【2018年新作】チューダー 79030N ヘリテージ ブラックベイ フィフティ・エイト 39mm

スポンサーリンク

Tudor Heritage Black Bay Fifty-Eight 79030N

デビューから2年経つチューダーのナイスサイズ ブラックベイ58 Ref.79030Nです。

このブログ2回目の登場ですね。

現在国内定価は399,300円と、40万円で買えるなんて良心的でコスパ最強のチューダーベストウォッチだと思います。

Ref.79030Nは2018年の新作で、ケースサイズは39mm厚み12mmというスリムボディにクロノメーターキャリバー MT5402を搭載、70時間のロングパワーリザーブとかなりオススメなスペックです。

日常でも使いやすいダイバーズウォッチでオススメを聞かれたら、予算にも寄りますがこのブラックベイ58を挙げるでしょう。

どうでしょう?

サイズ、デザイン的にナイスでしょ?

39mm最高ですね。

1958年当時のバラサブ「ビッグクラウン Ref.7924」からインスパアされたクラウンガードなしで大きめなリューズ、ゴールドレター、ゴールドハンド、200m防水、デイト無しなどのデザインを継承しています。

ヴィンテージ風味でロレックス 5513 にも負けない雰囲気があります。

何度も何度もブラックベイに言っていますが、やはり針がスノーフレークならスクエア型のインデックスにして欲しいし、ドットインデックスならベンツ針にして欲しいです。

せっかくイケメンなのに。

ドットにはメルセデス針、スクエア型にはスノーフレーク(イカ針)。

その方が良いです。

ダイバーズウォッチなので視認性はバッチリ。

一時期はプレミアム価格でしたが、ようやく定価付近で落ち着いてきています。

私的には今年の新作で新カラーが出るのではないかと思っていますよ。

約12㎜。

ノーマルのブラックベイは15mmもあるのでかなりスリムに感じます。

スチール製リベットブレスレット、セーフティキャッチ付きフォールディングクラスプ。

エクステンションは無し。

ダイビングスーツ着ていたらブレスレットでは、そのまま着けられません。

まぁ着けて潜る人は少ないでしょうけどね。

スクリュー式ケースバック。

スポンサーリンク

寄ってみます。

White squid

イカと例えた日本のチュードルファン、スノーフレーク(雪片 雪の結晶)と例えた海外のチュードルファン。

センス・・・

クロノメーター

スイスメイド。

マットブラック文字盤にゴールドレター(金文字)。

ビンテージオーラ出てますね。

いやはや格好良い。

真贋のわからない下手なアンティーク買うくらいなら、チューダーブラックベイ58を選びたいね。

いかがでしょうか?

店頭で出会えましたら是非1度手に取って見て下さい。

ちょっと物足りないけど、なかなか具合の良いモデルです。

もっとカスタムが一般的になったら良かったのにな。

針替え希望です。

ドーム型サファイアクリスタルなんですけど、プラ風防にしたいし。

リューズのデザインも変なので替えたい(笑)

やりすぎか・・・

それではまた!

 

【レビュー】チューダー 79030N ブラックベイ フィフティ・エイト 39mmのヘリテージダイバー #バーゼルワールド2018

【レビュー】チュードル 9411/0 イカサブ 40mm チューダー ブルーサブマリーナースノーフレーク

【レビュー】チューダー 79190 サブマリーナー ブルー 大人気なチュードル王冠青サブ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)