腕時計のトレンドを覆せ!SIHH2019を振り返り、バーゼルワールド2019に期待すること

スポンサーリンク

Look back on SIHH 2019

時計見本市SIHH2019が17日をもって終了、リシュモングループを中心とした多くのメーカーが今年の新作を発表しましたね。

同時期にWPHHやGenevaDaysも開催され、時計ファンには楽しい1週間となったのではないでしょうか?

とは言え、「え?何コレ凄い!」となったり「うわぁ~絶対欲しいよ」と思ったモデルはありましたか?

居ても立っても居られない、欲しくて欲しくてメーカーに電話しちゃった。とか、

いったいどうなってんだよ?ソレ。とか、

そんなワクワクするようなモデルは皆さんあったでしょうか?

パッと頭に浮かぶモデルがあれば良いのですが・・・

 

という事でSIHHなど新作を振り返ります。

私的に印象に残ったのはリシャール・ミルのボンボンコレクションと、新型のロイヤルオーク15500系・・・くらいかな?

ボンボンコレクションは欲しいとかではなく、「何故?」と言ったイメージで見て印象に残った感じです(笑)。

今回「純粋に気になった」のは新型ロイヤルオーク15500STで、素直に手に取って見てみたいな~と感じました。

SIHH2019新作 オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク41mm 新旧比較 15400STと15500STの違い

また、どのメーカーも「ヘリテージ」「ラグジュアリースポーツ」「スケルトン」「ブルー」「レインボージェムストーン」「DLC/PVD」「セラミック」「カーボン」などに頼り過ぎているようで少し気になりました。

「ヘリテージ」過去モデルの要素を取り入れたり、まるっと復刻させたり、

「ラグジュアリースポーツ」「スケルトン/オープンワーク」取り敢えず売れているメーカーの模倣をしたり、

「ブルー」「レインボージェムストーン」「DLC/PVD」カラーリングもコピーしたり、

「セラミック」「カーボン」他のメーカーがうまくいった素材を取り入れたり、

そんなのばっかりです。

SIHH2019新作 ジラール・ペルゴ 81015-32-432-32A ロレアート・スケルトン アース・トゥ・スカイ エディション 42mm ブラックセラミック

スイス中がそんなんばっかり、だからグランドセイコーもそんなのばっかりになる・・・

あとは「自社ムーブメント・自社ムーブメント」と、うるさい。

GenevaDays2019新作 タグ・ホイヤー CAR5A8K.FT6172 カレラ キャリバー ホイヤー 02T トゥールビヨン ナノグラフ

タグホイヤーのヒゲゼンマイなどは凄いと思います。が、

安く量産できるならまだしも、自社ムーブメントだ!300万円だ!じゃ、全然ファンは付いてこないと思いますね。

どこも必死なんでしょうけど。

ヒットしちゃえば選択肢も広がりますが、技術力だけを見せても買ってくれないことにはメーカーは存続できません。

勝てば官軍、売れれば勝ちなんです。

GenevaDays2019新作 ゼニス デファイクラシック 41mm セラミックケース3モデル

だから「ヘリテージ」「ラグジュアリースポーツ」「スケルトン」「ブルー」「レインボージェムストーン」「DLC/PVD」「セラミック」「カーボン」に頼りたくなる。

勝ってる人の真似してれば、リスクは少ないですもんね。

SIHH2019新作 リシャール・ミル 色彩鮮やかなボンボンコレクション “Fruit” &“Sweets”10モデル

今期のリシャール・ミル ボンボンコレクションは「敢えて」ポップなデザインにしたのかも知れません。

男性なら着けるの恥かしいようなデザインですが、リシャール・ミルさんは「技術力」を見て買ってくれと言っているような気がします。

みんな軽くて格好良いスポーティなリシャール・ミルを望んでいるんでしょうけど、リシャール・ミルさんは職人の技術を見て欲しい・・・名前だけで買わないで!ちゃんと技術を見てって。

女性ならインスタ映えすると買いそうですが(1500万円)男性でも買うのか興味あります(笑)。

30本ずつの限定品だから稀少性は煽ってますけどね・・・。

WPHH2019新作 フランクミュラー 「トノウ カーベックス リメンバー」 逆回転する時間(反時計回りの腕時計)

