【レビュー】オメガ 3513-53 スピードマスターデイト”マーク40″ スピードマスター40周年記念モデル

スポンサーリンク

OMEGA Speedmaster Reduced Limited Edition 3513.53.00

1996年にリリースされたオメガ スピマスデイト 3513-53(3513.53.00)。

少しレアなモデルで、スピードマスター40周年記念3モデルの一角「マーク40デイト」と呼ばれます。

マーク40と聞くと「マーク40コスモス(トリプルカレンダー)」か「マーク40 AM/PM(トリプルカレンダー)」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、こちらは日本限定のデイトタイプ。

3513系では珍しく黒いプラベゼルですね。

針も太いし、赤針仕様もイケています。

キムタクモデルとして有名な3513-50などはスティールベゼルです。

こっちが普通。

スピードマスター誕生40周年と言う事ですが、赤い針、模様が入ったダイアル、アラビア数字のインデックスとファーストモデルとは真逆と言いますか、ちょっと派手なデザインとなっています。

コレが意外に格好良い。

見慣れないせいもありますが、現行機でリリースされても売れちゃいそうな格好良さがありますね。

3513-33と言う白文字盤のマーク40デイトもありますが、私的にはこの黒文字盤がオススメ!

時期的にトリチウムダイアルがあっても良さそうですが、私はルミノヴァ夜光のものしか見たことがありません。

トリカレのマーク40達はトリチウムのものをちょいちょい見ますけど、デイトタイプは数も少なくレアな存在ですので見かけること自体稀少なチャンスですね。

気になっちゃう方は、安い今のうちにゲットしておきましょう。

売っているお店次第でしょうが、10万円台で見つかるかも知れません。

20年前のモデルですので、バックルはコレ・・・

私コレ嫌いです(笑)

一体感がありブレスレット感はあるのですが、ガクガクするしスライドが面倒なんですね。

現在のオメガでは使われていませんので不評だったのでしょうか。

スライドストッパーが外れて壊れるなんてこと多いです。

ケースバックのデザインなどは普通。

華奢ですが、着けるのには問題なく軽くて良いですね。

有名メーカーの自動巻きクロノグラフが10万円台で買えるんですから安いと思います。

文字盤の中央はギョーシェ彫り。

特別感のあるレッドレターとレッドハンド。

ここも彫られています。

力強い太めのハンド、黒いベゼル、アラビアインデックス、赤針、ギョーシェ彫、最高です。

特別なモデルですね。

いかがでしょうか?

ストラップ交換しても良し、そのまま使いたい人はそれでも良し。

現在は日本限定や丸井限定のパンダ/逆パンダダイアルが盛り上がって高騰しています。

10万円台で買えたモデルが、気が付くと30万円40万円と跳ね上がったのです。

マーク40シリーズもきっかけがあれば高騰する可能性はありますね。

HODINKEE10周年モデルはマーク40のAM/PMデザインが採用されました。

コレがきっかけになるかも知れませんよ!

まだ安い!

ではまた。

スポンサーリンク

高山質店 147,949円

高山質店 133,488円

【レビュー】オメガ 3520.53.00 スピードマスター マーク40 AM/PM スピードマスター40周年モデル3520-53

【レビュー】オメガ 3520.50.00 マーク40コスモス スピードマスター40周年モデル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)