【生産終了】ロレックス 116622 ビューティフルブルー ヨットマスターロレジウム 40mm

ROLEX
スポンサーリンク

Beautiful Blue 116622 Yacht Master Roresium

ロレックスから昨年モデルチェンジし、生産終了になったヨットマスターロレジウム 116622のブルーダイアルです。

2012年に6桁になったヨットマスターロレジウムの新カラーとしてトレンドだったブルーがリリースされました。

とてもキレイなブルー文字盤で、プラチナ文字盤より安かったのも魅力的なポイントです。

ダークロジウム(2016)の登場で少し人気に陰りが見えましたが、このラグジュアリー感は新型の126622にも受け継がれています。

ブルーカラー好きには堪りません。

他の6桁スポーツはラグ足が太くバランスが良くありませんでしたが、ヨットマスターだけは6桁でも非常に美しいフォルムで完成されていたと思います。

流石ラグジュアリースポーツモデル。

ラグ足の鏡面仕上げも美しい。

40mmのサイズ感もグッドで、ベゼルのプラチナも他のスポーツモデルには無い高級感を醸し出します。

Chrono24を覗いてみました。

最終の国内定価は1,188,000円でしたので、中古マーケットでは定価以下でも見つかりそうですね。

ただ、現行新作の126622は店頭でも見掛けませんので、人気が無いわけではありません。

因みに126622の国内定価は1,265,000円です。

関係ありませんが、こちらは香港ロレックス特別仕様の旧型16622 ブルーダイアルモデル。

5桁ロレジウムにも先行してブルー文字盤がリリースされており、地味にプレミアム相場となっています。

これが別のカラーだったらもっと希少性があったのでしょうね。(Gシリアルあたりにあります)

スポンサーリンク

116622 ブルーはカンペキなブルー。格好良い。

そして、シャイニーなブルーダイアルに映えるレッドカラー。

クロマライト夜光。

インデックスの大きさ、針の太さもナイスです。

マリンスポーツなど優雅に過ごすお金持ちの方向け。

青い文字盤が良く似合います。

ロイヤルオークとかノーチラスとか・・・。

やっぱりブルーなんですね。

贅沢に使ったプラチナ950回転ベゼル。

ただの飾りです。

この妖しいラインもヨットマスターならでは。

いかがでしょうか?

隠れ人気モデルってことになるのかな?

相場的にサブマリーナーデイトの黒と変わりません(定価はけっこう違うのに)。

プラチナのベゼルにキズがつくことを念頭に入れ、私はキレイに使えるぞ!って方にオススメしたいです。

本当に格好良いからね。

1度手に取って見てください。

それではまた!

 

ロレックス ヨットマスターロレジウム Ref.116622 記事まとめ ZENMAI TOKYO
Rolex Oyster Perpetual Date Yacht-Master Rolesium Ref.116622 ZENMAIのココ東京で書いた記事まとめです。 今回は今年1世代前のモデルになったヨットマスターロレジウム リ...
【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスターロレジウム ブルー文字盤 生産終了モデル
Rolex Yacht-Master 40mm Blue Dial Steel & Platinum ロレックスから今年モデルチェンジし、生産終了になったヨットマスターロレジウム 116622のブルーダイアルです。 2012...

https://zenmai-tokyo.com/2018/02/06/rolex-yacht-master-blue-dial-roresium-ref-116622/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました