【転載】ティエリー・スターン社長インタビュー 新しいノーチラスはスティールでは作らない?

NAUTILUS
スポンサーリンク

Patek Philippe’s Nautilus Turns to White Gold

新しいノーチラス 5811/1G-001 についての記事です。

ニューヨークタイムズに掲載されたティエリー・スターン氏のインタビューをDeepL先生とGoogle翻訳先生にお任せし転載します。

 

【転載】ティエリー・スターン社長インタビュー「ノーチラス 5711シリーズにお別れのモデルがあります」
Patek Philippe's President: There will be a farewell-series of the Nautilus 5711  今日はバレンタインデーですね。 オッサンの私には普通の日曜日です...

↑こちらは昨年2月に5711系ノーチラスの生産終了をお知らせするインタビュー記事です。

それではどうぞ。

Patek Philippe’s Nautilus Turns to White Gold

パテックフィリップのノーチラスがホワイトゴールドに変身

ビクトリア・ゴメルスキー著

「ステンレススチール製の時計はもう十分に作りました」と、パテックフィリップの社長は言う。そして、新しいノーチラス Ref. 5811は、高級志向のモデルです。

時計コレクターの間で何年にもわたる憶測が続いた後、パテック フィリップは 10月18日に、待望のノーチラス腕時計の最新モデルを発表しました。パテックフィリップをよく知らない人にとっては、このモデルを以前のモデルと見分けがつかないかもしれませんが、新しいノーチラスには豪華な18Kホワイトゴールドのケースとブレスレットという、 1つの重要な違いがあります。

これは、時計業界の常識を覆すかもしれません。

ホワイトゴールド製ノーチラス Ref. 5811/1G-001はRef.5711/1A-001の後継モデルです。5711/1A は、世界で最も人気のある腕時計の 1つで、ブラック ブルーの文字盤を備えたステンレススチール製ノーチラスです。2006年に発表され、2021年に製造中止となった5711は、今年初めの18万ドルの高値から下がりましたが、今でも小売希望価格 33,710ドルの3倍近い価格で転売されています。(パテックは2021年4月、同年に正式に製造中止となる前に、サプライズで最終シリーズとしてグリーンダイヤルの5711を発表しました。このバージョンは34,890ドルで販売され、現在では二次流通で40万ドル以上で販売されている)

しかし、スチール製のノーチラスに関しては、「十分に作った」と、パテックフィリップの社長であるティエリー・スターン氏は、ジュネーブの本社から最近行われたビデオ通話で述べています。

この決断は、50年近くに及ぶ時計製造の伝統を覆すものでした。1976年に発表されたオリジナルのスチール製ノーチラスは、Ref.3700/1Aとして発表されました。ベゼルのクッション型や3時と9時位置の特徴的な「耳」は、船の窓の蝶番をイメージしています。

このモデルは発表当時、貴金属よりも製造に適していると一般的に考えられていた金属であるステンレススチール製の数少ない高級時計のひとつでした。この事実を、パテックフィリップは広告で謳い文句にしていました。「世界で最も高価な時計の一つがスチール製である」と広告で紹介されてたのです。

その後、数百万ドルの売り上げを記録したノーチラスを、ブランドはより格調高いタイムピースとして位置付け直し、それに見合った価格を設定しています。Ref. 5811は41mmケース(初期のノーチラスは40mm)で、ブルーのサンバースト文字盤の縁が黒くなっており、価格は59,000スイスフラン、米国では69,785ドルとなっています。

スターン氏は、少なくともノーチラスについてはスチール製から移行するという決定は、パテックフィリップの長期的な成功を確実にすることを意図していると述べました。

スポンサーリンク

「それはいつも次のことに帰着します。私たちは年間何本の時計を作ることができるかご存知でしょうか?」彼は言いました。「パテックフィリップでは、年間66,000本が限界なのです。時計の品質を危険にさらしたくありません。私はパテック フィリップを守る必要があり、ゴールド素材で販売することはブランドの保護の一部なのです。」

