【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム

スポンサーリンク

OMEGA Speedmaster Professional Moonwatch 145.0022 /3590.50

本日は火曜日、#SpeedyTuesday です。

スピードマスターと言えば、いよいよ月面着陸から50周年となる7/20(日本時間だと7/21)が、もう間もなくです。

そのタイミングでキャリバー321の新作発表があるのか、ないのか?ちょっと気になりますね。

50周年記念モデルは金無垢とコンビネーションがそれぞれ限定本数でリリースされますが、どちらも新しいキャリバー3861を搭載しています。

復活するキャリバー321の情報はまだ出ていません・・・

気になります。

さて、今回は2世代前のスピードマスタープロフェッショナル 3590-50です(先月も記事にしましたが好きなので)。

現行機の311.30.42.30.01.005の国内定価は594,000円、並行新品価格は約35万円ほど・・・

Chrono24を覗いてみます。

この3590-50はトリチウムを評価されてか?すでに現行機の新品相場より高値を付けているのです。

ブレスレットは使いにくいし、無骨で高級感はありません・・・が、やはり格好良いですからね。

本気でオススメしたい1本。

今でも同じですが、こんもりしたプラ風防に、薄く焼けたインデックスが堪りません。

手巻きの時計が嫌いな方も、だまされたと思って・・・

複数持ってらっしゃったら、使う時リューズ巻くのとか普通でしょ?

5連仕様のブレスレットの場合、梨地とポリッシュがあります。

3570-50はポリッシュで、3590-50が梨地だと思ってたんですが、この辺も曖昧ですかね・・・

こちらはポリッシュされたパーツを挟む3570-50。

ブレスレットのコマの長さも違いますな。

1998/849はポリッシュでダプルプッシュ式のバックル。

その前に1499のポリッシュでプッシュなしのバックルがありました。

ブレスレットナンバー1479は梨地(その前は3連でしたね)。

で、爪がはがれそうなシングルバックル。

スポンサーリンク

文字盤に寄ってみます。

こんもりしたドーム状のプラ風防中央にはΩマーク。

T SWISS MADE T

トリチウム夜光が格好良い。

ブラックライトには少し反応しますね。

3590-50はビンテージ感を味わえるグッドモデルなのです。

いかがでしょうか?

好きなので生産数の多い3570-50より、このブログでは記事数が多い3590-50。

それほどオススメなのです。

裏蓋を開けることは無いと思いますが、金色のムーブメント・キャリバー861は月へ行ったモデルと同じムーブメントです。

状態の良いトリチウムの3590-50を見つけたら、是非手に取ってみてくださいね。

そしてそのスピードマスターを腕に乗せ、キャリバー321の新作発表を待ちたいと思います。

それではまた!

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム もうすぐ40万円!

【2019年新作】オメガ 310.20.42.50.01.001 スピードマスターアポロ11号 月面着陸50周年記念 6,969本限定 キャリバー3861

【レビュー】オメガの傑作 3570.50.00と3590.50.00 スピードマスター・プロフェッショナル 今買うならどっち?

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウムなグッドダイアル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)