その他で、これ面白いなと思ったのはフランクミュラーの「リメンバー」。

こう言うモデルはやはりフランクミュラーの得意とするところですね。

「あっと驚く」モデルは、欲しくないですけどもっともっと見てみたい(笑)

ベガス、クレイジーアワーズに続くおもしろ機能です。

SIHH2019新作 IWC パイロット・ウォッチ・オートマチック 36mm スペシャルエディション for The Rake and Revolution 150本限定

スポンサーリンク

いろいろ言ってますが私もミーハーなのでIWCのThe Rake and Revolution限定モデルは欲しくなりました。

まるでマーク11な「ヘリテージ」や、パネライで成功した「ブロンズケース」と「グリーンダイアル」、そして150本の「限定品」と売れそうな要素を詰め込んだ1本です(笑)

 


What to expect from Basel World 2019

次にこの新作たちを踏まえ、バーゼルワールド2019に期待することを考えていきましょう。

同時期にスウォッチグループの新作発表もありますので、そちらのメーカーも含めていきます。

しつこいですが(笑)「ヘリテージ」「ラグジュアリースポーツ」「スケルトン/オープンワーク」「ブルー」「レインボージェムストーン」「DLC/PVD」「セラミック」「カーボン」あたりは控えめにお願いしたいですが・・・

オメガ

オメガのスピードマスターからは「ヘリテージ」が決まっています。

50年前、月に降り立った初めての腕時計のムーブメントとしてキャリバー321の復刻が発表されました。

アポロ11号月面着陸50周年モデルが超目玉モデルとしてリリースされるでしょう。

そして画像のシーマスターとは別の様ですが、007「ボンドウォッチ」の発表が必ずあります。

それにしても、この新作シーマスター格好良いですよね!

画像の説明は43.5mmのブラックセラミックケース+チタン、ノーデイト仕様だそうです。

ちょっと大きいですが、トレンドですしダニエル・クレイグさんなら格好良く着けてくれそうな雰囲気はあります。

オメガもヘリテージやセラミックケースを多投しています。

リキッドメタルやマスターコーアクシャル推しも続くでしょうね。

デ・ビルやコンステレーションには私はあまり期待していませんが、新機能など増やさずしっかりしたシンプルなアイコン化(デイトジャストなどに対抗できる)を目指して欲しいです。

 

ロレックス

さて世界中の時計ファンが、良くも悪くも注目しているロレックス。

複雑機能モデルはスカイドゥエラーやチェリーニムーンフェイズと立て続けにリリースしているので今年はお休みでしょう。

最低価格を100万円に設定しパテック・フィリップに近づきたいロレックス。

更に高級化をしてくるのではないでしょうか?

世界規模で定価改定を行い、ムーブメントを新世代のモノに変えるなども考えられますね。

出回り相場が定価以上になっていますので、それでも良いのかも知れません。

アイコンを安売りせず、長い保証をし、資産価値、丁寧な作り、確かな精度、適度な重さと耐久性。

好きか嫌いかは別として、「腕時計」としては間違いではなく、ロレックス以下のメーカーは見習うべきだと思います。

ですので、ロレックスに期待することは、期待を少しだけ裏切り期待通りであることです(笑)

 

パテック・フィリップ

三大ブランドの頂点パテック・フィリップ。

今年のオーデマピゲはエントリー機のロイヤルオークを新機種に更新するなど恒例となっているロイヤルオーク祭りでした。CODE11.59なる全く新しいモデルも投入してきており今後の評価が楽しみです。

ヴァシュロンコンスタンタンは庶民をまったく相手にしない展開でした(笑)65日もパワーリザーブがもつパーペチュアルカレンダー「ツインビート」と言う怪物を世にはなったことは今年の腕時計のニュースだと思います。

そしてパテック・フィリップ。皆の期待はスポーツモデルかと思いますが、ヴァシュロン同様に今年はほとんど無いのかな?と思っています。

カラトラバあたりの新作、とくに5196の後継モデルなんかが発表されたら大きな話題となるでしょう。

3796は1982年、5196は2004年なのでまだまだ先かも知れませんけど(笑)

37mm以上にはなってほしくないですね。

複雑機構のニューモデルはあると思いますが、私の頭では予想ができません・・・。

 

結局「ヘリテージ」だらけになりそうなバーゼルワールド2019

【2019年の新作腕時計を予想する】腕時計の歴史が変わった1969年から50周年を迎えるぞ!

