【レビュー】オフィチーネ パネライ PAM00104 ルミノール マリーナ オートマティック 44mm

スポンサーリンク

PANERAI PAM104 Luminor Marina Automatic Acciaio 44 mm

2002年に追加ラインナップされたパネライ 自動巻き44mmのルミノールマリーナ PAM00104です。

手巻きがキライと言う方に好まれた自動巻きのルミノールマリーナでした。

現在は生産終了モデルで2017年にPAM1104へと引き継がれています。

ムーブメントも自動巻きキャリバーOP IIIからOP XXXへ変更されました。

PAM104の最終国内定価は847,000円でPAM1104も同じです。

デイト表示には拡大鏡が付いていてロレックスとは違い内側にあることで破損防止策となっています。

全面がポリッシュ使用のためキズが目立ちますが、高級感はありますね。

厚みも凄いですけど、キズの目立ち方がヤバイ。

ポリッシュド仕上げのデメリット・・・

大きさ重さが大丈夫と言う前提ですけど凄い人気でしたね。

存在感と使いやすさでパネライの人気絶頂期を支えた名品がこのPAM00104。

歴戦の勇者だな。

OP IIIはETAキャリバーなんですけど、ベースはクロノグラフのバルジュー7750。

モジュールをわざわざ外して搭載していました。

レザーストラップなのに約155グラムと重いです。

PAM104は高級機扱いでクロコストラップにDバックル(カウッチューストラップも付きます)。

現行モデルのPAM1104はカーフに尾錠とコストカットされちゃいました。

寄っています。

マットなブラックダイアルに視認性の高いのアラビア数字と長めのバーインデックス。

シンプルにルミノールマリーナ・パネライ・オートマチックのみの記載。

9時位置にはスモールセコンド。

6の数字が切れているのは初期タイプ。

途中から6はつながります。

クラウンガードのレバー。

格好良い!

スポンサーリンク

全盛期には様々なモデルが人気でしたが、もっとも「本当に人気だな」と感じたのは40mmのパネライを女性が多く着けていたこと。

今ではさっぱり見かけませんけど、PAM48とか着けてた女性の方いらっしゃいましたよね?

いかがでしょうか?

1周まわって、敢えてパネライ。

みたいな感じで「初パネライ」を選んでみてはいかがでしょうか?

大きく重いですが、格好良くシンプルで飽きにくい3針デイト表示のみのPAM104はオススメです。

私的には手巻きのベースやマリーナが好きですけど、自動巻きの方が楽だし、デイト表示があった方が便利です。

300m防水で水にも強く、見た目通り頑丈、ストラップ交換も楽しめます。

今はけっこう中古マーケットで安く売られてますのでチェックしてみてください。

それではまた!

SIHH2018新作 パネライ ルミノール ロゴ アッチャイオ 44mm PAM00773など、新しい定番6モデル 3日巻のP.6000

【レビュー】パネライ PAM00112 ルミノールベース 44mm 手巻き 生産終了モデル

【レビュー】パネライ “PAM00372” ルミノール1950 3デイズ 47mm 1番シンプルで格好良いパネライ

【レビュー】パネライ PAM00560 ルミノール ベース 8デイズ アッチャイオ 44mm

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)