【レビュー】オメガ 3513-50 スピードマスター オートマチック デイト 39mm

スポンサーリンク

Omega Speedmaster Date 3513.50.00

ザ・定番!だったオメガのスピマスデイト 3513-50です。

最近の若い子たちは知らないかな?

78000円とかで中古が買えてたんですよ。

異常に安く感じますよね・・・オメガは安くて本当に良かった。

色々と雑なんですけど、そこが逆に今となってはレトロ感があって好まれます。

ドラマ「エンジン」で木村拓哉さんが着用されるまで10万円以下は当たり前。

ドラマ後に12~13万円くらいに跳ね上がりました(それでも安いけど)。

39mmのクロノグラフでナイスバランス。

イケメンだしオメガだし、スピードマスターだし、悪くないですね。

とにかく高級感だけは全く感じられませんので、その辺りだけ気にされる方はパスしてください。

Chrono24を覗いてみました。

出品している安いのはほとんど日本から。

日本ではこのあたりの中古が沢山あるんでしょうね。

ちょっとしたブームにもなりましたし、初めての高級時計だった方も多かったはず。

その前はシーマスター120が人気でした。

マジな方はスピードマスタープロフェッショナル、海が似合う方にはシーマスター300、このスピマスデイトとスピマスオートはオメガを広めるグッドウォッチという立ち位置。

バルジュー7750ベースのムーブメントはCal.1152。

シンプルで使いやすい、スーツにもイケるデザインです。

2007年まで製造され、夜光もルミノヴァでまだまだ光ります。

小ぶりなんですが意外にヘッドが重くて約129グラムもあります。

ケースも厚め。

バルジュー7750がブ厚いのです。

小ぶりなのに約14mmもありますね。

私のキライなスライド式のバックル。

ケースバックにはシーホース。

光を当てるとわかる、ガラスのコーティング剥げ。

スティールに直接刻印されたタキメーター。

作りがイマイチなのでインク抜けしてたりしますが、そこも「味」なのでドンマイです。

デイトディスクも同色でナイスバランス。

段アリの文字盤で格好良いです。

シンプルで武骨で視認性も問題なし。

ストラップ交換なんかしても楽しめます。

初期に買われた方なんか、本体代よりメンテナンス代の方が上回ってたりしそうですね。

オメガの自動巻きクロノグラフなんですから、修理費もお高い。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

オメガ スピードマスターオートマチック デイト 3513-50でした。

39mmと言うグッドサイズ。

そして木村拓哉さん着用モデル(ドラマ内だけですけど)。

悪くないでしょ?

メンテナンスは街の修理屋さんでも充分ですからね。

ちゃんと動くようにしてくださるから安心してください。

お金持ちや、心配性な方はメーカーに出しましょう。

セカンドウォッチにどうでしょう?

 

それではまた!

【レビュー】オメガ スピードマスター オートマチック デイト 3513.50.00 キムタクモデル(3513-50)

【レビュー】オメガ 3313-30 スピードマスター デイト オートマチック SS/YG 39mm

【レビュー】オメガ 3513-54 日本限定 ブラック&ゴールド スピードマスターデイト オートマチック

【レビュー】オメガ 3513-53 スピードマスターデイト”マーク40″ スピードマスター40周年記念モデル

【レビュー】オメガ 3511-50 スピードマスターデイト オーチマチック 八角形リューズ

【レビュー】オメガ 3511.80.00 スピードマスター オートマチックデイト 3511-80 八角形リューズ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)