また、過去5年以上時計業界の覇権を維持してきたロレックス・デイトナやオーデマ・ピゲ・ロイヤルオークなどのスチール製スポーツウォッチの群れから脱却したいとの意向を示しました。

「多くのブランドは、販売しやすいスチール製を推し進めてきました」とスターン氏は、スチール製時計の低価格に言及して語った。

「しかし、主要なブランドにはもう在庫がありません」と彼は続けました。「お店はスッカラカンです。人通りは戻ってきているのに。今日、スチール製の時計だけを販売すべき理由はありません。」

パテックが1997年に発表したコレクションを指して、「アクアノートを中心としたスポーティな時計にはスチールを残しますよ」と彼は付け加えた。「でも、スチール製だけを作るのは危険だし、簡単すぎるんです」。

控えめな表現で語る。2017年頃から、世界の時計市場が過熱するにつれ、Ref. 5711は急騰しました。順番待ちリストは 10 年間続くと言われていました。トロフィーウォッチ現象は昨年12月、パテックフィリップがニューヨークの小売店のために特別に作ったティファニーブルーの文字盤を持つ170本の限定版 Ref.5711をデビューさせたことで頂点に達したようです。そのうちの1本は、同月末のオークションで650万ドル(約7億円)で落札されました。

スターン氏は、近年ノーチラスに影を落としている投機的な熱狂を嫌っていることを公言しています。彼は、毎年ブランドのさまざまなモデルから約200本をセカンドマーケットから購入し、”どこから来たのかをチェックしています “と語りました。もしそれらが正規販売店によって販売された後、なぜ転売されることになったのかについて小売店の説明にスターン氏が納得しない場合、「制裁がある」と彼は言いました。

パテックフィリップの広報担当者によると、新しいRef. 5811は導入後すぐに、時計メーカーの世界371の販売拠点に到着する予定だといいます。

しかし、スターン氏は、新しいノーチラスを誰が手に入れるかということになると、その決定は自分の手には負えないことを認めています。需要のある製品は、小売店のリピーターに販売されることが多いからです。と、スターン氏は言う。「小売店が選びますので、私を責めないでください。」

 

まとめ

いかがでしょうか?

「【転載】ティエリー・スターン社長インタビュー 新しいノーチラスはスティールでは作らない?」でした。

そうですね・・・ノーチラスは高級志向のモデルへと路線変更するのです。

スターンさんもハッキリとは言いませんでしたが、もう今後ステンレススチールケースでは販売されないのかも知れません。

状況が大きく変わらない限りは2026年の50周年でもスティールモデルは見られないと思うとスティールから始まったモデルとしては寂しいな。

やっぱりアクアノートとは違いますからね・・・

転売転売でうんざりなのもわかりますし、今のレベルで時計を作るには年間6万本が限界なのもわかります。ノーチラスだけじゃないのもわかりますし、ブランドを守っていかなければいけないのもわかります。

顧客の望むものを提供できないのはメーカーとして辛いでしょう。

それでもスティールのノーチラスが蘇ることを祈ってます!

それではまた!

 

【2022年新作】パテック・フィリップ ノーチラス 5811/1G-001 プチコンプリケーション 5712/1R-001 トラベルタイム・クロノグラフ 5990/1A-011
Patek Philippe New Nautilus 2022 パテック・フィリップからノーチラスの新作情報です。 レディースモデルを含む4機種が新たにラインナップに加わります。 1番の目玉はノーチラスの5811/1G-...
【2021年新作】パテックフィリップ 5711/1A-018 ティファニーブルー ノーチラス 170本限定 約600万円
Patek Philippe Nautilus 5711/1A-018 Tiffany Blue パテックフィリップから2021年の新作情報です。 今年もあと少しで終わるというタイミングで、衝撃的なモデルが投下されましたね。 ...
パテック・フィリップ 全歴代 ノーチラス 歴史と愛蔵ファイル
Patek Philippe Nautilus と、言う事で昨日の続き?となります。 以前大まかな歴代ノーチラスの3針モデルを並べてみましたが、今回はノーチラスファミリーの過去作を残しておこうというもの。 皆さんもすべて知...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました