【セイコー2019年新作】プロスペックス ダイバー200m “SUMO” SBDC083 SPB101J1 (ブラック) / SBDC081 SPB103J1 (グリーン) / 銀座限定ダイバー200 SBDC079 #バーゼルワールド2019

スポンサーリンク

NEW SEIKO BASELWORLD 2019 PROSPEX New Sumo Diver’s 200m SPB101J1 (Black) / SPB103J1 (Green)

セイコー プロスペックスからバーゼルワールド2019の新作情報です。

第3世代の「スモー(スモウ/SUMO/相撲)」ダイバーですね。

サファイアクリスタル風防となり、キャリバー6R15から6R35へとステップアップしました。

プライスも10万円以上になり、高級化が進んでいます。

長持ちし精度もパワーリザーブも上がることは良いのですが、「買いやすさ」で人気があった分、10万円オーバー(流通時は7~8万円?)はなかなか。

サードスモーも人気出るかな?

Model: SPB101J1 (Black) / SPB103J1 (Green)
Case Material: Stainless Steel
Movement: 6R35
Jewels: 24
Power Reserve: 70 hours
Crystal: Sapphire crystal
Bezel: Unidirectional
Water resistance: 200m
Diameter: 45.0mm
Availability: July
Price: AU$1,300( 1,300オーストラリア・ドル は約103,000円)

グリーンカラーのSPB103J1。

画像だけですけど、渋くて格好良いですね。

昨年リリースの屋久島マリンマスター SBDX021を彷彿とさせるグッドモデル。

ケースサイズが42mmくらいだったら欲しかったけどな~。

国内展開など、詳細がわかりましたら追記していきます。


2019年6月21日発売予定

スモーは国内でも販売。

さらにスモーではありませんがプロスペックスダイバー200mから、渋いカラーのSBDC079はGINZA限定モデル数量限定 300 本です(2019年6月8日 発売)。

セイコーフラッグシップサロン 和光本館
セイコードリームスクエア
セイコーブティック ギンザシックス
銀座三越
松屋銀座
日新堂 銀座本店

ここでしか買えないようです。

6R15なんですね、こちらは。

シリアル付きの特別なケースバック。

SBDC083
プロスペックス
85,000円+税

 

SBDC081
プロスペックス
85,000円+税

ムーブメント
キャリバーNo
6R35

駆動方式
メカニカル 自動巻(手巻つき)

精度
日差+25秒~-15秒

駆動期間
最大巻上時約70時間持続

外装
ケース材質
ステンレス

ガラス材質
サファイア

ルミブライト
あり(針・インデックス)

中留
ワンプッシュダイバーエクステンダー方式

その他仕様
防水
200m潜水用防水

耐磁
あり

ケースサイズ
厚さ: 12.9 ㎜
横: 45 ㎜
縦: 52.6 ㎜
重さ
188.2 g
腕周り長さ(最長)
190 ㎜
その他仕様
スクリューバック
ダブルロック中留
ねじロック式りゅうず
逆回転防止ベゼル
その他特徴
カレンダー(日付)機能つき
石数 24石
秒針停止機能

いかがでしょうか?


スモウダイバーと言えば・・・

こちらはオンラインショップで現在も購入できる、流通限定モデルのグリーンスモウ SZSC004 です。

51800円で販売されています。

自動巻きキャリバー6R15

45mm 200m防水。

そろそろ廃盤になりそう(後継モデルが出ちゃうから)なので、安いのが欲しい方はお急ぎください!

こちらも流通限定モデルのブルースモウSBDC069。

グリーンと同等です。

キレイなブルーだな~。

こちらも世代交代のタイミングでディスコンになるかと思います(ならないかも知れませんけど)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セイコー プロスペックス PROSPEX ネット限定 メカニカル 自動巻き ステンレス SZSC004[正規品] メンズ 腕時計 時計【24回金利0%】 就職祝い 男性 プレゼント【あす楽】
価格:51800円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)

スポンサーリンク
楽天で購入

 

 

 

買えるうちに!


私はグリーンカラーのSPB103J1の方が好みです。


歴代の”SUMO”ダイバースキューバをチェック

2007年 SBDC001(ブラック)

思いっきりヨドバシカメラの画像が間違ってますね(笑)

初代「スモー(スモウ)」は6時位置にXマーク(プロスペックスマーク)がありません。

ケースサイズ、防水性、ムーブメントなどは、そのまま後継モデルに受け継がれます。

2007年 SBDC003(ブルー)

初代のブルーカラー。

こちらもXマークがありません。

2015年 SBDC031(ブラック)

ダイヤシールドなどマイナーチェンジした第2世代。

基本的には初代と変わりませんが、Xマークは好みが分かれました。

2015年 SBDC033(ブルー)

第2世代のブルーカラー。

イエローのアクセントが人気のSBDC069のブルーとは違い、落ち着いたネイビーカラーです。

2015年 SBDC027

12時インデックスがスモウ由来の大銀杏ではなく、初代国産ダイバーのスクエアデザイン。

限定品でした。

カッケーでしょ?

2017年 SBDC049(PADI)

ダイビング教育機関のPADIとのコラボレーションで、PADIカラーのブルーレッド。

カッケー。

2017年 流通限定モデルSBDC057(PADI)

より「PEPSI」色が強くなったPADIスモー2。

まだ売っています!(しかも安い!)


バーゼルワールド2019会場からの画像をお借りしてきました。

高級感ありますね。

セイコープロスペックス ダイバースキューバ SBDC049(PADI)

国産ダイバーズウオッチ誕生50周年記念限定モデル セイコー プロスペックスSBDC027。

スモウダイバー格好良いな。

では!

【セイコー2019年新作】プロスペックス フィールドウォッチ SRPD31K1 / SRPD33K1 / SRPD35K1 #バーゼルワールド2019

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)