【レビュー】ロレックス 126710BLRO ペプシカラーのGMTマスターII

スポンサーリンク

Rolex GMT Master II Pepsi Blue and Red Bezel Stainless Steel

11月です。

今年もあと2ヵ月、早いな~と感じます。

年号が変わり、東京オリンピックのチケット販売があり、ラグビーワールドカップが開催され、消費税が上がり・・・

大きな台風もあり、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

普通の毎日が如何に有難い事か思い知らされました。

消費税の増税と共に国内の定価が改定されたロレックス。

現在こちらのGMTマスターII Ref.126710BLROは976,800円

並行新品相場は下がって下がって約195万円ってところです。

国内正規未使用は180万円台で見つかるでしょう。

Chrono24を覗いてみました。

2018年の新作ですが、最安で160万円台。

定価より70万円も高い・・・ヒャ~。

人気モデルの最新作で色々と話題も多いGMTマスターII「ペプシ」。

やっぱり格好良いし、目立つし、スーツでもカジュアルでもフィットするから買った満足度は高いのでしょう。

新ジュビリーブレスレットは美しく強靭でバックルもしっかりしています。

オイスターブレスレットに比べ、コマが小さいのでフィット感が増しています。

126710BLROの人気は凄いですね。

新キャリバー搭載、新ブレスレット、新オイスターケースと新しいモノづくし。

スティールモデルにペプシカラーが復活したのもグッドニュースでした。

2トーンの境目は、どうやってくっついているんだろう?

ラグがシュッとしています。

サブトンと呼ばれていた11系からのデザイン面の改善点。

ロレックスのHPにもあるんですけど、セラミックを1つの部品として製造していて2色をくっつけてるわけじゃないみたい。

ピッタリとまっすぐに色分けされてて凄いですね。

12系にもどこかのタイミングでII(スティック)表示が誕生するかな?

隙間の無いラグとブレスレット(フラッシュフィット)部。

流石です。

こういう細かいところが、しっかりカッチリ。

年末に向けて中古相場も上がるかな?

出回りが少ないから仕方ありませんね。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

久々に帰ってきた「ペプシ」カラーのGMTマスターII。

最高のスペックとカジュアル&ドレッシーで人気沸騰。

バットマンはどうもジュビリーより3連オイスターの方が人気みたいですけどね。

GMTハンドのカラーも違うから簡単にベゼル交換なんかは無理そうです。

狙ってる方は正規店で出会えたらスーパーラッキー。

それではまた!

 

【レビュー】126710BLRO ロレックス GMTマスター2 復活ペプシベゼル Cal.3285 #バーゼルワールド2018

ロレックス “新ペプシ” 126710BLRO 少し価格が落ち着いてきたかな? 2018年新作のGMTマスター2

【レビュー】ロレックス 126710BLRO GMTマスターII ペプシ なかなか相場が落ちませぬ

【レビュー】ロレックス 126710BLRO キャリバー3285 ジュビリーブレスレット ペプシベゼルなGMTマスターII

【レビュー】ロレックス 126710BLNR 新しいバットマン GMTマスターII バーゼルワールド2019新作

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



2 Comments

  1. 正規店が購入制限を始めたらしいので、一般人も買える可能性が出てきましたか?

    • 転売する方々は、あの手この手を使うんだと思いますし、外商制度は不透明なので126710などは買うのは難しいかも知れませんね。エクスプローラーI・IIやサブマリーナーノーデイトは通えば買いやすくなると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)