【レア】パテックフィリップ 5065/1J-001 初代金無垢アクアノート ジャンボ 38mm

スポンサーリンク

PATEK PHILIPPE Aquanaut Jumbo 5065/1J-001

このブログ3度目の登場でしょうか。

初代アクアノート 5065の金無垢ブレスレットバージョン5065/1J-001です。

ゴールデン・ジャンボの名にふさわしい、存在感と高級感。

流石です。

とにかく格好良いです。

1997年に誕生したアクアノート5060に続きラージケースの5065が翌年98年に登場します(5060もシースルーバックの5066へとモデルチェンジ)。

Jはイエローゴールドを使用しているモデルのアルファベットで、/1はブレスレットモデルのことです。

5065/1Jですね。

001は文字盤の種類で、5065には1種類しかバリエーションがありません。

こちらはトロピカルバンド(ラバーストラップにYGのDバックル)仕様になり、5065Jとなります。

トロピカルバンド仕様の個体にブレスレットを後付けしたりすると、保証書には5065Jと記載されています。

 

えぇ、それがどうした?って話ですね。

もう書くことないんです(笑)

格好良いと言うことだけ伝われば、もう万々歳。

Chrono24を覗いてみました。

Ch24ほどのサイトでも1Jはほとんど見つかりません。

レア!

因みに相場は800万円以上だと思われます。

2007年には生産終了となり、このカクカクした厳ついアクアノートは姿を消します。

やっぱり「金」のこのズシっとした感じが良いですね。

調整後も約180グラムほどあり、フィットさせないと重さを感じます。

Cal.315SCはジュネーブシールが刻印された高精度ノーハック3針デイト付きセンターセコンドムーブメント 48時間のパワーリザーブ。

ローターは21Kです。

初期はトリトウム仕様です。

この個体は針だけルミノバに変更されていますね。

ロレックスだと嫌われますが、パテックだとどうなるのかな?

インデックスは良い感じに焼けています。

ワッフル文字盤が手榴弾の模様みたいだと評判です。

Grenade(手榴弾)。

たしかに似ている。

18Kのアプライド・アラビア数字インデックス。

かわいい。

楕円ですが八角形。

スポンサーリンク

「ノーチラスからインスピレーションを得て創作された丸みを帯びた8角形のケース」とホームページにも掲載されています。

5065/1Jを購入するとハイテク・コンポジット素材のトロピカルバンドとDバックルが付いていました。

お得だな。

いかがでしょうか?

もう、値段や相場はあってないようなものなので「安い」と感じる個体に出会ったら即チェックです。

内箱は劣化でボロボロになっているでしょうから、本体の状態と保証書の有無なんかで納得できればゲットだと思います。

このサイズ感、デザイン、もう本当に格好良い(笑)

傑作ですね。

売っているときは全然人気なかったけど。

 

それではまた!

 

【レビュー】パテックフィリップ 黄金聖衣 5065/1J-001 “ジャンボ” アクアノート イエローゴールド

【レビュー】パテックフィリップ 5065J-001 イエローゴールド×トロピカルバンド 38mm

【レビュー】パテックフィリップ アクアノート ラージ 5065/1J-001 黄金色の魅力

【レビュー】パテックフィリップ 5065A-001 アクアノート ジャンボ 今では稀少性が高いスティールブレス

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)