【レビュー】ロレックス 16623 ヨットマスター ロレゾール 40mm シルバー文字盤 Cal.3135

スポンサーリンク

Rolex Yacht Master 16623 Silver 40mm Steel Gold

2004年に追加ラインナップされたメンズサイズのイエローロレゾール ヨットマスター 16623です。

なぜにレディースとボーイズには用意された組み合わせがメンズには無かったのかもわかりませんが、追加された理由もわかりません。

さてその Ref.16623、いまいちな人気だったような気もします。

タイミング的にはイエローゴールドよりホワイトゴールドやプラチナカラーが好まれてた時期で、更には「桃金」ことピンクゴールド全盛期でもありました。

少しだけ古臭く感じられたのか、新作ですがパっとせず、16623は他のモデルに埋もれた感じでしたね。

そして2016年には生産終了となりました。

騒がれずヒッソリと消えてしまいましたね。

2012年には16622から116622へと引き継がれたヨットマスターロレジウムでしたが、イエローロレゾールの16623は続投だったのも今思うと謎です。すでに生産終了が決まってたのかしら。

2015年のセラクロム/エバーローズゴールド無垢ヨットマスター 116655が出た時から流れは確定したと思いますけど、2016年にはエバーローズゴールドとのコンビネーション 116621 ピンクロレゾールが登場。

時代はピンクロレゾールへと移り出しています。

Chrono24を覗いてみました。

スレートグレーの様な渋いシルバーダイアルの16623は中古マーケットでは100万円オーバー。

もしかしたら人気あるのかも!

でも最終的な国内定価は1,296,000円でしたので、プレミアム価格ではありません。

格好良い。

116622のダークロジウムや

116621のチョコレートダイヤルにも負けていません(って言うか日焼けし過ぎ(笑))

ヨットマスター40のスペックそのままですので、100m防水にデイト付きクロノメーター認定キャリバー3135を搭載、両回転ベゼルは18K。

鏡面仕上げをうまく使って高級感が出ております。

今新作で出したら人気出そう。

こちらは初期仕様でルミノバ夜光。

視認性は充分です。

ケースの厚みは約12mm。

18Kを使ってますので少々重めの約140グラム。

ラグの曲線が優雅です。

美しいサイドビュー。

最後までバックルは5桁そのもの。

ちょっとダサい(笑)

インデックスが大きく格好良い。

ロレックスのラグジュアリースポーツモデルであるヨットマスターですので、他のプロフェッショナルモデルに比べても明らかに高級感を感じられるような仕上がりです。

スポンサーリンク

アンダー100万円だったら即買いなんじゃないかな?

イエローゴールドが好きになる年頃のオジサンにオススメ。

そう私くらいの40代。

30代はオシャレにヨットマスターロレジウムが似合うでしょう。

40代はイエローゴールドを取り入れて華やかに。

50代は無垢でも良いでしょう。

ただベゼルがやわらかい金属のヨットマスターですので、キズが気になります。

最大の難点。

噂のクリスタルガード・クロノアーマー ならキズ目立たなくなるかしら・・・?

このシルバーカラーの美しさ。

シャンパンも良いですが、このシルバーは本当にうっとり。

因みに5桁ヨットマスターのフラッシュフィットパーツは長いのがデザイン上のマイナスポイント。

6桁ヨットマスターでは改善されています。

それと5桁ヨットマスターのコマの中央リンクは「空洞」になっている中空ブレスレット。

軽いのですがやや高級感は感じられません。

でも着けちゃえばOK。

シルバーに映えるYacht-Master-の赤い文字。

いかがでしょうか?

私個人的には好きなヨットマスター。

イエローロレゾールは現在生産されていませんので他人と被ることも無いでしょう。

もっと安い時期もありましたので、買っておけば良かったな~なんて思う機種の1つです。

腕時計の扱いが雑な私には不向きなんですけどね。

高級感あるディスコンモデル。

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ロレジウム プラチナ文字盤 とイエローロレゾール 16623 生産終了モデル

【レビュー】ロレックス ヨットマスター40 ロレゾール 116621 チョコレートの甘美

【レビュー】ロレックス 226659 ヨットマスター42 バーゼルワールド2019新作 ¥2,940,300-

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ロレジウム プラチナ文字盤 とイエローロレゾール 16623 生産終了モデル

