【レビュー】126710BLRO ロレックス GMTマスター2 復活ペプシベゼル Cal.3285 #バーゼルワールド2018

スポンサーリンク

BASEL2018,ROLEX NEW GMT-MASTER II PEPSI REF.126710BLRO

スティール製のGMTマスター2にようやく青赤2トーン”PEPSI”ベゼルが戻ってきました。

バーゼルワールド2018で発表される直前のティザームービーでは「ジュビリーブレスレット」が映り、誰もが「GMTマスター2が新しくなる!」と理解できました・・・が、「赤黒”COKE”ベゼル」だと思ったに違いありません。

何故ならGMTマスター2には既にホワイトゴールド無垢の「ペプシ」がありましたので、ロレックスがわざわざ「被る」なんてことはしないだろうと。

しかし、多くのロレックスファンの予想を裏切り126710BLROがリリースされました!

ロレックスファン歓喜!GMTマスターファン歓喜!

皆が待ちに待ったモデルが生まれ、それまでもGMTマスター2の勢いはありましたが、また一気に加速することになります。

新しいムーブメント、新しいジュビリーブレスレットも話題となっていますね。

特にジュビリーブレスレットは画像だけでは賛否両論。

ドレッシーと見るか、オジサンくさいと見るか・・・。

今年の話題作であることは間違いなく、880,000円(税込950,400円)の時計が初速260万円を叩きだします。

話題性なのか、生産が大変なのか、数もかなり少なく感じます。

7月くらいからぼちぼちアフターマーケットにも姿を見せ、少しずつご祝儀プライスが収まりつつあります。

オイスターパーペチュアルGMTマスターII

126710 BLRO ケース径40mm、防水100m ムーブメント自動巻きキャリバー3285、パワーリザーブ約70時間 国内定価は950,400円

うん、格好良い。

ファーストインプレッションは、まさにそれ。

ジュビリーブレスレットがどうだこうだとかは無く、単純にペプシカラーが目を潤させてくれます。

良い・・・。

もっとくすんだ色かな?とも思いましたが、普通にキレイです。

5桁と比べてみると高級感は一目瞭然。

針とインデックスの大型化、セラクロムベゼルの光沢感がスティールGMTをワンランク上げています。

一目で新しいGMTマスター2だと気付かれるでしょうし、オーナーの満足度も鰻登りですね。

光の当たり方でベゼルの色味が変わります。

ラグがすっきりして116710形よりシャープになりました。

こちらは116719BLROの旧タイプ(現在はブルーダイヤルになりました)。

ラグが力強くガッシリしています。

まぁ遠目から見たら然程変わらないかも知れません。

このジュビリーブレスレットはバックル(クラスプ)に向かうにつれ細くなっていきます。

幅が異なるので既存の6桁デイトジャストからコマを借りるなんてことはできないようにしているかも。

夜光はもちろんブルーカラーが美しいクロマライト。

ブルー/ロッソでBLROなのかブルー/ルージュなのか・・・

英語だとBlue Red

仏語だとBleu Rouge

伊語だとBlu rosso

独語だとBlaues Rot

英語以外だな。

もうちょっとブレスレットを見ていきます。

Bracelet ref.69200。

ジュビリーブレスレットですがダブルフリップ(セーフティキャッチ付オイスターロック、イージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)クラスプ)となります。

今まではジュビリー=シングルでしたから、このあたりに違和感と言いますか見慣れない感があります。

デイトジャスト36 116234のブレスレットと見比べます。

ジュビリーのコマの長さは同じような感じですね。

ラグ幅は126710BLROの方が太いですが(ラグ幅は同じ20mmでした)コマを調整するパーツの幅は116234の方が太い様です。

69200ブレスレットはイージーリンクつき。

コレ便利なんですよね。

スポンサーリンク

ちょっと写真ボケちゃってますけど、オイスターブレスよりネジの径が小さい。

コマがオイスターより小さいのでしなやかにフィットします。

腕毛が飛び出すけど(笑)

隙間があるので、いくら無垢仕様のジュビリーでも「ヨレ」は出てくるでしょうね。

ドレス仕様の仕方ないところ。

プレートの形状は既存のモデルと変わりない様です。

ラグ幅は20mm。

エンドリンクは16mm。

しっとりとした光沢のあるブルー、レッド。

くすんだ色にも見えますが、けっして嫌な感じじゃありません。

今年の新作。

セラクロムベゼル。

彫られた部分にはプラチナコーティングが施されています。

2色のカラーのつなぎ目。

作り方がよくわかりませんが、このレッドカラーにはずいぶん手間がかかったようですね。

他のメーカーもまだレッドセラミックをパクりきれていません。

(ウブロのレッドマジックとかの赤はロレックスっぽくありませんね)

SWISS 王冠 MADE。

まだ見慣れません。

クロマライト。

ネジ式のピン。

ブレスレットとケースの接合部。

流石にピタっとしています。

Chrono24を覗いてみましょう。

少しだけ安くなってはいますが、まだまだ海外も200万円オーバーが続いています。

いかがでしょうか?

私個人的には非常に好き。格好良い。キレイだしジュビリーも悪くないです。

でも、定価で欲しい!(笑)

その一言に尽きます。

やっぱり格好良いと思いますし存在感は抜群。

しかし200万円もするなんて~・・・。

デイトナもね、なかなか下がらない。

GMTマスター2も、まだまだお手頃にはならないでしょうね。

時計自体はオススメ。

値段はまだ厳しめ。

それではまた!

ロレックス新作 Ref.126710BLRO 新しいGMTマスターⅡ PEPSIカラーのセラクロム2トーンベゼル #バーゼルワールド2018 #ロレックス

5月下旬 国内リリース済み ロレックス GMTマスター2 126710BLRO 新しいPEPSIベゼル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)