【黒サブ】ロレックス 16613 サブマリーナーデイト トリチノバ YGロレゾール 40mm Cal.3135

スポンサーリンク

Rolex 16613 Submariner Date Black Steel & Gold

今回はイエローゴールドとスティールのコンビネーション「イエローロレゾール」のサブマリーナーデイト Ref.16613「黒サブ」です。

同時期に活躍した「青サブ」の陰に隠れていた渋いコンビサブで、好きな人には熱烈に愛されていると思います。

黒に金。間違いないですよね。

さて、5桁のサブマリーナーデイトには新旧ありまして、区切りはおよそAシリアルあたり。

ブレスレットが更新され、フラッシュフィットの形状やバックルで見分けができるんですけど、ご存知でしょうか?

こちらは旧タイプ。

パッと見の真正面画像は新も旧もわかりません。

良く見ると、フラッシュフィット(時計本体とブレスレットをつなぐパーツ)に段があるのがわかるでしょうか?

コレだと古いんです。

バックルもスティールオンリーでなんかダサい。

逆に枯れ専には好まれるヴィンテージ感ですけどね。

旧タイプにはブレスレットナンバー93153が、Aシリアル以降の新タイプには93253が装着されています。

バックルにもゴールドが使用されている方がリッチな感じがしますから。

折角のロレゾールなんですから高級感は欲しいですね。

Chrono24を覗いてみました。

付属品や状態なんかで結構上下しますが20年落ちの個体なら100万円以下で見つかりそう。

まぁ、旧タイプの方が安いなら、それはそれで良いのかも知れません。

40mm、300m防水、Cal.3135。

新でも旧でもスペックは同じ。

オジサンになって見てみるとコレはコレで格好良いんだよな。

やはり黒に金はよく合います。

で、よく見るとトリチウムのTの文字があるんですけど・・・

光っちゃう。

実際はルミノバ夜光って言うね、Uシリアルによくある「トリチノバ」ってタイプです。

この時期だけの珍しい仕様なんですけど、あまり好まれてない様子。

完全にトリチウム夜光の方が良い!って方や、ルミノバ夜光なら新タイプのブレスレットが良い!って方が多いのでしょう。

サイドビュー。

歴戦の勇者のようにキズ跡が無数に。

誇らしくも感じますが、キズは少ない方が価値は高いはず。

ケースサイドの穴(ラグの横の穴)もセミビンテージ感が漂います。

ケースの厚みは約13mm。

堅牢な防水時計なので仕方ありません。

金を使っていますが、スカスカの中空タイプで重くはありません。

約140グラムですのでフィットさせていれば私の様な細腕のオジサンでも1日耐えうる重さですね。

コレ着けて潜る人は少ないでしょうけど、ダイバースーツを着ていても瞬時に対応できるエクステンションパーツ付き。

視認性の良い夜光インデックス。

スポンサーリンク

黒文字盤にはゴールドレター。

遠目で見ると見づらいけどね。

金の針、金のインデックス。

格好良いな。

ベゼルもリューズも金です。

豪華。

フラッシュフィットの段。

こまかい部分ですけど、たったコレだけで全体的な高級感に差が出ます。

打った傷跡。

 

長く使ってれば仕方ありませんし、何度も何度も研磨は出来ません。

私はあまり気にしませんが、売却する際にはチェックされちゃいます。

いかがでしょうか?

次世代機のサブマリーナーデイトが誕生すれば、旧モデルから旧々モデルになります。

よりセミヴィンテージへと足を踏み込みますし、Uシリアルの特徴でもあるトリチノバなんて10年後20年後には評価されちゃっているかも知れません。

現時点では新タイプのバックルの方が人気ですけど。

キズが少なくブレスレットのヨレも少ないグッドコンディションのグッドプライスな個体に出会えましたら、是非1度手に取って見て下さい。

意外に渋い。

そして案外格好良い。

そりゃ6桁の方が高級感があって素敵かも知れませんが、どことなく哀愁漂う5桁「黒サブ」オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 16610 と16613 全然マダ買える5桁スポーツモデル

【レビュー】ロレックス 16613 サブマリーナーデイト “黒サブ” 40mm SS/YG

【レビュー】ロレックス 青サブパープルダイヤル 16613 バイオレットの花言葉は「控えめな愛」

【レビュー】ロレックス 16613 ヴァイオレット サブマリーナー “Tropical Violet” パープル+ゴールド

【レビュー】ロレックス 16613 サブマリーナーデイト “青サブ”

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス 16613 サブマリーナーデイト “黒サブ” 40mm SS/YG

スポンサーリンク

Rolex 16613LN Submariner Date Steel & Gold Black Bezel & Dial

さて、大晦日です。

1年お疲れ様でした。

家族とテレビを見て過ごす方、イベントに参加される方、みなさんの年越しはどんな感じでしょうか?

