【レビュー】パテックフィリップ 黄金聖衣 5065/1J-001 “ジャンボ” アクアノート イエローゴールド

スポンサーリンク

Patek Philippe Aquanaut Ref 5065/1J 18K yellow gold

まさに神々しい黄金聖衣(ゴールドクロス)の様な存在感と希少性を持つパテックフィリップ 初代アクアノート ジャンボ 5065から黄金色のJ、更にはブレスレットモデルの5065/1J-001です。

現行モデルには無いイエローゴールドのアクアノートの美しさは痺れます。

初代らしい無骨さとスポーティかつドレッシーさが融合した傑作ですね。

確かに現行モデルのアクアノートの方がセクシーかも知れません、が、私は初代好き。

めちゃくちゃ格好良いのです。ね?

5065は38mmのケースサイズでメンズの「ジャンボ」と呼ばれる割には小ぶりで腕にフィットしやすいです。

最近は中古マーケットでのプライスも上昇傾向にあってハッキリとした相場がわかりません。

700万円も800万円もするでしょう。

2年前の記事(下部にリンク)の頃は500万円台だったので1.5倍ちかい値上がりです。

生産終了モデルなので絶対数は増えることが無く、状態の良いものは姿を消します。

気になっている方は早目に探された方が良いですね。

初代のアクアノートは好き嫌いがやはりあるポイントにフェイスバランスとお世辞にも格好良いとは言えないブレスレットの形状があります。

ワッフル上のダイアルパターンやバランスのせいで手榴弾とかパイナップルなどと呼ばれてます(笑)

現行アクアノートの文字盤はエレガンス。

彫りも浅くお上品。

ブレスレットも「カクカク」してなく柔らかいフォルムとなっています。

サイドビュー。

サテン仕上げのパーツが多め。

ブレスレットの表面はピカピカのポリッシュ仕上げ。

傷が目立ちます。

ノーチラスにもロイヤルオークにも及ばないですね(笑)

そのダメさ加減が格好良い。

バックルにはカラトラバ十字。

さすがに18Kですので重い。

約180グラムですから、腕にフィットさせちゃえば苦しい重さではありません。

スポンサーリンク

どの角度から見ても最高に格好良いです。

夜光はトリチウムとルミノバがあります。

こちらはルミノバ。

グリーンカラーに光ります。

確かに手榴弾っぽい(笑)

Cal.315SCはジュネーブシールが刻印された高精度ノーハック3針デイト付きセンターセコンドムーブメント 48時間のパワーリザーブ。

ローターは21Kです。

強度を持たせるためにバックルのプレートはホワイトゴールド。

クラウントップにもカラトラバ十字。

野暮ったさが逆に格好良い。

逆って何だ?

いかがでしょうか?

個人的に大好きな初代アクアノート。

ほとんどの方は現行機の方が好きでしょうね。えぇ。

ノーチラスで言えば3700より5711の方が素敵です、これは私も同意。

でもねデザインバランスがアクアノートの場合は違うのでね、完全に好みで分かれると思うのです。

4桁5桁のデイトナもそうでしょうし、5桁6桁のデイトナも新型ファンの方が多かった。

希少性で時計を好き嫌いしませんけど、顔は「ある」(笑)

私の時計の好みには、スペックとか歴史とか値段はあまり関係ないけど、顔は「ある」のです。

どこをどう好きになっても趣味なんで問題ありません。

ですよね?(笑)

それではまた!

 

【レビュー】パテックフィリップ アクアノート ラージ 5065/1J-001 黄金色の魅力

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)