【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスターロレジウム ブルー文字盤 生産終了モデル

スポンサーリンク

Rolex Yacht-Master 40mm Blue Dial Steel & Platinum

ロレックスから今年モデルチェンジし、生産終了になったヨットマスターロレジウム 116622のブルーダイアルです。

2012年に6桁になったヨットマスターロレジウムの新カラーとしてブルーがリリースされたのですが、やっぱりこのブルーはキレイですね。

サブマリーナーロレゾールのブルーより深い高貴なイメージです。

この6桁ロレジウム自体は大きなプレミアムにはなりませんでしたが、高級感と使いやすさが合わさった良いモデルだと思います。

20代にはまだ早いかな?40代50代のオジサンがサラっと着けてると格好良いですよね。

プラチナを使用している分、国内定価はやや高めの1,188,000円。

価格コムの新品並行相場グラフ。

2年くらいのスパンで見ても、さほど大きな値動きはありませんね。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットを付属品付きで検索すると100万円以下で探すのは難しいかも知れません。

どうですか?

光沢のある深いネイビーに赤が映えます。

回転ベゼルは今回も両方向回転式。

ダイビングには使用できません。

防水も100m。

116622は発表時からクロマライト夜光となっています。

ブルーに光るクロマライトが最高です。

プラチナは重いので、総重量も148グラム。

ポリッシュ面が多く高級感ある仕上げに。

ラグのラインなんか超格好良い。

堅牢でシンプル。

サンドブラスト仕上げのプラチナベゼル。

ギザギザのフレームはスティール。

赤。

高級感はラインだけでも表現できると言うね、コレ凄いなと思います。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

好きな人は好き、そうでない方はまったく選ばないヨットマスターロレジウムのブルー。

新作126622にもラインナップされていますが、ダークロジウムの方が人気なのかも知れません。

実はかなり格好良い。

本当です。

トレンドカラーだったブルーも今ではだいぶ落ち着いてきています。

が、やはり良いものは良いんです。

今までは「ヨットマスターはな~」なんて思ってた方。

是非1度手に取って見てください。

それではまた!

ロレックス新作 Ref.126622 新しいヨットマスターロレジウム #バーゼルワールド2019 #ロレックス

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスターロレジウム ダークロジウム ダイアル

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ロレジウム 青文字盤

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ロレジウム プラチナ文字盤 とイエローロレゾール 16623 生産終了モデル

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム 2016年の新作ダイヤル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)