今回は先日に続き16613ですね。

黒文字盤・黒ベゼルのロレゾール「黒サブ」を見ていきます。

40mm、300m防水、Cal.3135。

こちらの個体は2007.8年頃の製造の高年式。

ルーレット刻印ありです細かいスペック的には16613最高の条件です。

Chrono24を覗いてみました。

高年式と言ってもさほど中古の価格差はありませんね。

条件は個人個人好みが違いますので一概には高い安いはありませんけど。

ブラックにゴールド。

高級感があります。

格好良いですね。

青サブとは違う大人ダンディー。

16613はルミノヴァ夜光でストップ。

次世代機の116613からクロマライト夜光にチェンジです。

サイドビュー。

高年式はラグサイドに穴が開いていません。

スチール&ゴールドのダイバーズバックル。

エクステンション付き。

重さは約144グラム。

黒に金。

このカラーの組み合わせは何でも格好良いんでしょうね。

針がシャープ。

スポンサーリンク

ベゼルはアルミ製なのでキズが付きますね。

交換はできます。

#ボンバーマンの日

18K製のクラウンとベゼル。

2000年くらいを境にブレスレットが新型に変更。

ナンバー93253。

画像をお借りしてきましたが、90年代はバックルだけスティールオンリーでちょっと悲しい。

これは長く使えるグッドモデル。

歳を重ねるたびに似合ってくると思う。

うん、いい。

40代以上のダンディーパパにも、コレから頑張っていきますよって言う30代の社会人にもフィットします。

いかがでしょうか?

約20年もの期間製造されてきたサブマリーナーデイトのリッチモデル。

やや青サブに人気は押され気味かもしれませんが、シンプルにリッチに長く着けるにはブラック&ゴールドの方が良いと思います。

ファッション的にも合わせやすいし。

今では100万円以下では買えないようですので、どうせなら116613LNでも良かったり、その辺は人それぞれ。

そしてその116613LNもキャリバーチェンジがそろそろありそう。

また新しいサブマリーナーデイトが2020年に見れるかも知れません。

来年は東京オリンピックもありますし、いろいろ楽しみな令和2年となりそうです!

それではまた来年!

ありがとうございました。

【レビュー】ロレックス 16613 サブマリーナーデイト “青サブ”

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス 16613 サブマリーナーデイト “青サブ”

スポンサーリンク

Rolex Submariner Date 16613 Blue Two Tone Steel Gold

今回は5桁の「青サブ」16613です。

20年間ちかい製造期間がありますので、期間中のバリエーションが幾つもあり、バイオレット(パープル)やトリチウム夜光、新フラッシュフィット、ラグの横穴なし、ルーレット刻印ありなどなど中古相場もさまざま。

私は発色の奇麗な後期型が好きです。

うん、格好良い。

40mm、300m防水、Cal.3135。

この個体は2000年前後に作られたもので、ルミノヴァ夜光に新しいフラッシュフィット、ルーレット刻印は無く、ケースラグの横には穴があり、クリスタルには王冠レーザーマークがありません。

Chrono24を覗いてみました。

同年前後の製造個体で絞ってみましたが、中古マーケットでは100万円から・・・

なかなか高いですね。

90年代2000年代は「青サブ」は本当に人気モデルでした。

グリーンサブが登場後もしばらくは、サブマリーナーの人気モデルと言えば青サブとノーマル16610でしたね。

6桁に変わってからグリーンサブが1番人気に躍り出たような気がします。

なかなか使用しないゴールドとブルーの組み合わせが「特別感」を感じさせるスペシャルなモデルでした。

当時はスポーツモデル=「武骨」なイメージがある中、青サブには「オシャレ」さがあり、ヨットマスターロレジウムと共に「高級感」を楽しめるモデルで、大人な方々に評価されていたように思えます。

