【生産終了】 ロレックス デイトジャスト Ref.116200 36mm Cal.3135

スポンサーリンク

Rolex Oyster Perpetual Datejust 36mm 116200 black dial

2019年に生産終了になったオイスターパーペチュアル デイトジャスト 36mm Ref.116200。

シンプルなスムースベゼルで比較的若い方からも支持されるドレスウォッチでした。

大きさも丁度良く、スーツにもデニムにもフィットするオールマイティーなデザインで1本は持っていたいグッドロレックスですね。

その中でも私の中で一押しなのはブラック+バーインデックス。

「飽きる」と言うこととは無縁です。

一生モノかも知れません。

グッドサイズですね。

最近はデイトジャスト41の方がトレンドのようです。

41mmはデカくてアレですけど、目立ちますからね。

2019年には後継機 126200 が登場しました(今から買うなら新しい方が良いかもね)。

126200の国内定価は743,600円。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットの相場も50万円台後半から60万円台。

数カ月前より上がってますかね・・・

国内定価は680,400円でした。

ちょっと古めのモデル(116200の製造期間は2006年から2019年まで)には、デイト表示が赤/黒切り替えなんかがありました。

奇数が赤なので #ボンバーマンの日 もレッドアイ。

ドレスウォッチですが、スポーティさもあって視認性も良いです。

シンプルなサイドビュー。

シングルバックルですが外れにくいので安心。

カレンダーの切り替え。

色が変わるのは面白いですね。

最近のモデルには見掛けません。

キャリバー3135でクロノメーター認定。

やや盛り上がったスムースベゼル。

スポンサーリンク

無垢スティールブレスレットですが、比較的軽い約117グラム。

長時間着けてても疲れないのでグッドです。

デイトが不要な方にはオイスターパーペチュアル36mmなんかもグッドです。

Ref.116000の中古相場は40万円台から。

いかがでしょうか?

ドレッシーでスポーティ、冠婚葬祭春夏秋冬喜怒哀楽どんな時も安心して着けられます。

ちゃんと整備しながら30年50年付き合っていけると思います。

まぁ、私なら新型買うけどね(笑)

特別に安いなら、またはデイトの赤いカラーが欲しい方にはオススメです。

それではまた!

【レビュー】ロレックス 116200 デイトジャスト 36mm スムースベゼル 赤黒デイト

【レビュー】ロレックス 116200 デイトジャスト 36 ブルーローマン Cal.3135

【レビュー】ロレックス 116200 ピンクフラワー デイトジャスト36 花の慶次っぽい傾奇者

【レビュー】ロレックス 126300 デイトジャスト41 スレートダイアルは王冠マークあり 2018年新色

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)