その他のメーカーで括っちゃうと申し訳ないのだけど・・・

セイコーやゼニス、タグホイヤーなんかは、とても大事な年になるので大いにアピールする「ヘリテージ」があるでしょう。

復刻クロノグラフ祭りだね、きっと。

グランドセイコーあたりも「ヘリテージ」かな(笑)。

チューダーには、実は完全復活を期待してたりします。

ロレックスに遠慮する必要のないスクエアインデックスの復刻をお願いしたい(懇願)

大きくしたり、PVDコーティングしたりしないで、「そのまんま」でリリースしてくれ!

 

そんな感じです。

期待しても期待しなくても「ヘリテージ」「ラグジュアリースポーツ」「スケルトン/オープンワーク」「ブルー」「レインボージェムストーン」「DLC/PVD」「セラミック」「カーボン」に当てはまるモデルばかりなんだろうと思います。

それでは2019年3月21日を楽しみに!

スポンサーリンク
SNS Share

GenevaDays2019新作 ゼニス デファイクラシック 41mm セラミックケース3モデル

スポンサーリンク

ZENTH 2019 DEFY CLASSIC 41mm White Ceramic case In house Elite skeletonised movement

今年もSIHH2019の裏側でLVMHグループの時計発表会GenevaDaysが開催されました。

ゼニスは今年エルプリメロ誕生50周年を祝うため、とっておきは3月のバーゼルワールドまで寝かせておくのだと思います。

ジュネーブデイズで発表されたのは最近好評のスケルトン仕様「デファイ・クラシック」から、セラミックケース41mmの3カラー。

またコンビネーションタイプのデファイクラシックとパイロットウォッチも2モデル登場しています。

LVMHはウブロの成功から、なんとなくこのデファイも同じような位置づけにさせたがっている気がしてなりません。

チタンケースにレザーストラップまでは良かったですが、今回のセラミックケースはどんな評価になるのでしょうか?

キズに強いセラミックは悪くない選択ですし、流行りのスケルトンフェイスも格好良い。

単体で見れば人気が出そうな感じがしますが、なんとなく無骨なイメージだったゼニスがキラキラしちゃうのが悲しい。

49.9002.670/01.R792

¥864,000(税込)

ムーブメント
エリート 670 SK 自動巻ムーブメント
部品
187
振動数
毎時 28,800 振動(4 Hz)
パワーリザーブ
50 時間以上
機能
中央に時針と分針
6 時位置に日付表示
センターセコンド
ケース
素材
ホワイトセラミック
直径
41 mm
防水性
10 気圧
文字盤
Silver Openworked

ストラップ
White rubber (HNBR Quality)
バックル
Titanium double folding clasp with white ceramic

49.9003.670/51.R793

¥864,000(税込)

ムーブメント
エリート 670 SK 自動巻ムーブメント
部品
187
振動数
毎時 28,800 振動(4 Hz)
パワーリザーブ
50 時間以上
機能
中央に時針と分針
6 時位置に日付表示
センターセコンド
ケース
素材
Blue Ceramic
直径
41 mm
防水性
10 気圧
文字盤
Blue Openworked

ストラップ
ブルーラバー(FKM クオリティ)
バックル
Titanium double folding clasp with blue ceramic

49.9000.670/77.R782

¥864,000(税込)

ムーブメント
エリート 670 SK 自動巻ムーブメント
部品
187
振動数
毎時 28,800 振動(4 Hz)
パワーリザーブ
50 時間以上
機能
中央に時針と分針
6 時位置に日付表示
センターセコンド
ケース
素材
ブラックセラミック
直径
41 mm
防水性
10 気圧
文字盤
Blackor Openworked
ストラップ
ストラップ
ブラックラバー(FKM クオリティ)
バックル
ブラック DLC コーティングが施されたチタン製ダブルフォールディングバックル

41mm Ceramic case
In house Elite skeletonised movement
シリコン製のアンクルとガンギ車

う~む・・・やっぱり格好良いな。

スポンサーリンク

シースルバーックから覗けるエリートの星形ローターが格好良すぎます。

バックルや裏蓋はコーティングチタンなんですね。

良いですね。

時間は読みづらいけど・・・

41mmですが白セラは女性が着けても良い感じ。

 

ちょっとトイウォッチ的な印象もありますが、細やかなところはしっかり仕上げていると思います。

100m防水、41mm、ハイテクラグスポZENITH流。

いかがでしょうか?