青がキレイなんですよ。

サブマリーナーなので少し重め。

約150グラム。

サイドビュー。

ベゼル、クラウンはK18製。

ケースサイドにはブレスレットをつなぐ横穴が。

そしてダイバーズバックル。

エクステンションはスティールですが、コマには調整用でもK18が使われています。

豪華。

古めのブレスレット93513はバックルはスティールだけなんてのでした。

90年代のはだいたいソレ。

寄ってみます。

ややぷっくりしたゴールドレター。

青に金って合いますね。

キャリバー3135はクロノメーター。

と、言うよりサブマリーナーの上位機種のデイトはすべてクロノメーター。

#ボンバーマンの日

金なので摩耗して交換するリューズ(クラウン)の料金は高いでしょうね。

維持費がスティールのそれとは違います。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

今の6桁マッチョに比べると、華奢で繊細・シャープな5桁な青サブ16613。

素敵です。

バリエーションも好みは人それぞれ。

気になる方は、色々見比べて見た方が良いかもですね。

100万円以下で保証書が付いていたらオススメです。

最近のイエローゴールドからエバーローズゴールドへの切り替わりブームや、キャリバー3235に変わったら「青サブ」が無くなっちゃうかも知れません。

無くなっちゃったら相場は上がるかもね。

なんちゃって。

それではまた!

【レビュー】ロレックス 116613LB “青サブ” ロレゾールサブマリーナー・ブルーセラクロムベゼル

【次はコレか?】ロレックス サブマリーナーカラーズ 116613LB「青サブ」/ 116610LV「グリーンサブ」の行方

【レビュー】ロレックス 16613 ヴァイオレット サブマリーナー “Tropical Violet” パープル+ゴールド

【レビュー】ロレックス 青サブパープルダイヤル 16613 バイオレットの花言葉は「控えめな愛」

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 16610 と16613 全然マダ買える5桁スポーツモデル

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 16613SG 青サブロレゾール 3Pサファイア 8Pダイヤ

 

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス 16613 ヴァイオレット サブマリーナー “Tropical Violet” パープル+ゴールド

スポンサーリンク

It really turned purple.

パープルダイアルとかヴァイオレットとか呼ばれる紫色の「青サブ」16613。

最近人気の様です。

もっと古い16803からもあるし、ルーレット刻印のある近年のものにも見られるそうです(見たこと無いけど)。

経年劣化の要素もあるんでしょうけど、実際のところはヴァリエーションの1つとしてわざとロレックスが作っているような気もします。

トロピカルなのかな~、本当に。どう思います?

画像の取り方でも紫色の度合いが変わってしまいますが、この個体はけっこうパープルしています。

トリチウム仕様なので針やインデックスが変色してきたらトロピカル度も上がることでしょう。

Chrono24を覗いてみます。

ただの青サブに比べるとパープルダイアルは1割増しくらいの相場となります。

最近では100万円以下でヴァイオレットを見る機会が減ってきましたね。

キレイな紫色。

ゴールドレターが映えます。

ムラがあったりしないので、きっとロレックスの仕業なのだと思っています。

青から突然こんな色に変化するなんてことあるんでしょうか?

なんとなく16808の頃から仕込まれていたような気がしませんか???

やはり青サブ格好良いな~。

現行機の116613LBも素敵です。

青と金、なかなか合わなさそうですが上手くダイバーズウォッチに落とし込みましたよね~。

さすが!

以前、アラブ系のオーダーでイエローゴールド無垢のサブマリーナーに青を使ったのがキッカケと聞いたんですが本当ですかね。

紫色がキレイに見えるモデルは大抵古いものが多く、ラグの横の穴もその1つの特徴です。

ストラップ交換は容易ですが、高級感は無くなります。

そしてこのゴールドを使用しないバックル・・・

スポンサーリンク

コレがね~ちょっとダサい(笑)

Aシリアルくらいまでずっとこのスティールバックルでした。

ブレスレットナンバーは93513。

末尾の3はイエローロレゾールのことです。

2000年代ではこんなに紫色になっているものは多くなかった気がしますけどね。

青サブ人気で多くのお金持ちが着けていたイメージです。

ロレゾールのデイトナ(16523)より人気ありましたよね。

皆さんの青サブはどうですか?

パープルに変色しています?

いかがでしょうか?

意外と答えの見つからないバイオレットサブマリーナー16613。

最初から、新品でショーケースに並んでいた頃から紫色の文字盤だったんじゃないの?

急に変わったの?

観察記録とか・・・取っている方いらっしゃいませんかね?

