ロレックス GMTマスター Ref.16700 記事まとめ ZENMAI TOKYO

スポンサーリンク

Rolex Oyster Perpetual GMT-MASTER Ref.16700

ZENMAIのココ東京で書いた記事まとめです。

今回は最後のGMTマスター「I」となった リファレンス16700をまとめてみました。

ご存知の方が多いと思われますが、GMTマスターはかつて2機種販売されていました。

回転ベゼルで第2時間帯を表示させるGMTマスターと、短針独立可動で第3時間帯まで表示可能な上位機種GMTマスターIIです。

(エクスプローラーの上位機種エクスプローラーIIもGMTマスターIIと同じムーブメントを採用していた時期があります)

結果的に下位機種のGMTマスター(16700)は1999年に生産終了となりましたが、現在でも日付のクイックチェンジが可能だと言う点で支持されているモデルです。

GMTマスターブームに乗って中古マーケットでは100万円以上のプライスが付くようになっています。

1950年代から続くGMTマスターの歴史は「II」に引き継がれており、現在も青赤2トーンベゼルはアイコンとして人気を博しています。

印象に残る2トーンベゼルは愛称で呼ばれ、青赤はペプシ(コーラ)、黒赤はコーク(コカコーラ)、茶金はルートビア、青黒はバットマンなどカラーイメージのドリンクやキャラクターになぞられています。

日本では定着しないかな?なんて思ってましたが、ここ数年はほとんどの方が呼んでいるように思いますね。

恥ずかしがりやの日本人にしては、よくぞ定着したもんだ(感心)。

因みに16700には「青赤」と「黒モノトーン」のベゼルがあり、金無垢やコンビネーションモデルは存在しません。


16700のスペック

製造期間

1990年~1999年

ムーブメント

キャリバー3175

パワーリザーブ48時間

100m防水

ステンレススティール

40mm

両回転ベゼル


2016~2019の16700記事まとめ

【レビュー】ロレックス 16700 退色ベゼル GMTマスターI ペプシじゃなくてレッドブル

【レビュー】ロレックス 16700 GMTマスター トリチウム ペプシベゼル 「Iはクイックチェンジだよ!」

【レビュー】ロレックス “ペプシ” GMTマスターⅠ 16700 トリチウム シングルバックル 新作も良いけれど・・・

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.16700

ロレックス 全歴代 GMTマスターI・II 歴史と愛蔵ファイル


【レビュー】ロレックス 16700 退色ベゼル GMTマスターI ペプシじゃなくてレッドブル

スポンサーリンク

【レビュー】ロレックス 16700 GMTマスター トリチウム ペプシベゼル 「Iはクイックチェンジだよ!」

【レビュー】ロレックス “ペプシ” GMTマスターⅠ 16700 トリチウム シングルバックル 新作も良いけれど・・・

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.16700

ロレックス 全歴代 GMTマスターI・II 歴史と愛蔵ファイル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)