【転載】2023年 ブランパンの「ヘビー級」新作時計、オメガ、ロレックス、オーデマ・ピゲも「大技」を繰り出す?

Audemars Piguet
スポンサーリンク

2023宝珀第一只“重量级”新表问世,欧米茄、劳力士、爱彼也要放“大招”?

中国の時計フォーラムサイトから、「2023宝珀第一只“重量级”新表问世,欧米茄、劳力士、爱彼也要放“大招”?」と言う記事がありましたので転載いたします。

「2023年 ブランパンの「ヘビー級」新作時計、オメガ、ロレックス、オーデマ・ピゲも「大技」を繰り出す?」的なタイトルです。

今年は大きな周年記念モデルが発売されるであろう年となりました。

その筆頭がブランパンのモダン ダイバーズウォッチ「フィフティファゾムス」でしょう。

サブマリーナーと同期の1953年に誕生したプロスペックダイバーズウォッチで、現在も人気シリーズとなっております。

オメガやロレックス、オーデマピゲにも周年記念モデルで「大物」が待ち構えているかも知れないよ!とのことですから、皆さんと一緒に「予習」しておきましょう。

 

今回もGoogle先生とDeepL先生にお願いして転載翻訳しております。

2023宝珀第一只“重量级”新表问世,欧米茄、劳力士、爱彼也要放“大招”?

元の記事はこちらから

2023年は、多くの時計ブランドにとって重要な年です。 ロレックス、オメガ、ブランパン、オーデマ・ピゲなど、2023年は主要モデルのアニバーサリーイヤーにあたります。 このことから、これらのブランドは今年、重量感のある新しい時計を発売することが予想されます。

それでは、新しくなるモデルをひとつずつ見ていきましょう。

ブランパンがフィフティ ファゾムス 70周年記念の新作ウォッチを早くも発表しました

ブランパンを第一にご紹介した理由は、ブランパンが2023年に突入したばかりで、いち早く「アニバーサリー」な新作を発表したからです。 1953年に発売された「ブランパン フィフティ ファゾムス」は、今年で70周年を迎えます。

現在の情報によると、ブランパンの70周年記念フィフティファゾムスは3つのモデルが発売され、それぞれ70本(合計210本)の限定生産となる予定です。 各モデルの販売地域は、今回発表した1号機が欧州・中東・アフリカ、2号機がアジア太平洋地域、3号機が米国の1地域です。 ブランパンのウェブサイトでは、価格15,000ユーロで購入できるよう予約受付を行なっています。

70周年を迎えたフィフティ・ファゾムスの最初のモデルは、正式にはシリーズIと呼ばれ(その後II、IIIと続く)、主に1953年の初代フィフティ・ファゾムスの外観を「復元」し、最新の技術的特徴を持たせたものです。 スチール製ケースのサイズも42mmと、1953年の歴史的なプロトタイプ(ヴィンテージモデルは41mm)に極めて近いものとなっています。 新しい70周年記念フィフティ・ファゾムスは、フィフティ・ファゾムスの象徴的なサファイアベゼルに、ヴィンテージウォッチの外観を模した盛り上がったサファイアクリスタルを使用しています。 また、文字盤の針やインデックスも1953年のプロトタイプのものと酷似しています。 しかし、70周年記念モデルでは、新たに立体的な夜光スケールを採用し、4時位置のカレンダーはそのままに、文字盤に「70th Anniversary Series I」と記されています。


ブランパンフィフティ・ファゾムス 70周年記念 シリーズ I

1953年、ブランパン初のフィフティ・ファゾムス

70周年記念のフィフティ・ファゾムスは、ご覧のようにブランパン1315自動巻きムーブメントを搭載し、ローターにはFifty Fathoms 70thと刻まれ、1953年のヴィンテージ・フィフティ・ファゾムスのAS 1361Nムーブメントのローターのスタイルを模した形状は、現在の通常のフィフィ・ファゾムスの半円カーブのローターとは一線を画すものです。 ムーブメントの技術的構成に変更はなく、シリコン製ヒゲゼンマイを採用し、5日間のパワーリザーブを備えています。


Blancpain 50 Fathoms 70th Anniversary Series I、1315ムーブメントを使用し、自動巻きローターの形はアンティーク時計を模しています

1953年製のアンティーク・フィフティファゾムスは、AS1361NIムーブメントを採用しています。自動巻きローターの形状に注目してください。

ブランパン フィフティファゾムス70周年記念の3種類の時計は異なる地域で販売されますが、二次市場の流通を考えると、多くの時計の最終目的地は我が国(中国)となりますので、興味のある方は注目してみてください。 しかし、総計210本と数は比較的少なく、市場規模の方が大きいことは確かです。