気になって夜も眠れません・・・寝ますけど(ナンナンダ)。

とにかく・・・パープルは人気モデルとなっています。

中でも横穴無しゴールドの入ったバックル、更にはルーレットまである16613のパープルは激レアの様なのでチェックしてみてください!

それではまた!

【レビュー】ロレックス 青サブパープルダイヤル 16613 バイオレットの花言葉は「控えめな愛」

【レビュー】ロレックス 16808 フジツボダイヤルのゴールド青サブマリーナー 80年代のセミビンテージロレックス

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス 青サブパープルダイヤル 16613 バイオレットの花言葉は「控えめな愛」

スポンサーリンク

ROLEX 16613 SUBMARINER VIOLET DIAL SS YG

今回はロレックスの人気モデル・大人ダイバーウォッチ「青サブ」から、”Tropical Violet Purple Dial”なんて非常に魅力的に聞こえる文字盤を持つモデルを見ていこうと思います。

画像の個体は90年代初期の16613ですが、遡ると80年代の16803、16808にも見られるパープルダイヤル(ヴァイオレットダイヤル/バイオレットダイヤル)仕様。

更に古めのニップルダイヤルでも紫色を見かけます。

それにしても美しいムラサキですね。

バイオレットはスミレのことですね、スミレの花~咲く~頃~♪のスミレです。

スミレ色や藤色はもう少しキレイな青紫のような気もしますので「グレープ」とか「アメシスト」とかでも良かった気もします。

「すみれいろ」の画像検索結果

これがすみれ色だそうです。

「藤紫(ふじむらさき)」の画像検索結果

藤も薄いな。

「紫紺(しこん)」の画像検索結果

こんなのに近いか。

もういいや。

はい、では見ていきます。

S5シリアルの個体です。

販売スタンプは94年でした。

経年劣化で紫がかっているとの記載を見ますが、どうなんでしょう?

明らかに「青」ではなく最初からだったんじゃないかな?

とは言え、確かにもっと前にはこんなに紫のは無かったかな?とも思います。

難しいですね。

過去の雑誌(90年代)にも記載などがなく、いつからあるのかわかりませんでした。

WATCHMONSTERの記事で見かけましたが、バイオレットダイヤルは「1000Ft=300m」の「0」が「O(オー)」の様に丸い特徴があるそうです。

たしかにほっそりはしていないな。

Xシリアルの黒サブ16613の0はスリム。

16613SGの1000Ft=300mの0はややスリム。

そんなにパープルダイヤルになっていないS8シリアルの個体はスリムな「0」

やはり後年のP8シリアルも0はスリム。

まぁ、幾つかある文字盤製造工場の一部の「環境・素材」などが影響している可能性は考えられますね。

デイトナのブラウンアイやアイボリーダイヤルなども同じ理由でしょう。

溝ありスティールバックルと呼ばれます(フリップに2本の溝があるので)。

ベゼルのブルーと明らかに色味が違います。

巨峰味のグミみたい。

青から紫に変色する際にグラデーションになることはないのかな。

アジサイやアサガオみたいなバリエーションになったら楽しいですね。

90年代はラグ横穴が特徴です。

年式の割にケースエッジがしっかりと立ちバキバキです。

クラスプコードはR。

ブレスレットは93153 (93153-18)。

末尾の3がイエローロレゾールで、-18は18Kのことですね。

スポンサーリンク

93153からバックルに金が入る93253(FF一体型)に切り替わるのは2000年頃。

このあたりのモデルもプレミアム価格がつくようになってきましたから、買うのであれば保証書付きがオススメです。

ブレスレットも伸びの無いものを探したいですね。

変色だと仮定しますと・・・

青→青紫→紫となると、次はどんな色合いになるのでしょう。

関連画像

こちらは前作16808です。

紫の次はトロピカルゾーンの茶色になるんですね。

ちょうどブドウが痛んできた感じです。

やっぱりバイオレットではなくグレープなんじゃないかな?

「16808 tropical」の画像検索結果

凄いなこりゃ・・・

「16808 tropical」の画像検索結果

こんな感じにもなっちゃうんですね。

私はこのくらいの時期が一番の食べごろ・・・じゃない、一番の雰囲気なんだと思います。

今が旬!

段々と数が無くなりつつある5桁スポーツモデル。

2000年前後の4桁スポーツモデルと同じ状態になってきています。

「ある」うちにゲットしておかないと無くなってしまいます。

あんなに安かった4桁スポーツも今じゃ100万円以下で選べるものが少なくなってきています。

少し変わったモデルなら尚更。

重い腰を上げて、手の届くうちにどうぞ!

因みにスミレの花言葉は「控えめな愛」とかそんな感じですが、このバイオレットは全然控えめなじゃないですね(笑)

自己主張が強いな。

ではまた。

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 16610 と16613 全然マダ買える5桁スポーツモデル

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 16613SG 青サブロレゾール 3Pサファイア 8Pダイヤ

【レビュー】ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

ロレックス 全歴代 サブマリーナ 歴史と愛蔵ファイル

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス サブマリーナー 16610 と16613 全然マダ買える5桁スポーツモデル

スポンサーリンク

Rolex BlackDial 16613 Submariner Steel & Yellow Gold-16610 Submariner Steel

ロレックスの5桁スポーツモデルは軒並み値上がっておりますが、色々頭打ちになってきたようにも思えます。

グリーンサブ16610LV、シード16660、GMT穴無し16710、エルプリ16520、ペプシ16710・16700・・・・どれも高騰しました。

上がっていないのは14270、16570、16622、14060、そして16610ですね。

今回はロングセラーなのに人気バリエーションがあまりなく数が多いため値段が上がらない16610と、青サブがあまりにも有名でその陰に隠れている16613を見ていこうと思います。

普通にどちらも格好良いですよね。

ほとんど60年以上前からデザインが変わらないロレックスと言えばこのモデル「サブマリーナー」。

黒いダイヤルに黒い回転ベゼル、視認性の高いドットインデックス、シンプルで武骨でプロツール感があります。

イエローゴールドを使用した16613はワンランク上のラグジュアリーなサブマリーナー。

金色の黒はよく合います。

16610から見ていきましょう。

値段が上がらないとは言え50万円台では買えなくなったサブマリーナーデイト。

国内定価は588,000円が最後でした。

1990年頃にリリースされ2010年に後継機116610へとモデルチェンジしました。

武骨なダイビングウォッチで、サブマリーナースティールの上位機種ですが現行モデルのように煌びやかさはありません。

キズに強いサテン仕上げと、しっかり作りこまれたケースとブレスレットは50年以上の耐久性があります。

14060(ノーデイト)の上位機種でありクロノメーターとデイトを有し、デイトナ・エクスプローラーⅠに次ぐ人気機種で、出回りは1番多く感じます。

S1番台なので94年頃に製造されていたと思います。

購入は95年1月元旦、香港ですか・・・本当か?

香港は春節がお正月なのですが、イギリス領時代なのでHAPPY NEW YEAR SALEでもしてたのかな?

20年以上経っていますが古臭さはありません。

ピタTとかフェミ男くんとか流行っていた時代のちょっと前ですかね?

あの頃流行っていたファッションはもう古臭いですよね。

5桁までの良さは「高級感」ではないので、きっとセレブリティは見向きもしないでしょうね。

高くなかったし。

こちらは大きいシードゥエラーの126600と現行サブマリーナーデイト116610LN。

セラクロムベゼルやボリュームアップしたケースが高級感を演出していますね。

値段も跳ね上がりました。

リーバイス501、リバースウィーブ、レッドウイングなんか好きだったアメカジおじさん。

パタゴニアレトロX、グラミチクライミングパンツ、ビルケンシュトックが好きだったアウトドアおじさん。

サーファーも丘サーファーもみんな5桁サブマリーナーが大好きです。

では、今購入するのであればどの辺を狙っていくべきでしょうか?

2010年頃まで作られていましたのでランダム番が最終でしょう。

1.高いけどレア度の高いランダムを狙う

2.ルーレットの入った2007年以降のものを狙う

3.オールトリチウムの1997年くらいまでのものを狙う

こんな感じですかね?

2004年ころからのラグ横の穴が無いものも悪くないです。

90年代でトリチウムから交換されちゃったのが1番いらないかも。

まぁコレなんだけどね(笑)

さすがにガンガン使った個体だと文字盤や針に劣化が出てきます。

もちろんケースやブレスレットにもですね。

このように94-95年製なのにルミノヴァ夜光ですよ。

ブレスレットは交換されていなかったのでクラスプコードはTになります。

で、ヨレヨレ。

だいぶ使い込んだな。

ポリッシュでケースが少し痩せています。ラグ横の穴がケースのラインギリギリ。

5桁4桁のスポロレは5回も磨けないそうですね。

それでも頑丈だから壊れることは少ないのです。そこは流石。

ヨレヨレのダラダラ。

隙間が空いてしまうほど・・・。

 

