【レビュー】オーデマ・ピゲ 15500ST.OO.1220ST.02 新しいロイヤルオーク 2019年新作

スポンサーリンク

Audemars Piguet NEW Royal Oak Slate Grey Dial 41 mm 15500ST.OO.1220ST.02

自動巻きキャリバー4302へムーブメントを変更した新しいロイヤルオーク41mmです。

2019年の新作となるCODE 11.59も同じムーブメントを採用しています。

文字盤デザインも変更されました。

6時側に記載が無くなり、なんだか少し物足りない気もしていましたが、実際に手に取るとそんな些細なことは気にならない圧倒的なオーラを感じます。

15300から15400へと変わった時にも感じた「高級感」が更にパワーアップした感じですね。

今回は新色のスレートグレーダイヤルを見ていきます。

国内定価は2,160,000円。

スティールのロイヤルオークが人気があり過ぎて、正規店店頭では買えません。

パテックフィリップやロレックスのスポーツモデルと同じですね。

以前は予約もできたロイヤルオークですが、ここ数年は特別なことが無い限り予約も難しいでしょう。

国内の2次流通品を見てみます。

中野ブロードウェイのかめきちに新品未使用品が掲載されています。

約300万円・・・

国内定価よりも80万円も高い・・・ひゃ~。

Chrono24を覗いてみます。

国内ほどではありませんが、やはりプレミアムプライス。

上が15500ST、下が15400ST(ルテニウムグレー)。

ムーブメントが変わったことでカレンダーの位置も変更です。

文字盤の縁が広くなり、大きく見えるようになりました。

ケース径自体は41mmのままです。

蓄光処理を施したホワイトゴールドのアプライドアワーマーカー。

ルミノヴァ。

格好良いです。

結構薄いので軽いかな?なんてイメージですが、ズッシリさん。

しっかした作り込みである程度の重量は仕方ありません。

ケースの厚さは10.4mm。

15400STは9.8mmでしたのでやや厚みが増しました。

APフォールディングバックル。

15400STと見た目の違いはありません。

シースルーバックのガラス面が大きくなりました。

こちらが15400ST。

結構違います。

スポンサーリンク

寄ってみます。

カクっとした切り口ですが、仕上げされ指で触れても痛くありません。

グランド・タペストリー模様のスレートグレーダイヤル 。

この直線的なデザインがたまりません。

クラウンの仕上げが変わりましたかね。

なんかマット感が強い・・・

逆サイド。

ブレスレットの仕上げも堪能しましょう。

小さいパーツ1つ1つの角が処理されています。

ブレスレットのサイド面。

ネジ。

 

こちらはシースルーバックから覗く自動巻き自社製キャリバー4302。

いかがでしょうか?

新しい、また高級感の増した新型ロイヤルオーク。

やはり素敵です。

パワーリザーブも70時間と延び、更に使いやすくなっています。

美しく、そして堅牢で日常使いに耐えうるオーデマピゲのラグジュアリースポーツ ロイヤルオーク 15500ST。

買うならブティック限定カラーのブルーだ!いやいや飽きのこないブラックだ!新色のスレートグレーだ!と好みが分かれるかと思いますが、正規店で買えれば「どれ」でもラッキーです。

以前は定価以下で買えたのに、人気っぷりが凄いことになっていますね。

ロイヤルオークは欲しいけど、ベゼルなどに傷が付くと気になっちゃうので、私には無理だな。

価格的にもね。

大切にキレイに使える方向け。

それではまた!

2020.03

シルバーダイアル復活です。

15500ST.OO.1220ST.04

2,365,000円。

 

【2019年新作 レビュー】オーデマ・ピゲ 15500ST.OO.1220ST.03 黒文字盤 ロイヤルオーク 41mm

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク41mm 新旧比較 15400STと15500STの違い

スポンサーリンク
SNS Share

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク41mm 新旧比較 15400STと15500STの違い

スポンサーリンク

Compare with Audemars Piguet Royal Oak 15500ST & 15400ST

2012年にリリースされた大型41mmのオーデマピゲ ロイヤルオーク オートマチック 15400ST系。

39mmから2mm大きくなり、更に煌びやかにラグジュアリー感がアップしたので賛否両論となりましたが、それでもブティックでは商品が並ばないほどの人気モデルとなっていますね。

