【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム 2016年の新作ダイヤル

ROLEX
スポンサーリンク

Rolex Yacht-Master 116622 Steel Platinum Dark Rhodium

2016年のバーゼルワールドでヨットマスターからダークロジウムと言う名の新色文字盤が発表されました。
「YACHT-MASTER」の記載と秒針が鮮やかなライトブルーで、少し飽き気味だったヨットマスターロレジウムを一気に逆転し多くのファンを獲得しました。

このティファニーブルーと言いますか、明るく濃い水色は新鮮で良いですね!

昨年の夏前ごろに日本に入荷したダークロジウム文字盤。

代わりにプラチナ文字盤が無くなってしまいました。

人気とは裏腹にまったく入荷の無い稀少文字盤として、気付けば120万円ほどにプライスアップしています。

因みに私の確認した中では昨年のファーストリリースは宝石広場で998,000円でした。

最初は国内定価以下のリリースでしたね。

ダークロジウムとブルーダイヤルの国内定価が1,188,000円、
プラチナダイヤルは1,274,400円でした。

こちらがダークロジウムの相場(価格コム)。

品薄新作人気もさることながら・・・為替、トランプ氏らの影響を受けちゃいましたね。

う~ん、素敵です。

高級感のある独特なヨットマスターロレジウムのオイスターケースに、スティールやプラチナより濃いグレーのダークロジウムがよく合いますね。

グレーの中に浮き出るティファニーブルーがオシャレさん。

このモデルを着けている人は、基本的にオシャレさんですね。

ロレックスは本当に上手ですよね。

同じようなグレーシルバーなのに、プラチナ文字盤と雰囲気が全然違います。

リファレンス 116622

プラチナ文字盤は「赤」。

ダークロジウム文字盤は「水色」。

スポンサーリンク

プラチナ文字盤は生産終了となり、これまた相場が上がっています。

一人負けだった昨年前半の相場で購入できた方はラッキーです。

こちらは生産終了したプラチナ文字盤の価格コム相場グラフ。

ドーンと上がっていますね。

文字盤以外は、ブルー文字盤やプラチナ文字盤と違いはありません。

文字盤だけの違いなんですが、やっぱり皆コレが欲しいのです。

※因みにロレックスは「ダイヤル交換サービス」を行っていますが、この文字盤の交換はまだ受け付けておりません。

文字盤交換費用でました!68,040円。

(ウォッチモンスターで交換されてる方の情報だと文字盤代と作業費で68,040円かかるそうです。)

クロマライト夜光(写真ボケボケ)。

キャリバー3135。

両方向回転のベゼルはプラチナ950製。

トリプロッククラウンですが100m防水です。

イージーリンク(約5mmのエクステンションリンク)で微調整もできる最近のロレックスのブレスレットは素晴らしい!

今年の夏にいかがでしょう?

映えるよねぇ~夏に、街に、海辺に、ヨットに、オジサンに!

潤沢に市場に出回るには、まだまだ時間が掛かるでしょう。

キャリバー3135時代には大量生産は無いかも知れませんね。

そんなプレミアムなヨットマスター。

40代のオジサンに絶対に似合います!

定価でゲットできる時は迷わずいっちゃいましょう!夏が終わって売っぱらっても大して損しませんから。

では!

ロレックス 新しいヨットマスター ダークロジウム 116622 ダークロジウム
前回の記事「ロレックス 116621 と116622 新型と新作ヨットマスターと現行モデルを堪能しよう!」から早3ヵ月。 ダークロジウム文字盤のヨットマスター116622も海外ではリリース開始しています。 オイスターパーペチュア...
[DATABASE] ロレックス ヨットマスターとヨットマスターⅡ
海の時計 ヨットマスター 外海航海のために開発されたロレックス ヨットマスターとヨットマスターⅡは、1950年代以来のロレックスとセーリングの世界との結びつきや豊かな遺産からインスピレーションを得て誕生し、セーラーたちのスピリットを体現し...
新文字盤 ロレックス ヨットマスター 116621に黒が加わったよ
OYSTER PERPETUAL YACHT-MASTER 40 とくにバーゼルワールド2017の会場で発表などはされていませんが、しれぇ~っとホームページには追加されているエバーローズ・ロレゾールのヨットマスター 116621の黒文字盤...
【レビュー】ロレックス ヨットマスターⅡ ERGロレゾール 116681
実際どうなの?ロレックス ヨットマスターⅡ ERGロレゾール 116681 レビューとレガッタ・クロノグラフの使い方 今回はレガッタ機能を搭載したロレックス第2のクロノグラフ「ヨットマスター2」のレビューです。 街中でほとんど見たこ...

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました