【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウムなグッドダイアル

Omega Speedmaster Professional Moonwatch 3590.50.00

1989年にリファレンス変更があり3590.50.00(3590-50)となったST145-022。

第5世代のスピードマスターです。

ムーブメントは月にも連れて行ってもらったCal.861を搭載、これぞムーンウォッチ!。

大きなデザインも変更なく、夜光にはトリチウムが採用されており 、今風にも使えるしヴィンテージ感も楽しめるお得なモデルとなっています。

私も1本買っておこうかと思案中。

3590-50のグッドポイントはトリチウム夜光を使用している点。

これに尽きます。

バックルは硬くて使いづらいし、状態良いものはなかなか無いし、わざわざここを選んで買うには魅力が無いと厳しいですもんね。

ブラックライトに反応しても、自発光はもうできません。

インデックスや針がキツネ色に焼けているのが魅力的。

うん、並べてみてもスピードマスターの方が格好良いです。

価格以上の満足があると思うんですよ。

最悪、保証書なんて必要ない(笑)

この頃のオメガは手書きのモノが多いのでね。

冊子。

宇宙だよね。

一生この景色は見ることないだろうな。

スピードマスターのブックレットにもナンバリングがありますね。

中身はヒストリーや操作方法が掲載されています。

ザラついたマットダイヤル。

雑にはみ出た夜光塗料。

この色味が最高です。

こんもりしています。

この枯れたダイアルを愛でる。

うん決まり。

かならず買います!

ベゼルや風防は消耗品・・・

なるべくケースポリッシュされてない個体を探したいですね。

特別なモデルも良いけれど、私はノーマルモデルを選びます。

でも、3592-50(シースルーバック)も良いよね~。

悩むところだ。

レマニアのクロノグラフムーブメントは美しい。

このバックルは大嫌い・・・

だから3590-50を買ったらストラップを交換して使うと思う。

爪が取れちゃうんじゃないの?って言うくらい固い(笑)

早々にオメガはプッシュ式脱着バックルを開発しますが、その間に何個もの爪を飛ばしてきたんだろうな(笑)

クロノグラフはあまり動かすことはないでしょう。

う~ん。

格好良いな。

サイズ感もグッド。

小さ過ぎず大き過ぎず。

イケメン過ぎて泣きたくなります。

Chrono24を覗きます。

3590-50・・・あれ?

高い。

え?20万円代後半で売ってたと思ったけどな。

時代が変わったわ。

いかがでしょうか?

なかなか出物は無いかも知れません。

3570-50の初期モデルはトリチウムなので、そちらでも良いと思います。

とにかくプラ風防でトリチウムが買いたい(笑)

ロレックスのスポーツモデルだったら1980年代後半で無くなっていますからね。

チュードルも90年代までプラ風防でしたので、今は高騰しています。

オメガ人気が後押ししますから、きっと3590-50ももっと評価される時代がいつか来るはず。

来なくても充分に格好良いので後悔はありません。

ちょっとずつお小遣い貯めて安いの見つけたらGETします。

その時にまた!

 

【レビュー】オメガの傑作 3570.50.00と3590.50.00 スピードマスター・プロフェッショナル 今買うならどっち?

【レビュー】オメガ 2本買ってもエクスプローラーⅠより安いよ!トリチウムなスピードマスター 3590-50 シーマスター 2531-80

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル 5th “下がりr” 枯れ専必見!今が狙い目

【レビュー】オメガ スピードマスタープロフェッショナル ST145.0022 アポロ11号 月面着陸20周年記念

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)