そして今年2019年にリリースされる新型41mmの15500ST系。

新しいムーブメントを搭載します。

今回は現在出ている情報を見ながら、何が変更になったのかチェックし比較してみたいと思います。

15400STでは新カラーのルテニウムグレーダイヤル含め全4カラーですが、新作の15500STではブラック・ブルー・スレートグレーの3カラーのラインナップとなっており、ホワイトシルバーダイアルがありません。

4カラーの中でも市場相場が1番低いからですかね?

そんな理由で作るの止めるかな?

オーデマピゲのロイヤルオークページです。

15400STと15500STは併売されるのでしょうか?

15400STには生産終了の文字が見当たりません。

 

■文字盤のカラー

ブラックダイアル

15400ST.OO.1220ST.01の国内定価は 1,998,000円(17,800USドル)

15500ST.OO.1220ST.03の国内定価は未確認(19,200USドル)ですが恐らく2,158,000円あたりになるかと思います。

※ニアピンでした(笑)・・・国内定価は¥2,160,000-

ブルーダイアル

15400ST.OO.1220ST.03 定価は同じ。

15500ST.OO.1220ST.01

共にブティック限定モデル。

WEB上の確認ですが、青みが少し変わったように見えますね。

15300STと15400STでかなり違いましたので、実物を確認してみたいです。

グレーダイアル

15400ST.OO.1220ST.04 ルテニウムカラーのグレーダイヤル 定価は同じ。

15500ST.OO.1220ST.02 スレートグレーダイヤル

こちらは結構はっきり変わりました。

スレートグレーは落ち着いた色味で大人な雰囲気を醸し出してます。

シルバーダイアル

15400ST.OO.1220ST.02 定価は同じ。

初回ラインナップでは15500ST系で採用されませんでしたが、爽やかな印象があるシルバーホワイトはいづれ何処かのタイミングでリリースされるのではないでしょうか?

シルバーカラーファンの皆様、期待して待ちましょう。

 

■ムーブメント

今回の注目ポイントはやはりムーブメントでしょう。

CODE 11.59で採用された新型自動巻きキャリバー4302を、こちらの新型ロイヤルオークでも搭載してきました。

28800振動になった少し大きめのムーブメントで、パワーリザーブも70時間に延びています。

替わりに「薄い」ことは捨て、ケースが少しだけ厚くなりました。

15400ST系キャリバー:自社製自動巻 キャリバー3120

直径:26.6ミリ MM (11¾ Lignes)

バランスホイールの振動数:3.00 Hz (21’600振動/時)

回転ローターの種類:22Kゴールド製

石数:40

スパイラルの鋲ホルダーの種類:ネジ留可動式プロット

パワーリザーブ:60 時間

スパイラルの種類:偏芯錐型テンプ

自動巻の方向:双方向

部品数:280

機能:時、分、センターセコンド、デイト表示。

時刻をセット中はテンプが停止。
セラミックボールベアリングを採用したセンターローター。
ブリッジの斜角はダイヤモンド研磨。
ブリッジに反転コリマソナージュ装飾。

15500系キャリバー:自動巻き自社製キャリバー 4302

直径:32 MM (14 Lignes)

バランスホイールの振動数:4 Hz ( 28,800 振動/時)

石数:32

パワーリザーブ:70 時間

部品数:257

機能:時、分、センターセコンド、デイト

 

■ケースの違い

15400ST系ケース:ステンレススチールケース、反射防止加工サファイヤガラスとケースバック、ネジ込み式リューズ

ケース幅:41 MM
ケースの厚さ:9.8 MM
防水性:50 M

15500系ケース:ステンレススティールケース、反射防止加工サファイアガラスとケースバック、ネジ込み式リューズ。

ケース幅:41 MM
ケースの厚さ:10.4 MM
防水性:50 M

数字上の違いは厚さのみですが、実機に触れることで違いがもっとあるかと思います。

0.6mm厚くなることで、さらにボリューム感が増すと思いますので、私の様な華奢な腕の方には更に似合わなくなるかも知れません(´;ω;`)