スポンサーリンク

Rolex Yacht-Master Rolesium 116622 Steel × Platinum

昨年の2016年に、長年親しまれたプラチナダイヤルのヨットマスターロレジウムが生産終了になりました。

旧モデル16622が誕生したのは1999年。

2012年に現行機の116622にモデルチェンジし、プラチナ文字盤は引き継がれました。

約17年ほど生産されたラグジュアリースポーツの「顔」とも言える「ザラついたシルバーカラー」のプラチナ文字盤の終わりはファンを悲しませましたね。

素直に、格好良いと思えます。

明るいシルバーカラーに「赤」い秒針が映えます。

とは言え、6桁にモデルチェンジしたものの「大きな」変更点が無かったので、実際は飽きられていたのが事実です。

中古相場も上がらず、ヨットマスターロレジウムには新しい顔「ブルーダイヤル」と昨年には「ダークロジウム」も追加され3種類のバリエーションになりました。

ダークロジウムの発表後早々に、色味は全然違うもののシルバーが二種類もあるのに違和感を覚えたファンからプラチナ文字盤廃盤説が浮上します。

そして、その通りプラチナ文字盤がカタログ落ちになりました。

それでもプラチナ文字盤の生産数は少なくありませんし16622の中古も沢山出回っています。

では、5桁16622と6桁116622は何が違うのか?

ブレスレットとバックルは変わりましたね、見た目で気付きます。

ムーブメントは同じCal.3135(3135自体は進化していますけど型は同じ)。

防水性も同じ100m、夜光がクロマライトに変わったかな?

バックルはこの新型の方が何倍も良いですね!

便利だし格好良い。

まぁ大して見た目も変わらないので、ベゼルがキレイなら安い旧型5桁モデルも良い気がします。

プラチナベゼルは仕上げが大変ですから、キズが目立つのは止めましょう。

目の細かいサンドブラスト仕上げのベゼル。

線キズが目立ちます。

こっちはルーレット刻印のある5桁 16622 V番。

フラッシュフィットが長いこと以外116622との違いはわかりません、画像では判別が難しいですね・・・

エンボス加工されたベゼルの数字、高級感と男らしさが混じっています。

16622は保証書付でも70万円以下で買えるのです。

2011年の定価は976,500円でした。

軒並み過去の定価以上になっている5桁スポーツ、ヨットマスターはまだまだお買い得品ですね。

このフラッシュフィットが長いのが、ちょっと古臭いですけどね。

まぁ・・・気にしません。

シリアルコード「LT」なので、V番と年式は合致します。

スポンサーリンク

こちらは116622 ダークロジウム。

比べると、見慣れない分「格好良い」と感じます。

こちらは116622 ブルー。

ダークロジウムが出るまでは人気でしたが、今はかわいそうな存在です。

ダークロジウムは新作で更に素敵な文字盤↑↑↑

プラチナは生産終了で↑↑

ブルーはいつでも買えるから↓

Rolex Yacht-Master Rolesor 16623 Steel × Gold

こちらもひっそりと生産終了していたRef.16623。

イエローロレゾールのヨットマスターです。

現在はエバーローズゴールドとのロレゾールモデルがラインナップされ、イエローは生産終了となってしまいました。

メンズのイエローロレゾールは2004年頃に突然リリースされたのを覚えています。

それまでレディースとボーイズしかなかったロレゾール(コンビネーションモデル)でしたので、メンズ40mmのコンビを見た時は新鮮でしたね。

なぜ、YG/SS 16623の製造を止めちゃったんでしょうか?

最後の5桁スポーツだったのと116621のデビューが決まって用済みになっちゃったのか?。

やっぱり116621を売りたかったんでしょうかね・・・?

Yacht-Master 40

両方あっても人気を分けてしまうので、ロレックスとしては作る意味を失ってしまったのかも知れません。

116623は幻の型番になりました、次のチャンスは126623ですね。いつか、いつの日か!

値の上がりにくいコンビですが、生産終了になったことで高年式の中古は90万円台まで値上がりしています。

2年ほど前なら70万円台で買えたような記憶がありますから、大出世。

でも、こんなにベゼルにスリキズが・・・

やはりセラミックベゼルが求められるのがわかりますねぇ。

ヨットマスターの「貴金属」ベゼルはやらかい素材ですので、どうしてもキズとの闘いになります。

そんなこと気にしない人が、着けるモデルなのかも知れません。

では!

【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム 2016年の新作ダイヤル

新文字盤 ロレックス ヨットマスター 116621に黒が加わったよ

[DATABASE] ロレックス ヨットマスターとヨットマスターⅡ


#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share

[DATABASE] ロレックス ヨットマスターとヨットマスターⅡ

スポンサーリンク

海の時計 ヨットマスター

外海航海のために開発されたロレックス ヨットマスターとヨットマスターⅡは、1950年代以来のロレックスとセーリングの世界との結びつきや豊かな遺産からインスピレーションを得て誕生し、セーラーたちのスピリットを体現してきた。ヨットマスターは機能性とスタイルの融合を実現し、ヨットレース用レガッタ クロノグラフであるヨットマスターⅡはロレックスが誇る技術の結集により製造された。