こんな状態でも50万円以上です。

カシャカシャですし、トリチウムでもなくなっていますが。

少しづつ直しながら使っていく「ツール(道具)」っぽさが、このボロボロ時計の良いとこだと思うんですよね。

無口な職人が直しながら直しながらず~っと使っていくって漢字がして格好良い(むりやりだな)。

トリチウムだ!オリジナルだ!ノンポリだ!保証書だ!なんて細かいことばかりに気を使って大事に大事に使うのも良いですが、ガシガシ使ってキズなんてドンと来い!って言うのもアリなんです。

リセールを気にしないこと前提ですけどね(笑)。

スポンサーリンク

お次はハイクラスなサブマリーナーデイト 16613。

昔は「ロレゾール(コンビ)」は、SSでも金無垢でもない中途半端な存在だな~なんて思っていました。

でもオッサンになると、なるほど「金も良いよね」って感覚がわかります。

と言っても「無垢」は高いし、そもそも着けにくい。

しかしスティールってのもな~、って中年男性のニーズにはピッタリです。

イヤらし過ぎず、歳相応感もある。

 

しかし16613には「青サブ」なる「イカした伊達モデル」が存在します。

そのためか黒のロレゾールサブマリーナーはあまり人気が無かったイメージがあります。

どのくらい差があったのかなんてデータはありませんので私感ですけどね。

 (93708)

いや~どうです?

このラグジュアリー感。

黒じゃこうもいかないですよね!(GMTマスターは黒ですけど)

少し地味に見えますが、文字盤もゴールドレター仕様に。

こちらはまだトリチウムですので、今後徐々に焼けて金色のフレームにクリーム色の夜光と言う魅力的な組み合わせになるのでしょう。

ケースバックより気になるのはバックルに「金」が入ってないことですよね。

旧バックルと呼ばれる93153はバックルにゴールドが無く、フラッシュフィットも一体型ではありません。

フラッシュフィットは401B。

ラグジュアリーダイバーですがエクステンションパーツもちゃんとあります。

これ着けてダイビングする人いるのかな?

 

クラスプコードはR。

シリアルはX。

少しズレがありますね。

先の16610より古いですが、あまり酷使されていないのか状態は悪くありません。

ケースラインもしっかりエッジがあり痩せていませんし、ブレスレットもヨレがなくしっかりしています。

もちろんブレスレットの中央パーツは18K。

「中空」と呼ばれ隙間が空いていますので軽く現行品より金の使用量は少ないです。

コレがねぇ~。唯一ねぇ~気になりますよねぇ~。

後継ブレスレットの93253の方が人気があります。

A番以降に付いているのかな?

    

でもホラ、格好良いでしょ?

コッチの面は何の問題もありません。

黒×金はエクザイルも大好き(関係ないですね)

青サブと区別するため「黒サブ」なんて呼ばれることもありますが、SSも黒サブじゃないのか?と言う疑問は置いておきます。

いやいやコンビって言ったら「青サブ」でしょ?って方にもオススメしたい。

今後じんわり値が上がってくると思いますよ~。

今は保無し旧バックルは60万円台後半~75万円くらいですかね?

保ありで+1割増し。

100万円オーバーになる前に押さえておきたいモデルです。

ならないかな?(笑)

と、言うことでマダマダ比較的安く買える5桁スポーツモデル。

16613と16610でした。

最安スポーツは14270が30万円台後半から114270、16570、16610/14060、14060M、16622・・・となっていきます。

ロレックス投資なんて言葉がありますが、中古で保証書ありを買っておけば・・・

なが~く使っていても買ったときと然程変わらず売却出来たりと、銀行に預けておくよりも良いんじゃなかろうかと思うのです。

リセールを意識しつつ機械式時計を楽しむ。良いんじゃないでしょうか?

壊したり無くしたら意味ないけどね(笑)

現行モデルじゃなかなかうまくいかないでしょうけど、高騰している5桁ならね(頭打ちのような気もします)

【レビュー】ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

【レビュー】ロレックス グリーン サブマリーナー 116610LV 翠玉色の潜水士

ロレックス サブマリーナー 16610LV M番 2008(息子のバースイヤーウォッチ)

【レビュー】グリーンサブ 16610LV ビッグスイス ファット4 ライムグリーンベゼル Y番


#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share