【王冠ない方が良いみたい】ロレックス 新シードゥエラー43mm 126600 初期モデル

ROLEX
スポンサーリンク

ROLEX Oyster Perpetual Sea-Dweller 43mm 126600

2日連続、2017年の新作シードゥエラー43mmです。

昨日は「王冠あり」の新文字盤、本日は「王冠なし」の旧文字盤をチェックしていきます。

初期の1年くらいですかね実質。

2019年印のギャランティーカードで旧文字盤なら少し珍しいかも知れません。

で、やっぱり少しの差ですが変わっちゃうと、前のモノが高くなるのが決まってる流れ。

SWISS MADE

と、

SWISS 王冠 MADE

の僅かな違いです。

まだ中古ショップ次第なところもあると思いますが、少し値段に差を出しているかも知れません。

5万円とか10万円とか。

古い年式の方が高いなんてね。

今後数年、もしくは10数年は「王冠あり」文字盤ばかりが製造されるわけですから「他人と違う」モノが欲しい方々には刺さる仕様。

まだ差が無いところなら140万円台のUSED品が見つかるかも。

ダイバーズウォッチなので夜光がギンギン。

美しい。

私には重すぎる183グラム。

お馴染みのケースバック刻印。

もし着けるならラバーBとかにしたいかな。

セーフティキャッチ付オイスターロック、ロレックス グライドロック エクステンションシステム、フリップロック エクステンションリンククラスプ

長い(笑)

このダイバークラスプは本当に凄い。

スポンサーリンク

考えた人天才。

ウェットスーツ着用時には工具無しでかなり伸ばすことが・・・って、エクステンションパーツ取って使用していますね。

そうですね。

普通の人、潜らない人には不要のパーツ。

汚れ堪るし、大きいし。

それならハズして使うよね。

ヘリウムガスエスケープバルブ。

新赤シードには「サイクロップレンズ」が付いていて、見た目はサブマリーナーデイトに似ています。

賛否ありますよね。

無い方が良かったって方もいるでしょうし、デイトが見づらかった方には重宝されるでしょう。

私的にはサイクロップレンズが無くても良かったな~なんて思います。

シードゥエラーファミリー初のレンズです。

王冠なしが、今後どの程度「差」を生むかは不明です。

シードゥエラー43の人気次第ですかね。

いかがでしょうか?

初期モデルのシードゥエラー43 126600でした。

私は期待できそうな気もしています。

サブマリーナーだったら凄そうでしたが、シードゥエラーっていうところがね。

玄人好み。

秘かなレア要素。

持っている方だけのお楽しみ。

そういえば126600も購入制限モデルですが、わざわざ赤シードだけを探している人がいるのかな・・・

定価以上で取引されるから、いるのかもね。

それではまた!

 

ロレックス 126600 赤シードゥエラーの文字盤にも王冠マーク入るかな?
Do you want a crown? 2018年の新作ロレックスには新しい特徴として、ダイヤルの6時位置の「SWISS MADE」の真ん中に王冠マークが入ることとなりました。 こんな風にね。 しかし全ての新作に王冠...
【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)
What's going on after Rolex new SEA-DWELLER 126600? 126600は2017年の新作でした。 覚えてますか? 今年の新作がインパクトあり過ぎて、もう皆さん忘れかけてますね。 ...
コラ画像じゃなかった!【マイナーチェンジ】ロレックス 126600 新シードゥエラー「赤シード43」のSWISS MADEの間に「王冠マーク」が入った!
Rolex new SEA-DWELLER 126600 "Crown mark" placed between "SWISS MADE" 2018年の新作ロレックスには新しい特徴として、ダイヤルの6時位置の「SWISS MADE」の真ん...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました