【レビュー】ロレックス 116523 デイトナ イエローロレゾール ややクリーム

スポンサーリンク

Rolex 116523 40mm Daytona Stainless Steel & 18k Gold Watch White Dial

今回は初期のデイトナ イエローロレゾール 116523 ホワイト文字盤です。

116520では「パンナコッタ」や「クリーム/アイボリー」なんて呼ばれる変色ダイアルが人気で値が付きますが、コンビや金無垢はあまり聞きません。

実際には変色しているのかも知れませんが、周りはゴールドなので「そう見えてるだけ」的な印象と、スティールデイトナほどの人気が無いからかも知れません。

なので「やや」色味がついただけの個体は評価されませんね。

2000-2002年くらいの白文字盤の全てが変色するわけではないと思います。

こうして画像だと全然伝わらないですね。

肉眼だと「やや」本当に「やや」焼けたような色味です。

Chrono24を覗いてみました。

116523は定価以下の相場です。

2016年に生産終了となっていて最終の国内定価は1,749,600円でした。

現行モデルは116503ですね(ベゼルのデザインが変わりました)。

因みに116520でパンナコッタやクリームなんかで見てみますと、200万円オーバーなモノばかり。

コンビだとね、そんなに評価されませんけど、変色を楽しむにはライトな感じで良いと思います。

50年後とか凄いことになっているかも知れません(私はもう生きてないかも知れませんが)。

6桁のデイトナはケースデザインにも高級感があり、ゴールドを使用しているので40代の男性にフィットすると思います。

スポーティだけどオシャレでドレッシー。

ルミノヴァ夜光もまだまだ元気。

それでも製造から15年以上経っています。

ベゼルもプッシャー、リューズも18金。

ブレスレットも半分は無垢素材の18金。

豪華です。

初期のバックルプレートはちょいダサな穴あき仕様。

しっかりとした重さがあります。

約151グラム。

寄ってみます。

私のスマホカメラじゃ真っ白になるな(笑)

スポンサーリンク

全然「やや」焼けじゃない(笑)

コレなんかは少し色が着いているのがわかりますね。

コッチは凄いな。

いかがでしょうか?

肉眼じゃなきゃ確認が取れないくらいの「やや」変色したコンビのデイトナ 116523でした。

マーケットでの価値はノーマルの116523と変わりませんが「夢」があって面白いと思います。

何がきっかけが色が変わるかわかりませんからね。

キレイな文字盤が好きな方には・・・あまり興味の無い記事だったかも知れません。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116523 パンダ文字盤 大人気のロレゾールデイトナ

【レビュー】ロレックス 116523NG ブラックシェル・8Pダイアモンド オシャレなデイトナ

116520だけじゃない!116523も116528も パンナコッタ / アイボリー / クリーム デイトナ

【レビュー】ロレックス “パンダ” デイトナ 116523 ロレゾール

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)