【レビュー】チュードル 9411/0 イカサブ 40mm チューダー ブルーサブマリーナースノーフレーク

スポンサーリンク

TUDOR Submariner Blue Snowflake ref.9411/0 40mm

チューダーのヴィンテージサブマリーナーの記事が続きます。

1975年にハック付きETAキャリバー2784に変更となり、リファレンスナンバーが7021/0から変わった9411/0を今回はチェックしていきます。

因みにデイトが無いと9401/0(キャリバー2776)となります。

カラーはブラックとブルーの2種類ですが型番は変わりません。

イカサブ2代目は「使えるヴィンテージ」として指示されていて、黒より青の方が人気が高いです。

このサイズ感(39mm)も独特なダイアルデザインも最高に格好良いです。

こちらは私が愛用していた7021/0。

ベゼルは後年のモノに変えられちゃっていました・・・。

Chrono24を覗いてみました。

保証書付きは100万円以上ですね~。

ブレス無し保証書無しでも9411/0は85万円から・・・う~高い。

因みにデイト無しの9401/0の方が高いみたい。

なぜならノーデイトのブルー9401/0は、フランス海軍に納入されてた歴史があります。

ミリタリーダイバーウォッチはビンテージ界では高騰する要素ですね。

更にレア物、フランス海軍の左利きの将校教官による特注品だそうです。

黒もフランス海軍に納品していたんですね。

なんかブルー=フランス海軍っぽい印象でしたが、私の勘違い。

さて、話を9411/0に戻します。

1980年代後半まで製造されていました。

プラスチック風防、Cal.2784自動巻ムーブメント、200m防水。

回転ベゼルは両方向に回ります。

もちろんトリチウム仕様。

ロレックス製のケース。

ロレックスリューズはトリプロッククラウン。

巻きブレスですね。

ちゃんとペラペラだけどエクステンションが付いています。

フリップ付きのバックル。

スポンサーリンク

クラスプコードはG。

文字盤に寄ってみます。

このイカというよりはクリオネみたいな短針がヤバいですね。

どれもこれもですが、メーターファースト。

トリチウムのT。

カレンダー。

このブ厚いプラ風防!

少し劣化してますが、王冠が眩しい!

ケースバックにも王冠が!

ROLEXの文字。

バックルには盾マーク。

バックルプレートにはロレックスの刻印。

エクステンションにはTUDORの刻印。

組み合わせにバリエーションとかあるのかな?

ラグサイドに穿った穴。

ルミナスポイントもトリチウム。

いかがでしょうか?

イカサブ、格好良いな~やっぱり。

是非オリジナルに忠実に復刻してもらいたいモデルですね。

ロレックスの5513より格好良いと思います。

個人的にですけど(笑)

クロノタイム、イカサブ、レンジャーとチューダートリロジー揃えたい!

ではまた!

チュードル サブマリーナー・デイト Ref.7021「イカサブ」

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)