コラ画像?【マイナーチェンジ】ロレックス 126600 新シードゥエラー「赤シード43」のSWISS MADEの間に「王冠マーク」が入った!

Rolex new SEA-DWELLER 126600 “Crown mark” placed between “SWISS MADE”

2018年の新作ロレックスには新しい特徴として、ダイヤルの6時位置の「SWISS MADE」の真ん中に王冠マークが入ることとなりましたが、全ての新作に王冠マークが入ったわけではなく、新しいムーブメントが搭載されたモデルだけに王冠マークが入りました。

ロレックス 126600 赤シードゥエラーの文字盤にも王冠マーク入るかな?

と、いう事で先日「ロレックス 126600 赤シードゥエラーの文字盤にも王冠マーク入るかな?」なんて記事を書いたばかりです。

何故なら、2017年の新作で新しいムーブメントが搭載されたRef.126600 赤シード43には「SWISS 王冠 MADE」となってなかったからです。

私の予想ではそのうち王冠マーク入るかな~?と予想していましたが・・・なんと、既に王冠マーク入りがリリースされているではないですか!

インスタグラムでフォローさせていただいている

@kazu5286 さん

からの情報でした。

ありがとうございます。さっそく記事にします。

海外のインスタグラマー@doxadiverさんの投稿(お借りします)

おぉ、確かに。

しっかり6時位置に王冠マークがSWISS MADEの中央に入っています。

ほら。

王冠マーク。

でもね。

でも、もしかしたら「コラージュ画像」の可能性もあるかも知れない。

という事で違う方も探します。

SNSは便利。

いらっしゃった!

こちらも海外のインスタグラマー @rosc78さんの投稿(お借りします)。

あら~やっぱり王冠マーク入りが市場に出始めています。

購入された喜びを表していますが、王冠マークについては何も書かれてないみたいです。

あんまり気にしている人は多くないのかも知れませんね。

でも、これでほぼ確実になりました。

王冠マークが入るのがデフォとなるのでしょう・・・

まだホームページの画像には王冠マークが入っていませんでした。

そのうちきっと変わります。

現在の新品並行相場は約160万円。

中古でも150万円くらいします。

この中古たち、今売られている新品たちは第1世代になるでしょう。

いつか、そのうち、この第1世代の文字盤に価値が生まれるかも知れません。

何でしょうね?

王冠なしダイヤル?

呼び方は、何になるでしょうね〜。

グリーンサブのファット4とかビッグスイスとかみたいなね・・・。

ノークラウン(笑)

ダサいな・・・

冠なし(カンナシ)・・・

コレもダサい。

ダメだ、思いつきません。

答えは数年後!

ではまた。


@kazu5286 さんより「デモクラシーダイヤル」(王冠が無い≒王が居ない≒民主的)と言うシャレがきいたネーミングはいかがでしょうか?とご連絡(笑)

どんな名前が定着するでしょうか?


2018.08

あれから・・・

未だに追加の王冠入り126600の画像が出てきませんね。

やはりコラ画像だったのでしょうか?(笑)

ロレックス新作情報 文字盤6時位置に王冠マークが付いた! #バーゼルワールド2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)