【超短命】パテックフィリップ 5800/1A-001 ノーチラス 30周年 ミディアムサイズ ブルー 33.2mm

スポンサーリンク

Patek Philippe Nautilus Mid Size 5800/1A-001

2006年ノーチラス生誕30周年を記念してリリースされた5800/1A-001です。

33.2mmのミッドサイズでまぁまぁ今見ると「小さい」部類ですね。

女性でも着けられますし、私みたいな細腕の男性にも丁度良いです。

2009年に生産終了してしまったので個体数も少なく、ここ10年で相場は5倍になりました。

シースルーバックの2ピース構造で、搭載するムーブメント Cal.330SCが覗けます。

同じキャリバー330SCを搭載する先代のミディアムノーチラス 3800/1Aはスティールバック。

裏蓋が細工されてシースルーバックになった5800/1A。

そして5711/1Aでは裏蓋が独立して3ピース(3つのパーツ)構造に(3体構造ケース)なっています。

因みに防水は歴代全て12気圧です。

Chrono24を覗いてみました。

すごい値段。

国内定価は2,163,000円でしたが、生産終了当時は定価割れ。

150万円程度で新品未使用が買えました。

その頃からメーカーを支えている人なら5711/1Aも売ってもらえそう。

う~ん、ナイスサイズ。

格好良いですね。

「耳」を入れれば38.4mmありますので、凄く小さく感じることはありません。

5711/1Aは迫力があります。

お好みは人それぞれと言うことで。

生産期間の短さからの希少性、グッドサイズの5800/1A。

それともインパクトと美しさの5711/1Aか・・・

皆さんはどうでしょうか?

私個人的には5800/1A好きです。

自分自身がマッチョマンじゃないからですね、背も高くないし。

このミディアムサイズに惹かれるのかも知れません。

アンダー40mm。

2ピース構造。

薄いです。

10mm無いですからね、本当にペッタンコ。

8mmちょっとです。

重さは約94グラム。

非常に薄くて軽い。

3800にくらべ5800のブレスレットの方がしっかりしています。

スポンサーリンク

フリップ部分にはカラトラバ十字が刻まれています。

美しいブルーブラック文字盤。

光の入り方で色味が異なります。

ネイビーのようでもあり・・・

グレーっぽくも見えます。

ネジ留式。

21金製の中央ローターです。

PPシールではなくジュネーブシール。

いかがでしょうか?

グッドサイズなノーチラス 5800/1A-001です。

5711/1Aより希少性は高いと思います。

格好良さだけで言えば5711/1Aの方が上かも知れません。

それでもミディアムサイズの魅力は、主張しすぎないこと。

うまく手首に馴染みますし、着けやすくどんなシーンにもフィットします。

奥様と共有なんてことも可能かもしれません。

生産終了から10年経っていますので、マーケットで見かけることは本当に難しくなっています。

条件の良い個体に出会いましたら是非手に取って見てください。

それではまた!

 

【レディースと言う選択】パテックフィリップ 7118/1A-011 ノーチラス ステンレススチール 35.2mm スモークグレー文字盤

【レビュー】パテックフィリップ ノーチラス 3800/1A ミディアムサイズ

パテックフィリップ ノーチラスが止まらない! 全財産かき集めてぶっ込んだらどうだろう?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)