【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスターロレジウム ダークロジウム ダイアル

Rolex Yacht-Master 116622 Dark Rhodium

2016年の新色ダイアル、ロレックス ヨットマスターロレジウム 116622 ダークロジウム。

落ち着いたスティールグレーにティファニーブルーの秒針とYacht-Masterの文字が映える、大人格好良いモデルです。

国内定価は1,188,000円で、並行新品相場はあまり定価と変わらない状況が続いていましたが、最近のスポロレ枯渇状態からこの116622も定価以上のプレミアムモデルとなっています。

新型デイトナの陰に隠れてしまった感がありましたが、やはり格好良いので地味に人気があります。

ロレックスでどのモデルのどのダイアルが欲しい?と聞かれ、何番目に出てくるかは不明ですが、色々と比べてみると非常に魅力的なカラーリングなんですよ。

価格コムのグラフ。

ずっと120万円くらいでしたが、ここ半年で+15万円ほど値が上がっています。

店頭ではしばしば見掛けますけどね。

大体その日に売れていくのでしょう。

「デイトナありますか?」「GMTマスターありますか?」「サブマリーナーありますか?」の問い合わせは多いのでしょうが、「ヨットマスターありますか?」は確率低そうなので、狙い目かも知れません。

他のスポーツモデルより気を使うのはプラチナ素材の回転ベゼル。

その重く柔かいレアメタルがベゼルに使われていますのでキズに弱いのです。

儚さと切なさと・・・

私、クロマライトの夜光カラーだけでお酒が飲めそう。

リリース当時は「格好良いな~欲しいな~」の声が聞かれました。

しばらくしてプラチナ文字盤が消え、話題はそちらへ。

コンビネーションモデルの116621も素敵でチョコレート文字盤が大人な感じでしたが、それも今年のGMTマスター2のコンビネーションの登場で影を潜めちゃいそう。

でもね、私は思います。

新型のヨットマスターロレジウムが出るんだよ!もうすぐ。

新世代キャリバーを載せてね。

で、プラチナ文字盤が復活だ!その時ダークロジウムはどうなる?

どうなっちゃうんだ?

#ボンバーマンの日

このね、ベゼルのサンドブラスト仕上げって言うんですかね。

ザラザラした。

ここにキズが入りやすい、そして目立つ。

目盛りの鏡面になっている部分の傷も目立つ。

気になる人には本当に不向きなモデル・・・ベゼルです。

次回作ではここを改善できるか、いやいやヨットマスターロレジウムはそこありきなんだよ!ってこのままなのか。

いかがでしょうか?

サブマリーナーを高見で見るはずのヨットマスターロレジウム。

ワンランク上のマリンスポーツ用モデルです。

1999年のロレジウム誕生から、来年2019年は20周年。

何か起きるか、何も起きないか・・・知っているのはロレックスの方だけでしょう。

タイミング的には、ね。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム 2016年の新作ダイヤル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)