と、言うことで今回[DATABASE]として残す記録はヨットマスターとヨットマスターⅡですね。

2017年のバーゼルワールドでヨットマスターⅡのフェイスがマイナーチェンジしましたので、こちらは最新版になります。

ヨットマスターⅡ 116680
オイスター、44 mm、904L スチール
ベゼル 双方向回転リングコマンド、ブルー セラクロム、数字と目盛りの刻印
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
防水性能 100m/330フィート防水
ブルースチールハンズがメルセデスハンズに変更、スクエアインデックスだった12時部位が大三角形に、6時位置も変わりインデックス周りもシルバーカラーに変更になりました。
他のヨットマスターⅡも素材を合わせマイナーチェンジしております。

4161 ムーブメント

パーペチュアル、機械式、自動巻、レガッタクロノグラフ

日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)

中央に時針、分針、秒針(6時位置)。機械式メモリを備えたプログラムカウントダウン機能、プログラムしたカウントダウン時間を維持してリセット可能。秒針停止機能による正確な時刻設定

耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング

パーペチュアルローターによる両方向自動巻

パワーリザーブ約 72 時間

ロレックス新作 ヨットマスターⅡ 44 mm Ref.116680 バーゼルワールド2017

ヨットマスター 40 116655
オイスター、 40 mm、 18 ct エバーローズゴールド
セラミック製マットブラック セラクロム インサート、60 分目盛り入り双方向回転、数字と目盛りはポリッシュレイズド仕上げベゼル
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
防水性能100m/330フィート防水
ロレックス ヨットマスター ラバーブレスレット

オイスターフレックスブレスレット

ブレスレットは柔軟性のあるチタン・ニッケル合金製ブレードで、時計のケースとセーフティクラスプ付きオイスターロックに接続されています。このブレードは環境からの影響を受けにくく、極めて耐久性に優れる高性能ブラックエラストマーで覆われており、着用者の手首にしっかりとフィットします。装着感をより高めるために、オイスターフレックス ブレスレットの内部には特許を取得した縦方向クッションシステムが備わっており、時計を手首で安定させます。

3135 ムーブメント

 パーペチュアル、機械式、自動巻
日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング

パーペチュアルローターによる両方向自動巻

パワーリザーブ約 48 時間
ヨットマスター 37 268655
オイスター、37 mm、 エバーローズゴールド
防水性能100m/330フィート防水

2236 ムーブメント

パーペチュアル、機械式、自動巻

日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)

スポンサーリンク
パワーリザーブ約 55 時間
ヨットマスター 37 268621
オイスター、37 mm、スチール&エバーローズゴールド
ダイアル チョコレート
2017年の新作。ピンクロレゾールのボーイズ。
ヨットマスター 40 116622
オイスター、40 mm、スチール&プラチナ
ダイアル ダークロジウム
2017年の新文字盤
ダークロジウムが出たことでプラチナ文字盤が生産終了となりました。
ヨットマスター 37 268622
オイスター、37 mm、スチール&プラチナ
2016年の新文字盤。
ボーイズのダークロジウム。
ヨットマスター 40 116621
オイスター、40 mm、スチール&エバーローズゴールド
2017年に出た新文字盤。
116655の黒文字盤を流用しました。
ヨットマスターⅡ 116689
オイスター、44 mm、ホワイトゴールド&プラチナ
ホワイトゴールドのケースに、プラチナのベゼルと言う超高級モデル。
ヨットマスターⅡ 116681
オイスター、44 mm、スチール&エバーローズゴールド
ヨットマスターⅡ 116688
オイスター、44 mm、イエローゴールド
ヨットマスター 40 116621
オイスター、40 mm、スチール&エバーローズゴールド
2016年の新作。ピンクロレゾールのヨットマスター40。
素敵ですね。
ヨットマスター 40 116622
オイスター、40 mm、スチール&プラチナ
2012年にリリース(ヨットマスターが6桁品番になった時に追加された新色)
ここまでがバーゼルワールド2017意向のラインナップです。
5桁品番のコンビネーションモデルは全て生産終了になり、ロレジウムのプラチナダイヤルも無くなりましたね。
イエローロレゾールは格好良いので、なんとかしてほしいです。
「116622」の画像検索結果

リファレンス 116622

リファレンス 16623

リファレンス 16623

リファレンス 16623

リファレンス 16623

イエローロレゾールでは、このダイヤルが1番格好良いかな?

リファレンス 16623

リファレンス 16623

リファレンス 16623

リファレンス 16623

リファレンス 16623

リファレンス 16623

[DATABASE]の記事はこちらから

新文字盤 ロレックス ヨットマスター 116621に黒が加わったよ

ロレックス 116695SATS ヨットマスター40 バーゼルワールド2017 貴石入りベゼル

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share