【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル 5th “下がりr” 枯れ専必見!今が狙い目

Speedmaster Moonwatch 145.0022/3590.50.00

枯れ専の皆さん必見!

今回はスピードマスター プロフェッショナルの「下がりR」3590.50.00を見ていきます。

ケースバックラグ側にまだシリアルナンバーが打刻されていませんので80年代後半かな~?なんて思いますが、よくわかりません。

トリチウム仕様で色褪せたタキメーターベゼルと文字盤、1479ブレスレットの組み合わせです。

とてもとても良い感じ。

ポストビンテージに相応しい1本ですね。

文句なしに格好良いですし、信頼のおけるムーブメント キャリバー861が搭載されています。

ちょっと前まで20万円後半から30万円半ばくらいで見かけたのですが、気付けばグイグイ相場を上げ始めていますね。

世界的にロレックスやパテック、オーデマに次ぐ投資物件となってきたオメガのアイコン スピードマスタープロフェッショナル。

特にアポロ系の限定モデルや、トリチウム仕様のヴィンテージ感を味わえるモデルは対象となっているようです。

小汚い時計だな~なんて言わずに、ちゃんと整備して楽しみましょう。

で、私のオススメはやはり「安い」とこが1番のポイントである「3590-50」でしょう。

現行機のスピードマスタープロフェッショナルと然程見た目もスペックも変わりません。

それでいてビンテージウォッチのような存在感。

中でもSpeedmasterの最後の「r」が下にダランと下がっちゃってる「下がりr」は抜群に格好良い。

そこまでレアと言うわけでもありませんが、敢えてポイントとして挙げると90年代半ば以降では見られない特徴だから。

シースルーバックの3592-50も良いです!

金色のムーブメントが古臭い感じがしてね~。

古民家カフェとか人気があるのがわかります。

そんな暮らししたくはないけど、ちょっとだけ味わいたい。

便利な現代に生活しながら、ヴィンテージをちょっとだけ味わいたい。

そんなわがままを聞いてくれるのが「下がりr」です(謎)

もうコマの形状が楕円形になって中央ピースにラインが入った1479ブレスレット。

バックルは爪が取れそうになる嫌いなヤツ(笑)

シーホースの鞍に描かれる丸の数は、前が7 後ろが3。

下がりr。

わかりますか?

ダランとね。

T SWISS MADE T。

トリチウム仕様。

針の白いペイントはよく剥げてますね。

プラ風防の中央にはΩマーク。

ステップ。

この夜光の死に方がポストビンテージ!

くぅぅ。

安ければ、持ってても今後「損」は無いと思います。

見た目の格好良さがね物語ります(何を?)

まだ、さほど高騰していない今がチャンスだと思うのです。

いかがでしょうか?

枯れちゃってるスピードマスタープロフェッショナル 3590.50.00。

42mmのケースサイズもこのモデルでは本当にベストサイズ。

格好良すぎます。

間違いない。

手巻き面倒!とか、プラ風防傷つきやす過ぎ!とか、汚い!とか、そんなの全部吹っ飛びます。

手巻きのデイトナに同じこと言う方居ないでしょう?

きっと来る!

それは50年後かも知れませんけどね(笑)

今のうち、まだ買えるうちにいかがでしょうか?

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)