【生産終了】オーデマ・ピゲ 15400ST.OO.1220ST.01 ロイヤルオーク 41mm 黒文字盤

Audemars Piguet
スポンサーリンク

Audemars Piguet 15400ST.OO.1220ST.01 Royal Oak 41mm calibre 3120

2012年にリリースされた15400STは、大型41mmのオーデマピゲ ロイヤルオーク オートマチックです。

昨年2019年に後継モデルの15500STが誕生し、世代交代を終えました。

デビュー当時は前作15300ST 39mmから2mm大きくなり、更に煌びやかにラグジュアリー感がアップしたので賛否両論となりましたが、今にしてみるとトレンドであり世界中で愛好家がいるグッドデザインだったと言えます。

最終の国内定価は2,035,000円。

和製ロイヤルオークと名高いカシオ G-SHOCK フルメタル GMW-B5000D-1JF。

並べて見ると全然違いますね(笑)

なんと言ってもロイヤルオークの凄い点は「仕上げ」力。

もちろんデザインも格好良いのですが、ベースは1972年に誕生した初代ロイヤルオークからさほど変わっていませんので、ソレはジェラルド・ジェンタ氏の偉業と言うことで15400STだけの話ではありません。

仕上げの美しさはケース、ブレスレット、文字盤と針、ムーブメントに至る隅々まで見ることができます。

ステンレススティールでありながらホワイトゴールドの様に美しく輝くブレスレットは必見です。

Chrono24を覗いてみました。

この不景気でも定価以上で掲載されていますね。

人気モデルは強い。

逆に中途半端な人気のモデルはことごとく下がりそうです。

キラ~ン。

美しい。

高級感は後継モデル15500STの方が上ですが、文字盤のバランスは15400STの方が好みです。

薄く作られていますが、結構な重量があります。

約159グラム。

15500STに比べてシースルーバック(ディスプレイバック)の面積が狭いですね。

こちらが15500ST。

見えているのは新ムーブメント キャリバー 4302。

ローターは22Kで高価なので見せる分が増えたけどスカスカになりました(笑)

パワーリザーブ約70時間と長時間に。

APロゴ。

ブレスレットも1つ1つ細かい仕上げがなされています。

このフィット感。

スポンサーリンク

ロイヤルオークの長さにフィットする方には良いですが、1パーツ単位でしか調整できないのでロレックスの方が微妙な長さを調整でき便利かも。

ケースの厚さは9.8mm。

1cmありません。

ブラック・グランド・タペストリー文字盤。

ホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針。

デイト表示。

ベゼルのビスも八角形。

リューズも八角形。

キャリバー3120。

旧ムーブメントになりますね。

15300STも同じものを使っていました。

ローターは22Kゴールド製。

イケメン。

渋專でも納得の格好良さ。

無駄がありません。

皆大好きなロイヤルオークのエッジ。

キレッキレなのに触っても痛くありません。

仕上げの細かさが美しさに直結し、光を受けると白くキラキラと輝きます。

ステンレススティールじゃないみたい。

素敵ですね。

デニムにも合う、もちろんスーツにも合う。

一生モノのスティール時計。

不景気な時こそベーシックで不変なデザインを選ぶべきかもしれません。

いかがでしょうか?

ラグジュアリースポーツの代表格「ロイヤルオーク」の旧モデル 15400STでした。

黒文字盤の15400ST.OO.1220ST.01は長く飽きず使えるグッドルッキングなモデルです。

青もシルバーもグレーも良いけれど、黒が1番無難。

ファーストウォッチなら黒をオススメします。

防水性もデイト表示もあり、資産価値も高いですね。

 

40代以上の社会人に似合うベーシックなロイヤルオーク、間違いない。

それではまた!

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク41mm 新旧比較 15400STと15500STの違い
Compare with Audemars Piguet Royal Oak 15500ST & 15400ST 2012年にリリースされた大型41mmのオーデマピゲ ロイヤルオーク オートマチック 15400ST系。 39...
【レビュー】ロイヤル オーク オートマティック 15300ST 15400ST ブラック オーデマピゲの新旧アイコン比較
Audemars Piguet Royal Oak Automatic 15300ST VS 15400ST オーデマピゲの現行ロイヤルオーク 41mmの15400ST.OO.1220ST.01と、2012年にバトンタッチしたグッドサイズ...
【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01 美しすぎる鉄塊
Audemars Piguet Royal Oak Automatic 41mm 15400st.oo.1220st.01 オーデマピゲ 41mmのスティールロイヤルオーク15400STには黒文字盤、白文字盤とブティック限定の青文字盤がラ...
【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.04 グレールテニウムダイアル
Audemars Piguet Royal Oak Automatic Grey dial 41mm 15400st.oo.1220st.04 2017年の新色「ルテニウムカラーのグレーダイヤル」を載せたオーデマ・ピゲのアイコンモデル ロ...
【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02 現行41mmのオクタゴン
Audemars Piguet 15400ST.OO.1220ST.02 Royal Oak Silver Dial Stainless Steel 41mm 2日続けてオーデマピゲから、現行ロイヤルオーク15400ST.OO.1220S...
【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02
故ジェラルド・ジェンタの意匠・永久不滅のオクタケース 世界で最初で最高のラグジュアリースポーツ「ロイヤルオーク」。 素晴らしい美しさとスポーティな外観。 いやぁ、いつ見ても惚れ惚れします。 ケース径が年々大きくなていき不安...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました