50代男性にオススメする満足できる腕時計 刻の呼吸 終の型・雲上の布陣

スポンサーリンク

Satisfying watch recommended for men in their 50s

今回は50代男性にオススメする腕時計です。

子育ても落ち着いてきたころでしょうか?

職場でも役職者になっていたり、すこしユトリが出てくる時期かも知れません。

20~40代で腕時計を何本か買ってきたけれど、そろそろ「雲上ブランド」も興味が出てきた。

若い方と同じモデルでない、本当の大人に似合う高級時計はいかがでしょうか?

1本目は、若い頃からの思い出の詰まったシンプル無骨なスティール時計。

2本目は、ゴールドを使った大人ドレッシー。

2本をずっと使っていて、「それでも欲しい、あのモデル」を狙ってみても良いかも知れません。

そうです、3本目以降に買うのは、雲上ブランドの「アレ」です。

個人個人「アレ」は異なりますが、そろそろ手が届くのではないですか?

様々な趣味を処分してまとめて、良い腕時計を買いませんか?

50代であれば、200万円以上のの腕時計が似合うようになります。

もちろん国内定価が200万円でも、マーケット相場が200万円でも構いません。

自分の物は自分で決められる年齢ですしね。

似合うかな?なんて考えるのは30代まで。

大人は着け慣れることで似合うようにしていくのです。

まずモノではなく、まず自分。

30代では似合わなかったゴールドにダイヤモンドでも良いですし、憧れのジェンタスポーツでも良いですね。

大き過ぎず、薄いことが最良であり、軽いことは正解なのです。

美しく、長く支持されているものは、その理由があります。

ぽっと出のメーカーに飛びつく年齢ではないと思いますが、古くからのレジェンドメーカーは本当に良いものを作ります。

見て楽しむも良し、着けて楽しむも良し、選び方も人それぞれ。

あなたなら何を選びますか?

私はまだ40代ですが、40代の私からのオススメを少しご紹介。


成功の証 精巧の証 性向の証

とは言え、自分だけが楽しめる趣味娯楽である超高級腕時計。

他者の介在はふさわしくないので、私だったら50代でコレらが欲しいと言うモデルのご紹介に留めておきます。

誰に似合うとかは無く、自分が好きであれば良いのです。

60代ではまた違ったモデルを好きになるでしょう。

50代の元気な体だからこそのエレガントかつスポーティがフィットするのではないでしょうか?

2006年にノーチラス誕生30周年を記念してリリースされた5711/1A-001。

そして5711/1A-010。

今年で白文字盤5711/1A-011も生産終了するなんて言われていますが、希少性はともかくブラック・ブルーのグラデーション文字盤が良いですね。

薄さ、軽さ、フィット感、美しさ。

同じくパテックフィリップのアクアノート 5167/1A-001。

ノーチラスよりさらに薄い。

アラビア数字は好みが分かれます。

カラトラバ 5196J-001  37 mm。

60代のオススメに入れたい最後のモデルでしたが、50代の方が着けても素敵だと思う。

オーデマピゲ ロイヤルオーク・エクスラシン 39mm 15202ST.OO.1240ST.01。

至高の領域。

ムーブメントの精度耐久性が問題ですが、諸々含めてグッドウォッチ。

サイズ感と薄さ、エッジの美しさ、ブレスレットの細やかな仕上げなど見ていて着けていてウットリ。

オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ダブル バランスホイール オープンワーク 15407ST.OO.1220ST.01。

厚みがありますが面白い文字盤で、所有する満足感は段違い。

オープンワーク最高峰。

新しいロイヤルオーク41mm 15500ST.OO.1220ST.03。

新型は品があり、とても良くできています。

新ムーブメントも搭載され今後の評価にも期待ですね。

文字盤6時位置が少しさみしいですが慣れかしら。

2019年の新作ヨットマスター 226659 ホワイトゴールドケース 42mm。

このモデルは是非実物を見て頂きたい。

ロレックスのラグスポです。

イエローゴールドのコスモグラフデイトナのグリーン文字盤 116508。

2016年は当たり年でしたね。

このグリーンデイトナもとても良いモデル。

ホワイトゴールド・デイトナ 116519LN スチールブラック。

よりスポーティさが増したデイトナ。

クラシカルな雰囲気も併せ持ち、シンプルで長く愛せるナイスデザインだと思います。

スポンサーリンク

コスモグラフ デイトナ 116500LN。

定価こそ200万円以下ですが、相場はずっと上。

飾らない感じが50代のオジサンには「ヤリ過ぎ感」がなく良いのかも知れません。

プラチナだけの特権「アイスブルー」文字盤のデイトナ 116506と、バケットダイヤまでセットされた116506A。

重過ぎて長い時間は無理です。

マイケルジョーダン氏や木村拓哉氏も着用されていました。

41mmにリニューアルしたヴァシュロンコンスタンタンのオーバーシーズ 4500V/110A-B128。

嫌いじゃないんですが、何か少しだけ物足りない・・・

機能を追加したデュアルタイムの方が素敵かも知れません。

2018の新作 オーバーシーズ デュアルタイム 7900V110A。

ゴチャっとするので、こちらも好みが分かれそう。

ヴァシュロン・コンスタンタン パトリモニー・トラディショナル 82172/000G-9383 38mm。

格好良いんです。

サイズ感も良いし、なによりイケメン。

A.ランゲ&ゾーネ ダトグラフ 403.035 PT950。

もう生産終了なのですが、ダトグラフは本当にステキです。

A.ランゲ&ゾーネ 現行機の ランゲ1 191.039 38.5mm。

素敵すぎる。


鬼の存在 / 資金繰りではなく認められるかどうか

奥様を口説けるかどうか・・・プロポーズより緊張するかも(笑)

 

全部じゃなくて良いんです。

今まで買ったモデルと一緒に着けれれば良いんです。

1本、1本だけ買わせてください。

それ以外に無駄使い致しません。

致しませんので、どうか・・・どうか。

 

懇願で腕時計を買い足せるのか・・・買い足せないのか・・・

奥様の許可が下りることを期待して。

いかがでしょうか?

50代になったら欲しいモデルはありますか?

すでに50代になっていらっしゃる方で、秘かに欲しいと思っているモデルはありますか?

ご自身で納得できる、至高の1本を見つけてください。

最後に50代ではありませんが、セレブのノーチラスを見ておしまいです。

DJ KHALED

Mayweather

30代男性にオススメする一生モノの腕時計 8選「黒・3針・デイト・防水性」ロレックス オメガ グランドセイコー

40代男性にオススメする二本目の腕時計 初めてのゴールドウォッチ

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オーデマピゲ 15407ST.OO.1220ST.01 ロイヤル オーク ダブル バランスホイール オープンワーク

スポンサーリンク

Audemars Piguet Royal Oak Double Balance Wheel Openworked 15407ST.OO.1220ST.01

今回はスケスケがトレンドのオーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ダブル バランスホイール オープンワーク 41mmです。

複雑に入り組むムーブメントを表面からも覗けるのが特徴なんですが、時間を確認するのには向いていません。

自社製キャリバーAP 3132は2つのテンプと ヒゲゼンマイを同軸上(2重になっています)にセット、精度と安定性が大きく向上しているそうです。

ブティック限定モデルで国内定価は4,968,000円ですが、人気があり過ぎて2倍近い価格になってしまっています。

う~ん、確かに格好良い!そして生産数が激少のようですね。

※ロイヤル オーク・ダブルバランスホイール・オープンワークは2つのテンプと ヒゲゼンマイを同軸上にセットしています。特許取得の新しい「デュアルバラ ンス」の製作工程は非常に難しいものですが、精度と安定性が大きく向上す るという大きなメリットが得られます。

41mmの15400STがベースになっています。

サイズ的には満足いく大きさでしょう。

恐らく凄いことになっていると思われるムーブメントですけど、機械的な蘊蓄は私には語れませんので、見た感じのインパクトだけをお伝えできれば。

「見せる」為に仕上げられたムーブメントそれぞれの美しいパーツ。

できる限り細く繊細に絞り込まれ可憐なのです。

ロイヤルオークはラグジュアリースポーツで力強い感じですが、オープンワークはとても美しいんです。

ダブルバランスホイールでないスケルトンも以前15300系で出ていましたが、あちらもキレイでした。

15305ST.OO.1220ST.01に搭載されたキャリバー3129をベースに、キャリバー3132はテンプを重ねています。

厚みは9.9mm。

ブレスレットも仕上げがとてもキレイですね。

重さは約158グラム。

そこそこズッシリします。

特別感があります。

ピンクゴールドの針とインデックスは・・・

さりげなく光ります。

ケースからブレスレットへとつながるラインにうっとり。

クラウンも八角形。

APフォー ルディングバックル。

ケースバックからは逆側が覗けます。

キャリバー 3132のパワーリザーブは45時間とやや短め。

寄ってみます。

この角度じゃダブルかどうかわかりませんね。

1つ1つのパーツの仕上げが凄い。

オーデマピゲのHPにはムーブメントを作る作業動画がありますが、丁寧にじっくりと時間をかけています。

15407ST.OO.1220ST.01

(リンク貼っておきます)

スポンサーリンク

年間でどのくらいの生産数があるのでしょうか?

Chrono24を覗いてみます。

中古品で付属品が揃っているモノは限りなく900万円に近く、定価の2倍まではいかないもののその人気が伺えます。

美しさ、革新的な技術力、ロイヤルオークの人気、そして球数の少なさ・・・

価値を押し上げる理由が沢山あります。

いかがでしょうか?

買いたくても売ってないダブルバランスホイール オープンワーク。

私的には490万円の定価でも非常に高くて手が出ませんが(笑)その倍近い価格でも欲しい人がいます。

似合う似合わないで買う時計ではありません。

買える人はきっと似あいます。

そういうものですね。

希少性だけでこのモデルを選ぶ方も多くはないでしょう。

敢えて15407ST.OO.1220ST.01を選んで買う方は、特別だと思います。

いつかそんなオジサンになりたい・・・

それではまた!

SIHH2019新作 ロイヤル オーク ・ダブルバランスホイール・オープンワーク ホワイトゴールド3モデル

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.04 グレールテニウムダイアル

【レビュー】ロイヤル オーク オートマティック 15300ST 15400ST ブラック オーデマピゲの新旧アイコン比較

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02 現行41mmのオクタゴン

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01 美しすぎる鉄塊

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02

スポンサーリンク
SNS Share