 

文字盤
「グランド・タペストリー」パターンのブラックダイヤル、ホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針、ルミネサント加工

ブレスレット
ステンレススチールブレスレット、APフォールディングバックル

文字盤
「グランド・タペストリー」模様のブラックダイヤル、蓄光処理を施したホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針。

ブレスレット
ステンレススティールブレスレット、APフォールディングバックル。

文字盤
「グランド・タペストリー」パターンのブルーダイヤル、ホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針、ルミネサント加工

ブレスレット
ステンレススチールブレスレット、APフォールディングバックル

文字盤
「グランド・タペストリー」模様のブルーダイヤル、蓄光処理を施したホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針。

ブレスレット
ステンレススティールブレスレット、APフォールディングバックル。

文字盤
「グランド・タペストリー」模様のルテニウムカラーのグレーダイヤル、ホワイトゴールド製アプライドアワーマーカーと蓄光処理を施したロイヤルオーク針。

ブレスレット
ステンレススティールブレスレット、APフォールディングバックル。

文字盤
「グランド・タペストリー」模様のスレートグレーダイヤル、蓄光処理を施したホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針。

ブレスレット
ステンレススティールブレスレット、APフォールディングバックル。

文字盤
「グランドタペストリー」文字盤、ルミナス加工ホワイトゴールドアプライドインデックスとロイヤル オーク針

ブレスレット
ステンレススチールブレスレット、APフォールディングバックル

新作もシースルーバックの様です。

 

■文字盤の違い

左が15400ST系、右が新作の15500ST系です。

ハッキリとわかる違いは、

スポンサーリンク

①APのロゴが15400ST系は小さく、15500ST系は大きくなっています。

②デイト窓が15400ST系が中央寄りに対し、15500ST系はベゼル側(外側)に寄っています。(15500STは3時位置のインデックスが無くなりました)

③インデックスは15400ST系は細長いのに対し、15500ST系は丸みがあり太く短く視認性が上がっているように見えます。

④AUTOMATICの文字が15500ST系にはありません。

寄ってみると、文字盤とケースのフチに一段アワーマーカーのインナーベゼル的な段が見えます。

針の夜光塗料も太めになっているみたいです。

タペストリーの数は同じ。

左に15500ST系、右に15400ST系で合わせてみました。

インデックスの長さ、APロゴの大きさの違いがわかります。

デイト窓の位置。

上が15500ST系、下が15400ST系。

ムーブメントが大きくなりカレンダーディスクの配置が外側になったんですかね。

上が15500ST系、下が15400ST系。

APロゴは大きい方が格好良さそうですね。

もう少し詳細がわかりましたら追記していきます。

15400STはやはり普通に生産終了。

2019年は15500STは3カラー展開です。

 


2020.03

シルバーダイアル復活です。

15500ST.OO.1220ST.04

2,365,000円。

 

 

【2019年新作 レビュー】オーデマ・ピゲ 15500ST.OO.1220ST.03 黒文字盤 ロイヤルオーク 41mm

【レビュー】オーデマ・ピゲ 15500ST.OO.1220ST.02 新しいロイヤルオーク 2019年新作

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ 26522CE.OO.1225CE.01 ロイヤル オーク ・トゥールビヨン・エクストラ シン ブラックセラミック 100本ブティック限定

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ 26331BC.GG.1224BC.01 ロイヤル オーク ・フロステッドゴールド・クロノグラフ ブティック200本限定モデル

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ 38mmのロイヤル オーク ・クロノグラフ 全4モデル

SIHH2019新作 ロイヤルオーク 15202BC.OO.1240BC.01 “ジャンボ” エクストラ シン 75本ブティック限定モデル

SIHH2019新作 ロイヤル オーク ・ダブルバランスホイール・オープンワーク ホワイトゴールド3モデル

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ 15500ST.OO.1220ST.01 ロイヤルオーク 新型41mm ブティック限定ブルー文字盤 ¥2,160,000-

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ44mm 全4モデル

SIHH2019新作 CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ 15210BC.OO.A321CR.01 ブティック限定ブルー文字盤

スポンサーリンク
SNS Share