オメガ シーマスター、75周年記念モデル

歴史あるオメガ シーマスターは1948年に誕生し、今年で75周年を迎えます。75周年は1世紀の4分の3に相当するため、外国でも25周年と75周年を非常に重視しています。

スポンサーリンク


1948年、オメガ史上初のシーマスターで、大三針と小三針の2種類があります。


シーマスターの70周年である2018年に、2つの 1948 レトロ・シーマスターが発売されました。

1948年の最初のオメガ シーマスターは、現在一般的になっているシーマスター ダイビングウォッチとは全く異なる腕時計でした。 この時計は、オメガの歴史の中で初期の「防水」時計でした(60m防水)。

オメガは、シーマスター誕生70周年(2018年)にあたり、1948年のシーマスターのスタイルを復元した「シーマスター70周年記念モデル」を限定発売しました。

シーマスターの75周年の今年、オメガの過去に従い(限定モデルや特別モデルを発売することが非常に好き)今年はシーマスターの特別モデルを発売する可能性が高く、あなた方は注目する必要があります。

ロレックス サブマリーナー70周年記念、デイトナ60周年記念

1953年に誕生して今年で70周年を迎える歴史あるロレックス サブマリーナーと、1963年に誕生して今年で60周年を迎えるロレックス デイトナ。


1953年、初代ロレックス サブマリーナー 6204

1963年、初代ロレックス デイトナ 6239

オメガと違い、ロレックスは特別な限定モデルを発売しません。 しかし、ロレックスは記念の年に重厚な時計を発売する傾向がありますね。 例えば、2003年はロレックス・サブマリーナーの50周年で、この年にロレックスは第1世代のグリーンサブマリーナー 16610LVを発売しました。2020年ロレックスはサブマリーナーを126610世代に更新し、さらに多くの変更がないにもかかわらず、今年、サブマリーナーにも少し注意を払うことができます。


2003年、初代ロレックス グリーンサブマリーナー 16610LV

サブマリーナーに比べ、今年のデイトナはもっと注目されてもいいと思います。 ロレックス・デイトナがロレックス独自の4130自動巻きムーブメントを初めて搭載した2000年から23年間、セラミックベゼルのアップグレードを除けば、大きな変更はありません。 今年はデイトナ誕生60周年にあたります。デイトナのメジャーバージョンアップは75周年(2038年)まで来ないという見方もありますが、今年ロレックスは60周年を新しいダイヤルカラー(おそらくグリーン)で迎える準備があると考えられているのです。


2000 年、ロレックスは独自の 4130 クロノグラフ ムーブメントを搭載した初のデイトナ 11652

オーデマ ピゲ ロイヤル オーク オフショア 30周年

1993年に誕生したオーデマ・ピゲの「ロイヤルオークオフショア」は、今年で30周年を迎えます。 オーデマ ピゲの最初のロイヤル オークは 1972 年に発売されました。1989 年、オーデマ ピゲは若者に人気のあるロイヤル オークを発売したいと考えました。エマニュエル・ゲイトがデザインしたロイヤル オーク オフショアです。オフショアは、通常のロイヤル オークよりも大きくスポーティです。


1993年、最初のオーデマ ピゲ ロイヤル オーク オフショア


ロイヤル オーク オフショアのデザイナー、エマニュエル・ゲイト

過去 2 年間、オーデマ ピゲはロイヤル オークとロイヤル オーク オフショアを集中的にアップデートしてきました。その中で、オフショア ダイビング ウォッチは 15720 に、オフショア タイミングは 26238 と 26420 に交換され、すべてオーデマ ピゲの新世代の自社製 4300/4400 シリーズのムーブメントに交換されています。というわけで、オフショアモデル30周年の今年は、以前にも大幅なグレードアップが完了しており、記念の特別モデルは間違いないはずです。

写真/テキスト 延丹平

まとめ

いかがでしょうか?

「【転載】2023年 ブランパンの「ヘビー級」新作時計、オメガ、ロレックス、オーデマ・ピゲも「大技」を繰り出す?」でした。

上記以外にも周年記念モデルはたくさんありあそうですね。

ロレックスのエクスプローラー、セイコー腕時計110周年記念、G-SHOCK40周年など、楽しみも目白押し。

フィフティファゾムスもこの3機種だけで終わるのか、バチスカーフやミルスペック1的なモデルまで派生するのか注目したいです。

オメガはアポロを止めてしまいましたので、シーマスターの75周年もどうなるのか気になります。

今年も楽しみましょう!

それではまた。

 

【転載】カタール ワールドカップに見る スターたちの腕時計
世界杯上的劳力士、宇舶、万国…… 中国の時計フォーラムサイトから、「世界杯上的劳力士、宇舶、万国……」と言う記事がありましたので転載いたします。 「ワールドカップでのロレックス、ウブロ、IWC…」的なタイトルです。 いや~...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました