【トリチウム】パネライ PAM26 PVD レフトハンド 手巻き PAM00026 オリジナル

スポンサーリンク

Panerai Luminor Left Handed PVD 44mm PAM00026 “Destro” 1999.

1998年のA番200本、1999年のB番500本と言う、限られた本数の激レアモデル「デストロ」PVDトリチウム ルミノールマリーナ レフトハンドPAM00026です。

2008年にルミノバ夜光で1000本限定復刻がありましたが、今回見ていくのはオリジナルですよ、B番だけど。

超絶格好良い!

Unitas 6497-1 (ETA)をベースにしたパネライ OP II 手巻きムーブメントを搭載。

ド~ン!と44mm。

手首を覆い尽くします。

PVDにトリチウムのやけたインデックスが、めちゃくちゃ格好良いですね。

黒いボディは特別感があります(なんとなく2008年の復刻は不要だったような気もします)。

レフティと言うのもポイント。

このモデルは「レフティ」「トリチウム」「PVD」と言う希少性の3段重ね。

44mmのレフティ PAM115 を以前着けてましたが、パネライ久々に良いな~。

また欲しくなってきた。

Chrono24を覗いてみました。

PAM26はもう復刻モデルしか売ってません。

オリジナルは数が少ないうえ、コレクターの方々が手放さないのです。

状態は非常に良いですが、コーティングが薄らと剥げていています。

銃の様な渋い道具感。

これはワクワクします。

もう20年も前に作られたんだな~。

トリチウムの文字盤は非常に少なくなってきました。

中古マーケットでもほとんど見ません。

ブラックライトを当てると反応します。

自発光はもうしません。

私がパネライ格好良いかも?と思ったのは2003年か2004年くらいからだったように思いますが、当時はPAM00001Aなど30万円台で売っていました。

トリチウムじゃないもので198,000円とかで見かけましたが、その後グングンと値段が上がりこのPAM26のトリチウムは200万円ちかくまで跳ね上がったように記憶しています。

ケースバックは普通にスティール。

シースルーでもありません。

300m防水。

クラウンガード。

尾錠もPVD処理。

トリチウムなインデックス。

マットブラックダイヤル。

T SWISS T。

因みに復刻版(2008年)の文字盤はサンドウィッチですので見分けは簡単。

復刻版なら夜光も光るでしょうしね。

リューズもPVDなんですが、よく手で触れ動かすパーツなので色も薄くなりがち。

スポンサーリンク

レアなので色んな角度で画像を撮っておきましょう(笑)

夜光塗料の塗り方も荒くて格好良いじゃない。

Aだったら、もっと希少性が高かったですね。

PAM00026A。

こちらはPAM00026Bとなります。

パッと見が同じでも、AとBではかなり価値が異なります。

ロレックス デイトナ A番P番くらいの差です。

ネジまで真っ黒。

ちょっと大きいですけど。

このインパクトは他にありません。

いかがでしょうか?

もう新品じゃ決して手に入らないですよ。

誰かが使ったのも時計のヒストリー。

そういうの楽しめる方じゃないとね。

今、スティールのパネライに100万円以上使う方は本物のパネリスティだと思います。

人気なくなったよな~。

でも格好良さはまったく変わりません。

PAM26はオススメ。

それではまた!

 

パネライ ルミノールマリーナレフトハンド PAM00115

お金を掛けずにパネライを格好良いカーフストラップに交換する

【レビュー】ロレックス ブラック PVD カスタム 14270 エクスプローラー

【レビュー】チューダー ブラックベイ ダーク 79230DK PVDケース41mm

【レビュー】チューダー 79360DK “All Blacks” ブラックベイ クロノ ダーク 41mm PVD 2019年新作 初回生産1181本

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)