たくさんは売れなさそうなので、限定販売した方が良かったような気もします。

明らかにロイヤルオークを後追いしているので、3月または来年には「独自」のスタイルでデファイを盛り上げてほしいですね。

ブラックセラミックのオープンワーク。

フロステッドゴールド風。

ねぇ・・・

似てないこともない・・・。

ゼニスには、こういったところでウブロ化してほしくないところ。

では!

GenevaDays2019新作 ゼニス 87.9001.670/79.M9001 デファイクラシック 41mm チタン×ローズゴールド

GenevaDays2019新作 ゼニス 05.2430.679/17.C902 “cabin aircraft ” シルバーAG950 パイロット タイプ20 エクストラスペシャル 45mm 250本限定

スポンサーリンク
SNS Share

GenevaDays2019新作 ゼニス 05.2430.679/17.C902 “cabin aircraft ” シルバーAG950 パイロット タイプ20 エクストラスペシャル 45mm 250本限定

スポンサーリンク

ZENITH 2019 “cabin aircraft” PILOT TYPE 20 EXTRA SPECIAL 05.2430.679/17.c902

今年もSIHH2019の裏側でLVMHグループの時計発表会GenevaDaysが開催されました。

ゼニスは表向き6モデルの新作を発表していますが、今回はシークレット的な扱い?のシルバースチールダイアルのパイロット タイプ20 05.2430.679/17.C902をチェックしてみましょう。

“cabin aircraft”の文字がSNSで見られましたが、どういった限定モデルなのかまだ不明です・・・因みに250本だそうです。

スペック的には既に公開されているPILOT TYPE 20 EXTRA SPECIAL 29.2430.679/57.C808と同じ感じですね。

05.2430.679/17.C902

スクラッチされた鉄板を組み合わせた昔の飛行機の様な味のあるデザイン。

半分切れてるスペック表からムーブメントはエリート 679だと思われます。

AG950と刻印されているのでケースはスターリングシルバーでしょうか?

わぉ・・・ビンテージ風。

懐中時計みたいな感じになるのか、手は汚れちゃうのか、重いのか、凹むのか・・・どんな感じだ?(笑)

これは変色しちゃうのが前提のモデルですね。

購入前からもう黒ずんでたりして・・・毎日コツコツ磨くのも一興でしょうか(笑)。

流行りのブロンズとは違う変化を楽しめる面白い素材です。

45mmもあるパイロットウォッチのタイプ20。

どんな感じになるのか楽しみな1本ですよ。

ケースは黒ずむけど文字盤はどうなっちゃうのか?

予想ができません。

こちらのモデルは追加情報を待ちましょう。

 

今年の新作として発表された6モデルから、残りのタイプ20も一緒にチェックしちゃいます。

スポンサーリンク

11.2432.679/21.C900

PILOT TYPE 20 TON UP
Aged stainless steel 45 mm case
カフェ・レーサー・スピリットへのトリビュート

¥810,000-

ムーブメント:エリート 679 自動巻ムーブメント
部品:126
振動数:毎時 28,800 振動(4 Hz)
パワーリザーブ:50 時間以上
機能
中央に時針と分針
センターセコンド

ケース素材:エイジング加工ステンレススチール
直径:45 mm
防水性:0010 気圧
文字盤
マットブラック

ストラップ
ラバーで裏打ちしたブラックオイリーヌバックレザーストラップ
バックル
チタン製ピンバックル

29.2430.679/57.C808

PILOT TYPE 20 EXTRA SPECIAL
Bronze Case that will develop his own patina
裏蓋にゼニスの航空計器のエングレービング
ゼニスの伝説的なパイロットウォッチからのインスピレーション

¥810,000-

ムーブメント:エリート 679 自動巻ムーブメント
部品:126
振動数:毎時 28,800 振動(4 Hz)
パワーリザーブ:50 時間以上
機能
中央に時針と分針
センターセコンド

ケース素材:ブロンズ
直径:45 mm
防水性:10 気圧
文字盤:マットブルー

ストラップ
ラバーで裏打ちしたブルーオイリーヌバックレザーストラップ
バックル
チタン製ピンバックル


今回チェックしたこの新作パイロット タイプ20の3モデルはケース素材と文字盤カラー違いでスペックは同じですね。

ブロンズもビンテージスチールも面白いですが、他のメーカではなかなか使わなくなった「シルバー(AG950)」の05.2430.679/17.C902が話題に今後なりそうです。

型番も正式発表ではないので「05.2430.679/17.C902」じゃないかも知れませんね(笑)

何の限定なのかもわかりませんし・・・

続報をチェックしていこうと思います。

ではまた!

GenevaDays2019新作 ゼニス 87.9001.670/79.M9001 デファイクラシック 41mm チタン×ローズゴールド

スポンサーリンク
SNS Share

GenevaDays2019新作 ゼニス 87.9001.670/79.M9001 デファイクラシック 41mm チタン×ローズゴールド

スポンサーリンク

ZENITH 87.9001.670/79.M9001 DEFY CLASSIC 41MM Titanium with rose gold

今年もSIHH2019の裏側でLVMHグループの時計発表会GenevaDaysが開催されました。

タグホイヤーやウブロと共に、ゼニスからも新作が6モデル発表されています。

本番の本命モデルは3月のバーゼルワールドになりますので、今回は「ジャブ」程度のリリースですね。

その中で気になったモデル「デファイクラシック」のコンビネーションモデル87.9001.670/79.M9001を見てみたいと思います。

因みにこちらが新作全6モデル。

セラミックケースのデファイ・クラシックやパイロットウォッチもありますので順にチェックしていきましょう。

DEFY CLASSIC  – 87.9001.670/79.M9001

国内定価は1,785,000円。

最近のゼニス一押しデファイクラシックですが、全然クラシックな感じはしませんね。

ゼニス的に「これが古典になる」と言った意識の表れなのかも知れませんが、私からすると「デファイ・モダン」って感じです。

流行りのオープンワークスタイル、ラグジュアリースポーツを意識した形状、無骨さをどこか残しつつ高級感を伴っています。

昔からのゼニスファンでなければ、すんなり受け入れられそうなデザインですね。

なんとなく、ロイヤルオークのこのあたりをイメージして完成させた感がありますが・・・いかがでしょうか?

定価が180万円程なので出回り相場は120~130万円くらいになるでしょうか。

う~ん・・・ちょっと高いかな。

スポンサーリンク

ムーブメント:エリート 670 SK 自動巻ムーブメント
部品:187
振動数:毎時 28,800 振動(4 Hz)
パワーリザーブ:50 時間以上
機能
中央に時針と分針
6 時位置に日付表示
センターセコンド

ケース素材
Brushed titanium & 18-carat rose gold
直径:41 mm
防水性:10 気圧
文字盤
スケルトン加工

ストラップ
Titanium & rose gold bracelet

Cal.ELITE 670 SK(シリコン製のアンクルとガンギ車)

41mmケースに100m防水と、こちらもモダンなスペック。

スーツに合いそうな、大人な1本となっています。

10mmを切るような厚さは実現できていませんが、安価に買えるゼニス流のラグジュアリースポーツを体現していると感じます。

なんとなく流行っているから、このジャンルも出してみるかな?から、意外に売れるじゃん・・・みたいな。

でも私的に、ゼニスにはトレンドを追うのではなく、トレンドを作って欲しいのです。

エルプリメロもエリートも、良いムーブメントですが・・・「ガワ」がねぇ・・・

時計自体のデザインにいつも苦労している印象です。

頑張ってほしいな~。

では!

GenevaDays2019新作 ゼニス 05.2430.679/17.C902 “cabin aircraft ” シルバーAG950 パイロット タイプ20 エクストラスペシャル 45mm 250本限定

スポンサーリンク
SNS Share

GenevaDays2019新作 ウブロ 641.JY.0190.RT スピリット オブ ビッグ・バン イエローサファイア 42mm 100本限定

スポンサーリンク

Hublot SPIRIT OF BIG BANG YELLOW SAPPHIRE

今年もSIHH2019の裏側でLVMHグループの時計発表会GenevaDaysが開催されました。

ウブロからは世界100本限定のスピリットオブビッグバン・イエローサファイアが発表されました。

特に・・・スペック的にはいつものサファイアクリスタルケースに黄色を着色しただけのようにも見えますが・・・。

GenevaDaysはSIHH[への嫌がらせなので本気の新作はBaselWorld2019で発表するのでしょう。

国内定価は12,031,200円。

無色透明は900万円台だったような感じなので着色料金は300万円ほど。

Sapphire no longer holds any secrets for Hublot. After transparent, smoked black, red and blue, Hublot is inviting a new primary colour into its colour chart: yellow. A colour that is once again innovative since it is the first time in the history of watchmaking that sapphire has been coloured yellow.
New #SpiritOfBigBang Yellow Sapphire. Limited edition of 100 pieces.

技術仕様
アウターケース
リファレンス
641.JY.0190.RT

ケースサイズ
42 mm

ケース
Polished Yellow Sapphire Crystal

ベゼル
Polished Yellow Sapphire Crystal
6 H-shaped Black-plated Titanium Screws

インナーケース
クリスタル
Sapphire with Anti-reflective Treatment

ダイアル
Sapphire Crystal

ストラップ&クラスプ
ストラップ
Transparent Yellow Structured Lined Straps

クラスプ
Black-plated Titanium Deployant Buckle Clasp

内部機構
ムーブメント
HUB4700
Self-winding Skeleton
Chronograph Movement

パワーリザーブ
50 Hours

防水性
50m or 5 ATM

スポンサーリンク

なんか既視感があったのはG-SHOCK (笑)

値段が何倍も違いますがどちらもイエロークリア素材にクロノグラフ付き。

キレイなイエローカラーですね。

もう少し買いやすいプライスならね。

量産がまだ難しいのかも知れません。

2016年に衝撃的なデビューを飾ったクリスタルケースですが、いまいち流行りません。

頑張ってほしいですね!

その他の新作も、特に気になるものはありませんでした。

3月に期待しましょう。

スポンサーリンク
SNS Share

#GenevaDays 2018 LVMHの嫌がらせ新作発表会!ウブロ ゼニス タグホイヤーの新モデル

スポンサーリンク

The LVMH Boat of the at Geneva Days 2018. 15 – 19 January. Geneva Switzerland.

SIHH2018の真裏で行われたジュネーブデイズ2018。

LVMHグループのウォッチメゾンが、クルーザーで2018年の新作発表です。

明らかにSIHHに対する嫌がらせですね(笑)

ジュネーブ湖(レマン湖)

各メーカーの”のぼり”

会場はこんな感じだそうです。

なんだか楽しそう!

さて各モデルの詳細は随時追記していきますね!


TAG HEUER

スポンサーリンク

ZENITH

29.2240.405/18.C801

PILOT CRONOMETRO TIPO CP-2 FLYBACK

60 年代の有名なカイレリ モデルの復刻版
フライバック機能を備えた自動巻エル・プリメロコラムホイールクロノグラフ

ムーブメントエル・プリメロ 405 B 自動巻ムーブメント

11.2240.405/21.C773
PILOT CRONOMETRO TIPO CP-2 FLYBACK

33.9000.9004/78.R582
DEFY EL PRIMERO 21

新しい 1/100 秒計測のクロノグラフムーブメント:
1 秒で 1 回転する独自のダイナミックなシグネチャー
時刻用脱進機×1(毎時 36,000 振動 – 5 Hz)、クロノグラフ用脱進機×1(毎時 360,000 振動 – 50 Hz)

ムーブメントエル・プリメロ 9004 自動巻ムーブメント

49.9000.9004/78.R582
DEFY EL PRIMERO 21

95.9002.9004/78.R590
DEFY EL PRIMERO 21

18.9000.9004/71.M9000
DEFY EL PRIMERO 21

95.9000.9004/78.M9000
DEFY EL PRIMERO 21


HUBLOT

 

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share