【時計怪獣】Salon International de la Haute Horlogerie Genève 『S.I.H.H』から気になるモデルをチェック①

ZENMAI的に気になったSIHH2018の新作その①

2018年の新作発表会の第1弾「SIHH」が始まりました。「Salon International de la Haute Horlogerie Genève」の略ですね。カルティエ率いるリシュモングループがメインの腕時計見本市。今年はどんなビックリモデルが登場するでしょうか?ジュネーブサロンからZENMAIの気になるモデルをチェックしたいと思います。

ALTIPLANO ULTIMATE CONCEPT

 (180865)

まず1本目。

ピアジェから超薄型機械式時計「アルティプラノ」の最新作で「世界最薄」となる2mmのケース厚「Altiplano Ultimate Concept」です。

 (180867)
薄い!に重きを置き、時間は見づらいな・・・

なんでしょう。

誰が求めているんだろう?

薄い=凄い
ですけど、今どき求められているのかは不明。

 (180868)

ピアジェのモットーは常に必要以上に優れていることだそうです。

うん、たしかに。

 (180869)

気付いていない人のために・・・

時計部分は12時位置です。

あとは全部駆動するための機械です。

Luminor Due 3 Days Automatic Oro Rosso – 38mm PAM00908

 (180870)

続いて2本目は人気メーカーPANERAI。

新作は新ラインのルミノール ドゥエから最小の38mmモデルです。

 (180871)

デカ厚からデカ薄になり、普通のサイズまで小さくなりました。

もうコレと言った特徴はありませんね。

いくつかリリースする42mmと38mmの新作ですが、このPAM00908は38mmのレッドゴールドケース。
 (180950)

名前は45mmですがケース径は38mm。

表示ミスかしら?

ケースバックには中国人向けに「福」の文字。

裏蓋には美しい装飾が施されています。中央には、何世紀にもわたって幸運や長寿、幸福、繁栄のシンボルとされてきた「福」(FU)の文字が取り付けられています。これは、古代から伝わる中国文化と深い関りのある、普遍的に重要な文字です。また、これはその縁起の良さとデザインの美しさから広く装飾に使われています。「福」の文字の周りには、回復や忍耐を表す梅の花と、冨を象徴する牡丹があしらわれています。

Luminor Due 3 Days Automatic Acciaio – 38mm PAM00755

 (180874)

もう1本38mmのドゥエ

ルミノール ドゥエ スリーデイズ オートマティック アッチャイオ – 38MM
PAM00755

 (180875)

723,600円が国内定価だそうです。

サンブラッシュアンスラサイトダイヤルがキレイそうですね。

 (180876)

38mmですが、リューズガードがあるのでそこそこデカイんでしょうね。

それでも女性でも着けられそう。
スーツにも良いかもね。

Luminor Base Logo 3 Days Acciaio – 44mm PAM00773

 (180878)

同じくパネライから。

ルミノール ベース ロゴ アッチャイオ – 44MM
PAM00773

 (180956)

自社製の手巻きメカニカルムーブメントP.6000 キャリバーが搭載された6機種。

顔はPAM00000などに似せていますが自社製のムーブメントで復刻です。

 (180879)

PAM773の国内定価は550,800円とリーズナブルに抑えてきました。

ETA(ユニタス)使用モデルは生産終了なので、希少性は出ないまでもファンの喘ぎが聴こえそう。

3日巻の手巻きモデル、新定番となるのでしょうか?

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/qarsG

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)