【レビュー】ロレックス 226659 ヨットマスター42 バーゼルワールド2019新作 ¥2,940,300-

スポンサーリンク

Rolex 226659 Yacht Master 42mm white gold rubber strap

2019年、今年の新作ヨットマスター 226659。

新キャリバー搭載、ホワイトゴールドケースは42mm。

なんとなくホワイトゴールドのアクアノートを意識したのかな?なんて思っちゃいましたが、実物はかなり格好良いです。

スポーティなオイスターフレックスブレスに無骨なモノトーンカラーですが、高級感ある落ち着いた雰囲気にまとまっています。

まだあまり出回っていないみたいですが、コレはかなりオススメ。

42mmはやはりインパクトありますね。

5168G-001は42.2mm。

Chrono24を覗いてみました。

ぐぬぬ・・・高い。

金無垢なのに定価以上の相場。

コレならデイトナのオイスターフレックスの方が良いんじゃないか?なんて思ってしまうかも。

でもね、凄い良いんですよ。

誤謬力がね。

クロマライト夜光もバッチリ。

インデックスが大きいので視認性が良く、デザイン面でもインパクトあります。

マットなセラクロムベゼルが渋い。

秒針のドットも大きい。

重さを測ってみましょう。

約172グラム。

ケース径も大きいしヘッドはズシっとします。

サイドビュー。

ポリッシュされてますね。

キズに気をつけなくちゃ。

スポンサーリンク

寄ってみます。

艶のある文字盤。

ほんとうにインデックスが大きいな。

針も太く、スポーティですね。

キャリバー3235搭載、100m防水、ホワイトゴールド製42mmケース。

いかがでしょうか?

本当に欲しい方は正規店で買えると良いですね。

近頃は金無垢も転売対象となっていて、なかなか店頭に並ばなくなっています。

正規店での販売制限も始まりましたし、欲しいものが欲しい時に定価で買えると良いな~なんて思います。

さて、このヨットマスターは新作でのプレミアム感はありますけど、それ抜きでも存在感があり格好よいです。

ラグジュアリースポーツらしさがバツグンで、シンプルなデザインなだけに細かい部分で他のオイスターモデルとの違いが感じられると思います。

このモデルをこの価格帯で買う方は、それなりに時計が好きでお金持ちだと思いますので、うまく刺さるかどうか。

3年後5年後に評価がハッキリしそうです。

私のファーストインプレッションは「オススメ」でした!

凄く良い。

それではまた!

ロレックス新作 Ref.226659 新しいヨットマスター 42mm ホワイトゴールド×オイスターフレックス #バーゼルワールド2019 #ロレックス

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)