバーエクステンダー。

ダイビングスーツを着ていてもワンタッチで伸びるので工具無しで装着可能。

プロスペックスくらいなら本当に潜るときに着けそうですね。

フルブレスレットで180グラムオーバー。

調整しても重さは172グラムとけっこう重いです。

寄ってみます。

大銀杏に似ているからとか何とか・・・

PROSPEXの「X」マーク。

AUTOMATIC DIVER’S 200m

ねじロック式りゅうず。

いつもは「S」マークが刻印されていましたが、新型はツルツル。

ケースバックにはウェーブマーク。

ねじ込み式です。

いかがでしょうか?

ずっと「SUMO」欲しかったなって方には「高い」けどスペックアップしておりオススメできます。

スーツには合いませんが、それ以外であればガンガン使えますし問題ありません。

私にはちょっと大きく重いのがネックです。

格好良いのにね。

それではまた。

【レビュー】セイコー SBDC081 プロスペックス ダイバースキューバ 200m “SUMO” グリーンスモー 2019年新作

【セイコー2019年新作】プロスペックス ダイバー200m “SUMO” SBDC083 SPB101J1 (ブラック) / SBDC081 SPB103J1 (グリーン) / 銀座限定ダイバー200 SBDC079 #バーゼルワールド2019

【レビュー】セイコー SBDC001 初代スモウ プロスペックス ダイバースキューバ 200m “SUMO DIVER”

セイコーダイバー “SAVE THE SEA”『zimbe(ジンベエ)』 タイ王国限定モデル + アジア限定モデル

【レビュー】セイコー SUMO “PADI” プロスペックス ダイバースキューバ SBDC049 限定1000本

【レビュー】”オレンジスモー” セイコープロスペックス SBDC005 200m防水 ダイバースキューバ

【レビュー】セイコー SBDC033 プロスペックス ダイバースキューバ 海外ではブティック限定

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)